【希望皇アストラル・ホープ効果考察】ナンバーズ・プロテクトサーチ強すぎ!【オススメサーチ先8選】

6月26日発売『ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース』に収録される新カード《希望皇アストラル・ホープ》の効果考察記事です。

衝撃の公開から一夜明けましたが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

本当ならすぐさま記事にして公開したかったんですが、あまりにも興奮しすぎて、ちょっとそれどころじゃありませんでした(;^ω^)イヤーホントウニビックリダヨ

「エクシーズ」魔法・罠カード、「オノマト」魔法・罠カード、「ゼアル」魔法・罠カード、「ナンバーズ」魔法・罠カードの全てがサーチ範囲!セルフss効果完備!……オリカかな(;^ω^)!?

腕組みしたホープのイラストもカッコイイし、もう何も言う事ない最強サポートですわ…コレ。

スポンサーリンク

希望皇アストラル・ホープ|効果考察・使い方

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにXモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから以下のカードの内いずれか1枚を手札に加える。
●「エクシーズ」魔法・罠カード
●「オノマト」魔法・罠カード
●「ゼアル」魔法・罠カード
●「ナンバーズ」魔法・罠カード

収録:【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース】

《増援》や《聖騎士の追想イゾルデ》等、戦士族サポートに対応
《ピリ・レイスの地図》でサーチ可能な0/0(ライフコストもうまくシナジーする)
エクシーズモンスターを参照するセルフss効果(実質シンギング)
驚異のサーチ範囲!

増援だけでなくピリ・レイスの地図によるサーチにも対応している

これ、《ピリ・レイスの地図》でサーチできるの結構興味深いですね…。

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから攻撃力0のモンスター1体を手札に加え、自分のLPを半分にする。
このカードの発動後、次のターン終了時まで、
自分はこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しない限り、
そのモンスター及びその同名カードの効果を発動できない。

ただ、折角セルフss効果を持っているモンスターなのに、わざわざ召喚権を割くの勿体ないなぁーって印象もあります。ライフコストとかは噛み合ってるんですけど、うーん(;^ω^)

まぁ、《増援》以外に安定するサーチが無いのは事実ですし、どうしても引きたいならありかな?

コストはオノマト選択等の永続魔法でやりくりしよう!

サーチして場に残った《オノマト選択》や、ドローした《チキンレース》をコストにすると無駄がなくて良い感じ!後は手札で腐った《ダブルアップ・チャンス》とかも悪くないですね!

発動時の処理でアドを稼ぐ永続魔法・フィールド魔法などをうまくやりくりしましょう!

サーチしたいオススメ「エクシーズ」魔法・罠カード

サーチ可能な「エクシーズ」魔法・罠カードは以下の30枚。かなり膨大ではありますが、「エクシーズ」魔法・罠はそもそも《ジェネレーション・フォース》でサーチする事が可能だったので、そこまで劇的な変化はありません、しかし、これだけ広範囲に触れるのは流石に面白いですね。

通常魔法
《エクシーズエナジー》
《エクシーズ・ギフト》
《エクシーズ・シフト》
《エクシーズ・バースト》
《エクシーズ・リベンジ》
《エクシーズ・レセプション》
《ペンデュラム・エクシーズ》
装備魔法
《エクシーズ・ユニット》
フィールド魔法
《エクシーズ・オーバーライド》
《エクシーズ・テリトリー》
速攻魔法
《エクシーズ・インポート》
《エクシーズ・オーバーディレイ》
《エクシーズ・ダブル・バック》
永続魔法
《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》
通常罠
《エクシーズエフェクト》
《エクシーズ・ソウル》
《エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ》
《エクシーズ熱戦!!》
《エクシーズ・ユニバース》
《エクシーズ・リバーサル》
《エクシーズ・リバイブ・スプラッシュ》
《エクシーズ・リベンジ・シャッフル》
《エクシーズ・リボーン》
《ワンダー・エクシーズ》
永続罠
《エクシーズ・ヴェール》
《エクシーズ・トライバル》
《エクシーズ・パニッシュ》
《リサーガム・エクシーズ》
カウンター罠
《エクシーズ・ブロック》
《エクシーズ・リフレクト》

遊戯王wiki「エクシーズ」引用

エクシーズ・インポート

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのXモンスター1体と、
その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターをその自分のモンスターの下に重ねてX素材とする。

X素材化という最上級クラスの除去効果を持った速攻魔法。対象にとる事で効果が誘発する《ドラゴニック・ホープレイ》の効果を相手ターンに誘発させる手段としても優秀。相手ターンに除去しながらデッキから「ZW」を装備するのは快感です。

エクシーズ・チェンジ・タクティクス

永続魔法
(1):「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」は
自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドに「希望皇ホープ」モンスターがX召喚された時、
500LPを払って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

ホープデッキの爆アド番長!初動に噛むだけでその後のデュエルが滅茶苦茶楽になる最強のドロー装置!ライフコストもホープデッキならメリット化できるのが嬉しいです。
以前から《ジェネレーション・フォース》でサーチできていましたが、更に触り易くなったのは良い事ですね!

