【天威龍-アシュナ・効果考察】ボウテンコウからのタツノオトシオヤ展開が更に捗る新規!滅茶苦茶回し易くなりますね!

公開日: : 最終更新日:2019/07/07 モンスターカード

「天威」新規《天威龍-アシュナ》について考えてみました。

2種類目の「天威」レベル7モンスターという強みは勿論ありますが、このカードの目玉はやっぱりリクルート効果でしょうね!

1枚だけでこんなにも変わるのか…って印象です(凄い)。

※:もしかしたらルートにミスがあるかも?間違ってたら後でごめんなさいします。 

SPONSORED LINK

天威龍-アシュナ

《天威龍-アシュナ》 
効果モンスター
星7/光属性/幻竜族/攻1600/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「天威龍-アシュナ」以外の「天威」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は幻竜族モンスターしか特殊召喚できない。

 

「天威」モンスター共通のSS効果にリクルート効果をドッキング!

効果の強さについては説明不要だと思うので、このカードを絡めた新しい動きについて解説していきます。

《アシュナ》による《ボウテンコウ》展開

《アシュナ》を絡めた基本展開を考えてみました。2枚展開なので使用頻度は結構高めかと。

  • 《アシュナ》を①効果で特殊召喚
  • 《アシュナ》で《拳僧》をリンク召喚
  • 《レベル4天威》を①効果で特殊召喚
  • 《アシュナ》の②効果で《アーダラ》をリクルート
  • 《レベル4天威》+《アーダラ》で《ボウテンコウ》をS召喚
  • 《ボウテンコウ》①効果で《幻竜族》サーチ
  • 《ボウテンコウ》②効果で《タツノオトシオヤ》を墓地へ
  • 《アーダラ》②効果で《アシュナ》を回収
  • 《拳僧》と《ボウテンコウ》で《龍仙女》をリンク召喚
  • 《ボウテンコウ》②効果で《シュンゲイ》リクルート
  • 《龍仙女》の効果で《タツノオトシオヤ》を蘇生(コスト必要)
  • 《タツノオトシオヤ》効果でトークンを3体生成(レベル4になる)
  • 《シュンゲイ》と《タツノオトシオヤ》で《天威の龍鬼神》

《アシュナ》で展開手数が1回増えたのがとても大きい

遊戯王/第10期/09弾/RIRA-JP043 天威の拳僧

《アシュナ》の②効果で任意の「天威」モンスターをリクルート出来る為、手札状況に応じた柔軟な展開が可能になりました。

《アーダラ》が手札にあるなら「天威」レベル4を、「天威」レベル4モンスターがいるなら《アーダラ》をリクルートするだけで《ボウテンコウ》が安定します。

《アシュナ》⇒《天威の拳僧》の動きが初手で出来るかどうかはかなり重要な要素に見えますね。

《ボウテンコウ》《タツノオトシオヤ》の最強タッグ

《源竜星-ボウテンコウ/Denglong, First of the Yang Zing》 

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

 

《タツノオトシオヤ/Mare Mare》 

チューナー・効果モンスター
星7/水属性/幻竜族/攻2100/守1400
このカードは幻竜族モンスターの効果でしか特殊召喚できない。「タツノオトシオヤ」の効果は1ターンに3度まで使用できる。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカードのレベルを1つ下げ、自分フィールドに「タツノコトークン」(幻竜族・水・星1・攻300/守200)1体を特殊召喚する。

 

「《ボウテンコウ》と《タツノオトシオヤ》を使いたくないよ!」って人もいると思いますが、特別な考えがない限りは、ぶっちゃけ混ぜ得だと思います。

《天威の龍仙女》で《タツノオトシオヤ》を蘇生する動きはマジで強いっすからねぇ…。

幻竜族縛りも《天威の龍鬼神》のおかげで気にならない!

《天威の龍鬼神》 
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。そのモンスターを除外する。
(2):このカードの攻撃で効果モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。このカードの攻撃力は破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけモンスターに攻撃できる。

 

幻竜族縛りも《天威の龍鬼神》のおかげで問題なし!《シュンゲイ》を使って出せば更に強くなって万々歳です。

《天威の龍拳聖》も結構硬いので良さげ

展開ルートは途中で止まっていますが、ボード上のリソースを使えば更に色々出来るはずです。

効果モンスターとの兼ね合いは気になりますが、Vジャンプ9月号付録である《天威の龍拳聖》を雑に立てるのも悪くないと思います。

2枚増えただけで随分と変わった印象ですねぇ…(期待)。

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    先行盤面としてならボウテンコウで九支構えてリフン落としてから龍仙女作って龍仙女効果でリフン蘇生したほうが強そうな気がしますね
    あと後攻なら管理人さんの展開だとトークンの処理用に2枚目の龍仙女欲しくなりますね
    龍仙女とトークンで鬼神できるので龍仙女オトシオヤシュンゲイ鬼神で8600ダメージですね

  2. 名無し より:

    アシュナは誘発踏み抜いて展開するのは有難いけれど、龍輪やらも抜いてる天威竜星だと枠が足りなくて1〜2枚に落ち着きそう。でも有難いんだよなぁ!

  3. 匿名 より:

    ボウテンコウのシンクロ素材が「アシュナ」と「アーダラ」になってますね。「レベル4天威」と「アーダラ」が正しいかと。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

《ルドラの魔導書》再録!再録です!魔法使い族デッキ汎用ドロー札【リンクヴレインズパック3】

11/23日発売『リンク・ヴレインズ・パック3』にて、「魔導書

【リンクヴレインズパック3新カード効果一口解説】ユニオン・キャリアーに大注目!ギャラクシーや破壊剣で使えるね!

2019年11月23日(土)発売『リンク・ヴレインズ・パック3

【シャドールストラク新情報】新カード《聖なる影ケイウス》《影霊の翼ウェンディ》《影光の聖選士》の効果が公開されました!

2019年12月7日(土)発売『ストラクチャーデッキ リバース・オ

【今一番再録してほしい汎用カードは何?】もう一度《無限泡影》を再録してくれないでしょうか?

定期的にやってくる願望垂れ流し記事! 今回は、「今、一番再録

【シャドールストラク収録カード新規・再録効果まとめ】闇属性以外のシャドールモンスターカモン!【リバース・オブ・シャドール】

本記事は、12月7日発売『ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シ

【E・HEROリキッドマン】と「D-HERO」は相性抜群!フュージョン・デステニーから入れば初動に使えます!

《E・HEROリキッドマン》の登場で手持ちの「D-HERO」を少し

【超魔導師-ブラック・マジシャンズのドロー効果処理について】「魂のしもべ」や「黒の魔導陣」でトップ操作してからドローできるよ!

《超魔導師-ブラック・マジシャンズ》の効果処理で押さえておいた

【デュエルリンクス】新パック「エアリアル・アサルト」注目カード:このBF強化はマジもんですわ

リンクス最新パック『エアリアル・アサルト』の注目カード記事です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