【Vジャンプ定期講読特典】鎧竜-アームド・ドラゴン、破魔のカラス天狗、陰魔羅鬼をチェック!

Vジャンプ年間定期購読キャンペーン後期特典カード3枚を徹底特集!

今回紹介するのは以下の3枚

  • 鎧竜-アームド・ドラゴン
  • 破魔のカラス天狗
  • 陰魔羅鬼

いずれも漫画版遊戯王GXで登場したカードなので、かなり懐かしいラインナップになってます。三沢の妖怪シリーズは着々とカード化されて行ってますねぇ~(良い事だ・・・)。

スポンサーリンク

第18回Vジャンプ年間定期購読キャンペーン後期特典カード

以下の3枚は、第18回Vジャンプ年間定期購読キャンペーン後期特典カードとして配布されるカードです。それぞれの効果と、元ネタがあるカードに関してはそちらも解説していきます。

  • 鎧竜-アームド・ドラゴン
  • 破魔のカラス天狗
  • 陰魔羅鬼

鎧竜-アームド・ドラゴン

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1400
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
手札・デッキから「鎧竜-アームド・ドラゴン-」以外のレベル5以下のドラゴン族・風属性モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

漫画版遊戯王GXで万丈目が使用した1枚。
作中では《竜の騎士》と関連するカードでしたが、OCG化に際し「アームド・ドラゴン」とのシナジーを優先する調整を受けたようです。
名前も「鎧竜」で「アームド・ドラゴン」だったはずですが、分かり易さ重視で《鎧竜-アームド・ドラゴン》と整理される形になっています。
デッキから《アームド・ドラゴン・サンダーLv5》を特殊召喚出来るのは良いですが、戦闘破壊が条件として設定されているのが最大のネック!!
Lv5をリクルートするなら《砲撃のカタパルトタートル》の方が格段に使いやすいので、どちらかというと《武装竜の万雷》で参照できる点に注目した方が良いかも?

破魔のカラス天狗

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1400/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが、相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、または墓地からの特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

漫画版遊戯王GXで三沢が万丈目戦やマッケンジー戦で使用した1枚。
漫画版では確か《カラス天狗》って名前だったはずですが、《カラス天狗》は既に別で存在する為、頭に「破魔の」という冠が付く形でOCG化されたようです。
※効果名は『悪霊退治』。
墓地からの特殊召喚に成功するだけで相手フィールドの攻撃表示モンスターを破壊出来るのは中々に優秀なので、《隣の芝刈り》等で落ちるかも?的な運用法はアリかも?
相手の制圧盤面に対し、とりあえず《馬頭鬼》1回分がマストになってくれると考えると、良いのか悪いのか?実に微妙な所・・・・・・。
相手によって破壊されて墓地に送られるトリガーは、とりあえず無いより有った方が良い位の感覚で向き合えば良いのではないでしょうか?
効果モンスター
星7/炎属性/アンデット族/攻1500/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からアンデット族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手メインフェイズに、自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
その後、表側表示のこのカードをエンドフェイズまで除外する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
《ジャック・ア・ボーラン》で蘇生したら1妨害になるって書こうと思ったのですが、それって《麗の魔妖-妖狐》でも可能なので思いとどまりました。

陰魔羅鬼(おんもらき)

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1200/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが、相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

《百鬼夜行》で蘇生した過ぎる(願望)!
こちらも漫画版遊戯王GXで三沢が使用したカードで、漫画では妖怪族でした。
もう少し妖怪族っぽを込めた魔改造が欲しかった気もしますが、蘇生が得意なアンデット族に蘇生して1ドローの効果をくれるのは中々に良いかも?※灼熱ゾンビとの差分。
《馬頭鬼》等の蘇生札に1ドローがオマケでついてくると考えれば中々か?
《破魔のカラス天狗》にも言える事ですが、レベルが4なのがシンクロ的な視点では使いやすいので、アドを稼ぎながら素材として機能するこのカードは中々見所があります。
こちらも《隣の芝刈り》で落として余力があれば狙う・・・位の運用法ですかね・・・。

今回はかなりマイルドな性能ですね

今回は3枚とも全体的にマイルドな性能って感じですね。

まぁ、毎回《カールターボ》や《輪廻竜サンサーラ》みたいなカードがポンポンついても困るだろうし、いい塩梅だとは思います。

コメント

  1. 「鎧竜-アームド・ドラゴン」、正直、付録でアームド・ドラゴン強化はもう勘弁してほしい。
    他の2冊と比べて定期購読も値段的にきつい。
    救いなのは、効果的にそこまで入れなくても運用できるところですが、万丈目好きには、パックとかで入れてほしかった。

タイトルとURLをコピーしました