【砲撃のカタパルト・タートル|効果考察】オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンシュート【相性の良いレベル5ドラゴンリスト付】

新生「竜騎士ガイア」デッキの初動役《砲撃のカタパルト・タートル》の特集記事です。

テーマ内では、《呪われし竜-カース・オブ・ドラゴン》や《魔道騎士ガイア》へのリクルート手段といった非常に分かり易い役割を担うカードですが、このカード・・・シンプルに出張可能性を秘めています。

これはレベル5・ドラゴン族モンスターの一覧とにらめっこするしかありません。

スポンサーリンク

砲撃のカタパルト・タートル

砲撃のカタパルトタートル
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1000/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。手札・デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

レベル4になってて通常召喚可能なのが良いよね

オリジナル版の《カタパルト・タートル》からシェイプアップして通常召喚可能になったのが偉い!

効果部分に元のレベル(レベル5)も残っているし、そういった面でも「抜かりなし!」って気迫が感じられます。

竜騎士ガイアデッキにおいては最高のリクルート手段

《呪われし竜-カース・オブ・ドラゴン》
効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「竜騎士ガイア」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「竜騎士ガイア」1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、相手フィールドの全ての表側表示のモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

 

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される「竜騎士ガイア」強化としての質は非常に高いです。

《呪われし竜-カース・オブ・ドラゴン》を特殊召喚すれば、デッキから任意の「竜騎士ガイア」名記魔法・罠カードをサーチできる。

手札に融合素材が存在するなら、《螺旋融合》でそのまま融合召喚する事も可能になります。

《魔道騎士ガイア》
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
このカード名はルール上「暗黒騎士ガイア」カードとしても扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、または相手フィールドに攻撃力2300以上のモンスターが存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地からドラゴン族・レベル5モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

なお、「竜騎士ガイア」強化として登場する《魔導騎士ガイア》は、レベル5・ドラゴン族サポートとして活用する事も可能なカードです。

下記項目で紹介するドラゴン族カードと併用するのも面白いと思うので、構築の際は検討してみてもいいかもしれません。

ドラゴン族・レベル5を扱うデッキなら出張可能性もある

砲撃のカタパルトタートルで特殊召喚したいレベル5・ドラゴン族モンスター

ここでは《砲撃のカタパルトタートル》で特殊召喚したいレベル5・ドラゴン族モンスターを紹介していきます。テーマカードである《呪れし竜-カース・オブ・ドラゴン》はさっき紹介したので割愛。

アームド・ドラゴン LV5

効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1700
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。この効果を発動するために墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、その相手モンスターを破壊する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したターンのエンドフェイズに、フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。手札・デッキから「アームド・ドラゴン LV7」1体を特殊召喚する。

 

「アームド・ドラゴン」特化デッキなら、レベル5をいきなり展開する手段として有用です。召喚権と相談しながら積極的に採用していきたい組み合わせに見えます。

ダークフレア・ドラゴン

効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1200
このカードは自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札とデッキからドラゴン族モンスターを1体ずつ墓地へ送る事で、自分または相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。

 

手札・デッキからドラゴン族を墓地へ送る行為・自分相手の墓地のカードを除外する効果が噛み合うならアリ。手札に引いても展開しやすいのも〇

オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分フィールドの「オッドアイズ」Pモンスター1体を対象とした相手の効果が発動した場合、そのターンのエンドフェイズに発動する。Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
自分のエクストラデッキから「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」以外の表側表示の「オッドアイズ」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

☆管理人の超イチオシ☆

とりあえず立てておけばエクストラデッキから出てくるモンスター効果除け装置として機能してくれる。守備で出せば強度的にもそこそこ高く、下級に抜かれる心配はかなり下がります。

バックグランド・ドラゴン

効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合に発動できる。墓地のこのカードと手札のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

とりあえず引っ張り出しておけばここぞという時に活躍してくれるかも?手札から特殊召喚するレベル4以下のドラゴン族が豊富なデッキに採用しましょう。

ドラゴン・アイス

効果モンスター
星5/水属性/ドラゴン族/攻1800/守2200
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、自分の手札を1枚捨てる事で、このカードを手札または墓地から特殊召喚する。「ドラゴン・アイス」はフィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 

コチラもとりあえず引っ張り出しておけば機能してくれそう枠。ふんわりした採用理由なので積極的にはチョイスし辛いカードかもしれません。

聖刻龍-ネフテドラゴン

効果モンスター
星5/光属性/ドラゴン族/攻2000/守1600
このカードは自分フィールド上の「聖刻」と名のついた
モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。1ターンに1度、このカード以外の自分の手札・フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。また、このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 

☆管理人のイチオシ☆

リクルート先として優秀なだけでなく、リリースシナジーまで構築できるナイス相性。ネフテがOKならアセトも勿論OK!うまく混ぜられればかなり面白そう。

面白い使い方が色々ありそうです

管理人のオススメは、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》と「聖刻竜2種」です。

やはり、シンプルな妨害とリクル&リリースのWシナジーは熱い!

皆さんは、《砲撃のカタパルトタートル》をどんな風に活用してみたいでしょうか?

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
Amazonリンク

コメント

  1. 『☆管理人のイチオシ☆』が居酒屋メニューみたいですこ

  2. アムドの可能性を広げてくれますなあ…
    武装竜アームドドラゴン出してくれませんかねえ

  3. アームド・ドラゴンの特化デッキとか懐かしすぎる。あれは結構長いこと使った思い出があります。が、さすがに今使うかと言われるともっと他のを探してしまいます

  4. 分かりやすくてよいなこの記事

  5. 昔使ってた身としては影霊衣の戦士エグザを推します。
    サーチ対応のカタストルやディサイシブのスペックの高さ、同名も対応する帰還効果も中々侮れないですよ。

タイトルとURLをコピーしました