サーチしたいオススメ「オノマト」魔法・罠カード

サーチ可能なカードは以下の3枚。《オノマト選択》をサーチすると実質全てのカードに触れるので、基本的には《オノマト選択》をサーチする事になりそうですね。

通常魔法
《オノマト連携》
永続魔法
《オノマト選択》
フィールド魔法
《希望郷-オノマトピア-》

オノマト選択

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「オノマト選択」以外の「オノマト」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」モンスターの内、
いずれか1体を対象として発動できる。自分フィールドの全てのモンスターのレベルは
ターン終了時まで対象のモンスターと同じレベルになる。

①効果で《オノマト連携》をサーチするのが定番の流れ。《オノマト連携》を既に持っている場合は、《希望皇オノマトピア》を直接サーチするのもアリ。永続魔法なのでフィールドに残り易く、《希望皇アストラル・ホープ》のコストにも最適です。

サーチしたいオススメ「ゼアル」魔法・罠カード

サーチ可能なカードは以下の6種類。《RUM-ゼアル・フォース》は《ZS-昇華賢者》でサーチするのでオススメには含めませんでしたが、必要ならば選択肢としてはアリです。

通常魔法
《ゼアル・エントラスト》
《ゼアル・カタパルト》
《ゼアル・コンストラクション》
《RUM-ゼアル・フォース》
フィールド魔法
《ゼアル・フィールド》
通常罠
《ゼアル・アライアンス》

ゼアル・エントラスト

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「希望皇ホープ」、「ZW」、「ZS」モンスターの内、いずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):自分のLPが相手より2000以上少ない場合、墓地のこのカードを除外し、
「ゼアル・エントラスト」以外の自分の墓地の「ゼアル」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

中盤以降にサーチして①効果で蘇生に繋げられると便利そう。初動で腐りがちなので中々採用し辛いカードだとは思いますが、①②共に効果自体は強力です。1枚指しておくと意外な働きをしてくれると管理人の中では結構話題の1枚。

ゼアル・コンストラクション

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚相手に見せ、デッキから以下のカードの内いずれか1枚を手札に加える。
その後、見せたカードをデッキに戻す。
●「ZW」モンスター
●「ZS」モンスター
●「ゼアル」魔法・罠カード
●「RUM」魔法カード
●「RDM」魔法カード

《希望皇アストラル・ホープ》で触れない範囲にも触れるのが魅力的。モンスターが《希望皇アストラル・ホープ》1体だけという超下振れ時に、《ゼアル・コンストラクション》をサーチして《ZS-武装賢者》をサーチして緊急回避みたいな事も割とありそう。不要牌をデッキに戻す部分も含め、上手く使って行きたい1枚です。

ゼアル・フィールド

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。

《No.99希望皇ホープドラグナー》の強さと器用さを1ランク上に上げる1枚。話題の《CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル》コンボに関係するカードなので、これは先攻制圧の質にかかわってくるかも?
フィールド魔法なので《テラフォーミング》でも持ってきても勿論OKです。
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/悪魔族/攻1600/守 0
闇属性レベル3モンスター×3
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。
(2):このカードが「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をX素材としている場合、以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターは効果を発動できない。

サーチしたいオススメ「ナンバーズ」魔法・罠カード

サーチ可能なカードは以下の4枚。サーチ先の筆頭は《ナンバーズ・プロテクト》で落ち着くとは思いますが、個人的には《グローリアス・ナンバーズ》サーチも嬉しいです。

通常魔法
《グローリアス・ナンバーズ》
通常罠
《ナンバーズ・オーバーレイ・ブースト》
永続罠
《ナンバーズ・ウォール》
カウンター罠
《ナンバーズ・プロテクト》

グローリアス・ナンバーズ

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
手札1枚をそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

蘇生しつつドローして素材を補充できる素敵な1枚。条件を理由にうまく機能しない事もありますが、《No.104 仮面魔踏士シャイニング》が描かれているお気に入りカードです。

ナンバーズ・プロテクト

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「No.」Xモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「No.」Xモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

万能カウンター罠をサーチできるってマジ!?
しかもこのカード②効果で再セットされるんだけど…(;^ω^)
ナンバーズデッキの先攻制圧の一翼を担う存在になってくれそうですね。

カウンター罠を安定して背負えるの強すぎますね…

「No参照のカウンター罠は強いけど、流石に安定してサーチさせてはくれないんだろうなぁ……」

……って言ってたら、まさかまさかのガバガバサーチ手段が来てビックリしましたね…。

…ちょっと前までは先攻にやる事が本当に無かったテーマだったのに…(見違えたなぁ…)。

再録も豪華だし、これはマジで遊戯王始めよう&復帰しようセットです!超オススメ!!

0

コメント

  1. もう一声欲しかったですね
    純粋にアド取れるカードがオノマトピア選択くらいなので手札コストは無くして欲しかったかな

    +2
    • それはゴネすぎ

      +8
    • 釣りコメにしては針が大きすぎる

      +7
    • 実際消費が激しいデッキなので当たり前に感じる要望だと思う

      +4
  2. 新規オノマト罠カードの布石か?

    +1
  3. これ絶対に後々でアストラルがテーマ化する流れだろう。

    +1
  4. アストラル·ホープは強いっちゃ強いけどハンドコスト要求するのがなぁ
    只でさえ今あるサーチカードもハンドコスト要求するから消費が激しすぎる

    +2
タイトルとURLをコピーしました