【妖精弓士イングナルで妖精騎士イングナルする方法】ギガプラント君の出番ですよ!※難問

『ブレイジング・ボルテックス』に収録予定の新カード《妖精弓士イングナル》の特集です。

効果を発動するだけなら《ローンファイア・ブロッサム》や《アロマセラフィ-ジャスミン》で楽々なのですが、このカードを絡めて《妖精騎士イングナル》を出すとなったらもう一手間必要です。

無理に《妖精騎士イングナル》に絡めていく必要はありませんが、どうせなら「出したい!」って事でガンガン絡めた記事を書いてみました。

《妖精弓士イングナル》で《妖精騎士イングナル》を出す!今回はその1点に絞ってます。

スポンサーリンク

妖精弓士イングナルで妖精騎士イングナルする方法

《妖精弓士イングナル》
効果モンスター
星6/地属性/植物族/攻2400/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが植物族モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル6以上の植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。

とりあえず《妖精弓士イングナル》と《妖精騎士イングナル》の効果をおさらい。《妖精弓士イングナル》の効果でレベル6モンスターを釣り上げるだけでランク6が成立するのがポイント。※要するにあと1体レベル6モンスターを展開出来れば《妖精騎士イングナル》が可能になるって訳です。

《妖精騎士イングナル/Fairy Knight Ingunar》
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/地属性/植物族/攻2200/守3000
レベル6モンスター×3
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果の発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

《妖精騎士イングナル》の効果は上記の通り。チェーン不可のフィールド全バウンス効果は強烈ですが、発動前に除去されたり・効果を無効化されると悲しい事になってしまいます。軽く出せたら強力ですが、素材が重いから中々にキツイカードってのが率直な感想です。

まぁでも、軽く出せれば悪くない効果ですし、バウンスによるリセット効果が強力なのは事実なので、ちょっと真面目に狙っていきましょうかねぇ……。

墓地にレベル6の植物族モンスターが落ちている場合:ギガプラ使用

《ギガプラント/Gigaplant》
デュアル・効果モンスター
星6/地属性/植物族/攻2400/守1200
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から昆虫族または植物族のモンスター1体を選んで特殊召喚する。

デュアル状態の《ギガプラント》の効果で《妖精弓士イングナル》を特殊召喚し、《妖精弓士イングナル》の効果でレベル6モンスターを蘇生するとOK。

もうこの時点で要求値が高いのが分かると思いますが、レベル6のモンスターを3体立てるって案外大変なんですよねぇ……。

墓地に落ちているのが《六花精スノードロップ》なら《スノードロップ》効果でレベルを揃えて無理やり展開する事も出来ます。

墓地にレベル6の植物族モンスターが落ちてる場合:スノードロップ使用

《六花精スノードロップ/Snowdrop the Rikka Fairy》
効果モンスター
星8/水属性/植物族/攻1200/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

《六花精スノードロップ》の効果で《スノードロップ》&《妖精弓士イングナル》を特殊召喚し、《妖精弓士イングナル》の効果で墓地のレベル6以上のモンスターを蘇生すればOK。

こっちのルートなら《スノードロップ》効果でレベルを揃えられるので、蘇生するモンスターはかなり自由になります。※アドを稼ぐモンスターを絡めたい。

《光の王マルデル》を蘇生すればサーチ効果で実質消費を抑えられるので良いかも?

ギガプラント使用ルート※弓士イングナル使わない

初手:《ローンファイア・ブロッサム》+《スーペルヴィス》

1.《ローンファイア・ブロッサム》効果で《ギガプラント》をリクルート
2.《ギガプラント》に《スーペルヴィス》を装備
3.《ギガプラント》効果で《ローンファイア・ブロッサム》を蘇生
4.《ギガプラント》をリリースして《ローンファイア・ブロッサム》効果で《六花精スノードロップ》をリクルート
5.《スーペルヴィス》効果で《ギガプラント》を特殊召喚
6.《六花精スノードロップ》の効果で3体のレベルを6に揃えて完成
《妖精弓士イングナル》を使うルートを考えていたのに、出来上がったのは使わないルートだった件について。※どうしてこうなった……。

レベル6以上を指定してないとロンファが大変なことになっていたので…

レベルに指定があるのは《ローンファイア・ブロッサム》を意識しての事です。

もしこれが無かったら、《ローンファイア・ブロッサム》⇒《妖精弓士イングナル》⇒《ローンファイア・ブロッサム》蘇生の動きができてしまっていたので、 まぁ強かったでしょうね。

……でも、植物族縛りがつく事を考えると、別にレベル指定無くても良かった気もしてくるなぁ~

ギガプラントを絡めるなら《タイラント・プランテーション》とかもアリかも?

《タイラント・プランテーション/Tyrant Farm》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの効果モンスター1体をリリースして発動できる。
元々の種族・属性がそのモンスターと同じとなる、
効果モンスター以外のモンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。

《ギガプラント》を絡めるなら《タイラント・プランテーション》も使いやすいかもしれませんね。

後はリリースシナジーとして《バラガール》も並行して考えられそうです。

結論:妖精弓士は良いカードだが騎士イングナルを立てるのは大変

もっと簡単でスマートな展開ができると思っていたんですが、いざ考えだすと全然簡単じゃなくてワロタ(実際には笑っていない)。

チェーン不可の全バウンスは確かに大変ですが、これは完全に警戒されてますね……(白目)。

あと少しだけ簡単になれば採用しても良いレベルになると思うんですが……(;^ω^)ウーン

コメント

  1. 当時のカードパワーじゃあ警戒されてレベル6×3体になったのだろうけど
    今から考えると植物族レベル6×2体で良かった気がする

  2. 妖精繋がりでオベロンとか出したいな(ちょうどレベル6)

  3. ロンファ+1枚で考えていいなら《六花絢爛》or《天啓の薔薇の鐘》orイングナルorスノードロップで行けそう?
    ロンファでマルデルリクルートして手札に2枚を揃えれば…

タイトルとURLをコピーしました