【ヤモイモリ効果考察】スネークレインと相性の良いレアな爬虫類族モンスター!

『ライトニング・オーバードライブ』収録《ヤモイモリ》の効果考察記事です。

古来より、爬虫類族には《スネーク・レイン》という名の超絶パワカが存在しますが、実は有用な墓地効果を持っている爬虫類族が近年までほとんどいなかったという事実をご存知でしょうか?

しかーし、そんな過去とはさよならバイバイ!おれはコイツと旅に出る!ヤモイモリー♪

墓地効果で勝ちまくり!仲間を壊して次の展開に繋げられそうな超有能モンスターに注目です!

スポンサーリンク

ヤモイモリ効果考察

効果モンスター
星2/水属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの爬虫類族モンスター1体と
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象とし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●対象のモンスターを裏側守備表示にする。
●対象の自分のモンスターを破壊し、対象の相手モンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。

収録:【ライトニング・オーバードライブ】

対象はとるが、効果はどちらも強力

自分フィールドの爬虫類族と相手フィールドの表側表示のモンスターの2体を対象にとる必要がありますが、効果はどちらを選んでも強力です。特に裏側守備表示化は、相手の制圧効果持ちに使う事で1妨害吐かせることが出来るので、展開貫通の強い味方になってくれる事でしょうね。

また、どちらの効果も爬虫類族モンスターと親和性の高いアクションでまとまっており、既存の爬虫類族テーマと密接にシナジーしているのもポイントです。

スネークレインでまとめて落としておくとお得

爬虫類族には《スネーク・レイン》という名の最強サポート魔法カードがあるのですが、実はこのカードを有効に使えるカード・テーマはそこまで多くありませんでした。

通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター4体を墓地へ送る。

《スネーク・レイン》は同名モンスターを複数枚墓地に送る事も出来るので、この効果で3枚《ヤモイモリ》を落とす事も勿論出来ます。名称ターン1なので同ターンに連続使用する事は出来ませんが、ターンを跨ぐごと使える計3発の《ヤモイモリ》が用意できるのは中々の驚異です。

効果モンスター
星8/炎属性/爬虫類族/攻 ?/守 0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分のフィールドゾーンに表側表示のカードが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する限り、
このカードの元々の攻撃力は3000になる。
(3):フィールドの「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。

《覇蛇大公ゴルゴンダ》,《キラー・スネーク》,《ヤモイモリ》×2みたいな肥やし方をするとアド消費も抑えられて良いかも?更にコストが《未界域のツチノコ》なら完璧だぁ!

裏側守備表示化はワームとシナジーがある

裏側化はシンプルに強い効果ですが、テーマ単位だと【ワーム】と強くシナジーしています。

《W星雲隕石》等を組み合わせる事で、1ターン中に複数回「ワーム」モンスターのリバース効果を利用する事も可能です。※古いカード特有の名称ターン1不在コンボ!

破壊はエーリアン、攻撃力0はレプティレスとシナジーします

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/爬虫類族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
爬虫類族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
捨てたモンスターの元々のレベルの数だけ、フィールドの表側表示モンスターにAカウンターを置く。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
Aカウンターが置かれた相手フィールドのモンスターの数まで、
自分の墓地からリンクモンスター以外の爬虫類族モンスターを選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

自分フィールドの《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》を破壊したり、《蛇神降臨》のトリガーを引いたり等、潜在的に爬虫類族とセルフブレイクの親和性は高いです。

攻撃力0化は【レプティレス】と強烈にシナジーするので、爬虫類族テーマほぼ全域をカバーしていると言っても過言ではありません。

効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻 0/守2000
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「レプティレス」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

個人的に注目しているのは《レプティレス・ガードナー》とのシナジーで、《ヤモイモリ》の効果で《レプティレス・ガードナー》を破壊した場合、相手の場に攻撃力0を供給しつつ、《レプティレス・ヴァースキ》サーチし、特殊召喚までの布石を作る事が出来ます。

地縛神 Ccarayhua(コカライア)爆破とか面白そう

効果モンスター
星10/闇属性/爬虫類族/攻2800/守1800
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、このカードがこのカード以外の効果によって破壊された時、
フィールド上のカードを全て破壊する。

爬虫類族を破壊できるって事は、《地縛神 Ccarayhua(コカライア)》を破壊できるって事だ!

展開方法は別途必要になりますが、コカライアのセルフブレイクデッキは面白そうだなぁ……。

溟界(めいかい)が爬虫類族テーマなら熱いなぁ…

爬虫類族への追い風が、いま確実に来ている(気がする)。

『デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ』に収録される新テーマ【溟界(めいかい)】が、ちゃっかり爬虫類族テーマだったら良いなぁ……と望む管理人がお送りしました。

0

コメント

  1. 爬虫類使いにとってヤモイモリはめっちゃテンション上がるカードなのに友達にこいつはヤバイって言ったら笑って流されました。
    爬虫類の時代こい!!

    0
  2. サーチャーにキングレムリン、スネーク・レインコスト用にツチノコやライト・サーペント、おまけにバブル・ブリンガーで防御しつつヤモイモリ2体蘇生可能と、したり顔も頷くほどサポート充実してますね
    滅茶苦茶重いけど、コカライア3体落として継承の印でコカライア蘇生って定番技も

    0
タイトルとURLをコピーしました