【相剣】アークネメシス・プロートス出張流行の兆し!幻影&デスフェニ対策で注目集まる!

今日の朝記事は、最近少しずつ頭角を現しつつある《アークネメシス・プロートス》に注目!

宣言した属性のモンスターを一網打尽にし、次のターンの終了時まで該当属性の特殊召喚の一切を封じる除去&制圧の合わせ技!破壊耐性を武器に、相手の制圧盤面にも強く出られる頼もしい1枚。

大会環境で流行している【幻影騎士団】,【デスフェニ出張】に対する回答として期待されていて、【相剣】デッキへの採用が目立つ注目の出張カードとなっています!

スポンサーリンク

「アークネメシス・プロートス」出張について

特殊召喚・効果モンスター
星11/闇属性/幻竜族/攻2500/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
(2):フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。次のターンの終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。

「相剣」デッキを中心に、《アークネメシス・プロートス》の出張が目立つようになりました。

主な理由としては以下の2つ
●《D-HEROデストロイフェニックスガイ》対策
●【幻影騎士団】対策
宣言した属性のモンスター全てを破壊し、次のターン終了時までお互いに宣言した属性のモンスターの特殊召喚の一切を封じる事が出来る強烈な除去&制圧効果が光る1枚。
効果破壊耐性で《D-HEROデストロイフェニックスガイ》で初狩りされる事も無く、本来破壊に強いデスフェニも特殊召喚を封じる事で確実に処理する性能を持っています。また、【幻影騎士団|ファントムナイツ】対策としても優れており、闇属性を宣言する事で相当な機能不全を強いる事が可能です。
その他、対面を見て属性を宣言する事が出来るので、決まった際のリターンが滅茶苦茶デカイカードになっています。

「龍相剣現」でアクセス

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「相剣」モンスター1体を手札に加える。
自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
代わりに幻竜族モンスター1体を手札に加える事もできる。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの、
「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

自分フィールドにシンクロモンスターが存在する場合、「相剣」モンスターの代わりに幻竜族モンスターをサーチ可能になるテキストをうまく利用していますね!

シンクロモンスターを立てながら《龍相剣現》を発動する流れは、《相剣大師-赤霄》を先に展開するだけで成立するので、それもルートとしてはかなりイージーです。

「源竜星-ボウテンコウ」でアクセス

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

《龍相剣現》程スマートではありませんが、《源竜星-ボウテンコウ》を使った方法もある様です。

《源竜星-ボウテンコウ》の②効果で墓地に《アークネメシス・プロートス》を送り、何らかの方法で除外した後に《天威竜-アーダラ》で手札に回収する動き!何らかの方法というのが引っかかりますが、《相剣師-泰阿》で除外したり、各々工夫したルートがある様ですね。

ここでもまた幻竜族である事が強みになっていますねぇ……(;^ω^)

カウンター罠
(1):自分フィールドに「竜星」カードが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、このカード以外の自分フィールドの「竜星」カード1枚を選んで破壊する。

ボウテンコウをルートに使うと、ついでに《竜星の九支》も構えられるので、盤面的にはかなり強力そうですね。

折角なので「アークネメシス・エスカトス」もチェック!

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
(2):フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。
フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。
次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。

属性を縛るプロートスに対し、エスカトスは種族を縛ります。どちらも強力な効果ではありますが、展開難易度・アクセスの容易さ(龍相剣現,ボウテンコウの存在)・採用するデッキとの親和性等を考慮すると、環境へのマッチ具合はプロートスの方が圧倒的に上って感じがします。

ただ、エスカトスの場合、戦士族宣言でデスフェニとバロネスを一網打尽にできるのは面白いポイントですね。エスカトスも優秀なので、持ってない人は1枚持っておいても良いかも?

他のデッキに出張しているパターンもあります

【相剣】以外でも、【天威型GS】等、《アークネメシス・プロートス》にアクセスする術(ボウテンコウの展開)を持っているデッキに出張しているパターンも増えてきているようです。

ポストVFDと呼ぶ人も増えている様なので、今後見かける事は増えそうですね(∩´∀`)∩

+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました