【時花の賢者-フルール・ド・サージュ効果考察】除去もコンボも全てお任せ!

5月22日発売予定『デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-』より、シェリー・ルブランをイメージした新カード《時花の賢者-フルール・ド・サージュ》を見ていきます。

フィールドに干渉しながら手札から特殊召喚できるセルフss効果&レベル1・植物族を手札に加えるサーチ効果の二段構え!リメイク元である《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》もかなりの良カードでしたが、こちらも負けず劣らずの良カードって印象です(*’▽’)

魔法使い族⇒植物族の軌跡はかなり斬新ですが、そこはかとなくシェリーらしさが漂ってますね。

スポンサーリンク

時花の賢者-フルール・ド・サージュ

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体とフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のカードを破壊する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、自分のデッキ・墓地から植物族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。

収録:【デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-】

◎手札から簡単に出てくる攻撃力2900
◎①効果の対象は、自分フィールドのモンスター1体を含んでさえいれば、もう1枚に制限がないのがポイント。自分の場のカードを巻き込んだり、純粋に相手の場のカードを破壊する除去として運用する事が出来る
◎②効果は発動条件がかなり緩いのがポイント。リンク・シンクロ・各種リリース等で簡単に発動する事が出来る。※フィールドから墓地へ送られる必要があるのでエクシーズとの相性はイマイチ。

セルフブレイクが捗る展開効果

①効果は、自分フィールドのモンスター1体を含んでさえいれば、もう1枚は自分・相手の場を問わず、カードの種類も問わないという緩々仕様になっています。

自分の場を破壊できる⇒セルフギミックが捗る⇒強い!

…ってのは、遊戯王では常識(日常茶飯事)なので、これも例に漏れず恐らく強いでしょうね……。

  • 【グレイドル】
  • 【炎王】
  • 【破械】
  • 【おもちゃ箱】
  • 【ユベル】 等々

とりあえずパッと思い浮かべるだけでも結構出てきました。じっくり考えればまだまだ出てくるはずなので、暇なときにでも考えてみてください(*’▽’)

②効果は、墓地のモンスター1体をデッキに戻す必要があるので要注意!

②効果は、このカード以外の墓地のモンスター1体を対象として発動する必要がある為、墓地が肥えていない状況下だと、この部分がネックになって発動できない…なんて事もあり得そうですね。

基本的には墓地のカードをリカバリできるメリット効果ですが、場合によってはネックになるので気を付けたいです。

時花の賢者-フルール・ド・サージュでサーチ可能なオススメ植物族モンスター!

本項では《フルール・ド・サージュ》の②効果でサーチできる、レベル1・植物族モンスターをピックアップしてご紹介。

個人的に《捕食植物-セラセニアント》をサーチしてターンを返してもらう流れがお気に入りです。

イービル・ソーン

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 300
(1):このカードをリリースして発動できる。
相手に300ダメージを与え、デッキから「イービル・ソーン」を2体まで攻撃表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

1枚が2枚になるカードなので切り返しとして優秀
次のターン《イービル・ソーン》から動くぞ!という意思を示すことができる。展開要員として純粋に強いので、サーチ先としては中々に優秀だと思います。

死の花-ネクロ・フルール

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 0/守 0
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール」1体を特殊召喚する。

おかわりサージュできるならかなり強そう
手札に《時花の賢者-フルール・ド・サージュ》がある等、セルフブレイク要因が存在するならサーチ・回収する価値が十分にありそう。墓地回収できるのがありがたい。
効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手の墓地のモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手に直接攻撃できず、
このターンのエンドフェイズに破壊される。

捕食植物セラセニアント

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 600
「捕食植物セラセニアント」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキから「捕食植物セラセニアント」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。

サージュがやられた後の奥の手として構える
サージュがやられた流れでサーチする事で、相手のキルプランを崩すことが出来そうな1枚。他の「プレデター」カードを採用する事で①②③全てマルッと活用できる。

六花のひとひら

効果モンスター
星1/水属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、
手札に加えるか墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
または自分フィールドのモンスターが植物族モンスターのみの場合、
相手エンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。

植物族テーマにも該当モンスターが多い
例として【六花】をピックアップしましたが、他の植物族テーマにも該当するモンスターは沢山います(例.【アロマ】【捕食】【森羅】【ナチュル】等々)。フィールドのカードを破壊できるサージュの効果を考慮しつつ、相性の良いデッキに採用したいものです。

薔薇恋人

効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 800/守 800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から植物族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、
相手の罠カードの効果を受けない。

植物族の定番という事でピックアップ
植物族デッキの定番と言えばコレ!
サーチよりも埋葬の方が動き的にはあっていますが、サーチしたものを何らかのコストにして墓地に送っても良いので、選択肢としては全然あり。

汎用性も高くコンボ性にも富んだ1枚

自場のセルフブレイクギミックに注目が集まりがちですが、純粋に相手の場のカードに干渉しながら手札から特殊召喚できるモンスターだけでも十分強いですよね……。

この性能なら、シェリーデッキ以外でも余裕で採用できるでしょうし、セルフブレイク・植物族・魔法使い族等々、該当するシナジーを考慮しつつ色んなデッキへの採用を検討していきたい1枚です。

…皆さんはどんなデッキで活躍させてみたいですか?

コメント

  1. 強化が来るたびに介護だのデザイナーだの謎ワードで荒らすまとめサイトから出張してくるエアプはここの管理人を模範にしろ

  2. バオバブーンなんかもいいですね。手札交換出来て展開したバオバブーン素材にシンクロも出来るので、一石二鳥です。

  3. 1の効果で相手のスキドレやbloo-dを割れるらしいので、すごいよね

タイトルとURLをコピーしました