【氷結界の依巫(よりまし)・効果考察】照魔師展開で楽々トリシューラ!還零龍も簡単に出るの強い!

1枚でデッキの印象を変えた《氷結界の依巫(よりまし)》ちゃん凄い!

このカードの登場で、《氷結界の照魔師》,《氷結界の霜精》等、他の新規カードも相対的にパワー&評価アップ!これならメタ効果だけでなく、シンクロ展開でも戦えそうです。

しっかし、幼少期のエリアルと守護陣可愛いですね!モフモフやんけ守護陣!

スポンサーリンク

氷結界の依巫(よりまし)効果考察

《氷結界の依巫》
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「氷結界」が存在する限り、相手フィールドの守備表示モンスターは表示形式を変更できない。
(3):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分フィールドに「氷結界トークン」(水族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

収録:【ストラクチャーデッキ-凍獄の氷結界-】

氷結界の照魔師スタートでトリシューラ

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1700/守1000
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、相手はアドバンス召喚できない。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「氷結界」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(3):自分が「氷結界」モンスターの効果を発動するために、手札を墓地へ送る場合または捨てる場合、そのカード1枚の代わりに墓地のこのカードを除外できる。

《氷結界の照魔師》②効果で《氷結界の霜精》を特殊召喚し、手札の《氷結界の依巫》を自身の効果で特殊召喚するだけで、レベル1チューナー+レベル4非チューナー+レベル4非チューナーでレベル9シンクロ(氷結界の龍トリシューラ)をシンクロ召喚する事ができます。

氷結界の霜精
チューナー・効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 400/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。デッキからレベル3以下の「氷結界」モンスター1体を墓地へ送る。このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。

なお、《氷結界の霜精》の②効果でレベルを3にする事で、レベル3チューナー+レベル4非チューナー+レベル4非チューナーで《氷結界の還零龍 トリシューラ》を選択する事も可能です。

氷結界に至る晴嵐でリリースするモンスターとしては低リスク

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「氷結界」モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、デッキからレベル4以下の「氷結界」モンスターを特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「氷結界」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《氷結界に至る晴嵐》は任意の「氷結界」モンスターを自由にリクルートできる便利な1枚ですが、リリースして発動する事で大きな隙を生むカードでもあります。

《墓穴の指名者》,《抹殺の指名者》等のケア札を握っていない限り、とてもじゃないけど大振りする事の出来ない1手なのですが、《氷結界の依巫》なら比較的低リスクと言えるかもしれません。

墓地に送られたターンにトークン生成ができるのは《氷結界の随身》もびっくりですね。

アルテミスにもアルミラージにもなれる逸材

レベル4以下の魔法使いなので《聖魔の乙女アルテミス》になる事ができ、攻撃力1000以下なので、通常召喚すれば《転生炎獣アルミラージ》になる事もできる。

②効果でトークンを出すのには「氷結界」モンスターの参照が必要ですが、構成次第ではそこを活かすことも可能なはずです。

トークン効果は晶壁の条件を整える手段としても便利

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下の「氷結界」モンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「氷結界」モンスターが3体以上存在する限り、自分フィールドの「氷結界」モンスターはEXデッキから特殊召喚された相手モンスターが発動した効果を受けない。

《氷結界の晶壁》との相性は抜群で、①②ともにシナジーを感じる構造になっています。

特に《氷結界の晶壁》の厳しい条件を埋める為にトークン生成はかなり重宝すると思うので、晶壁がただの置物にならないのはありがたいです。

一枚でデッキのイメージを大きく変えた印象

これまでは「どうやってシンクロ(トリシューラ)すればいいの?」と嘆かれることが多かった「氷結界」ですが、《氷結界の依巫|よりまし》の登場で大きく印象が変わったのではないでしょうか?

「氷結界」メインモンスターの特色であるメタ効果もふんだんに残しつつ、シンクロ展開もちゃんと意識した設計に仕上げるのは至難の技だったことでしょう……(凄い)。

パッと見ではイマイチに見えるデッキかもしれませんが、属性サポート(コーラルアネモネ等)を含めばかなり遊べるデッキに仕上がっていると思うので、個人的には結構期待しています。

コメント

  1. 霜精が4落とせれば照魔師だけでトリシュいけたのに4落とせないあたり本当に氷結界

  2. まさに「よりマシ」になったってか

  3. 依巫、照魔師、霧精、紋章の出張セットクルー?

タイトルとURLをコピーしました