【アニメーションクロニクル2021】シェリー使用カード6種への感想【祝・イゾルデ再録】

Yu-Gi-Oh.JPにて、2021年6月12日発売予定『ANIMATION CHRONICLE2021|アニメーションクロニクル2021』に収録される新規カードが10枚、再録カードが1枚公開されました。

本記事では、遊戯王5D’sに登場したシェリー・ルブランが使用したカードが6種と再録カードである《聖騎士の追想イゾルデ》についてご紹介します。

《花騎士団の駿馬》から《ケンタウルミナ》展開強力で良いですね!

※カード効果はソース元でご確認ください。

スポンサーリンク

アニメーションクロニクル2021収録カード公開

ケンタウルミナ

あの《ケンタウルミナ》が、融合素材や効果を良い感じに調整されてこの度OCG化する事が決定しました。

変更点は色々ありますが、やはり素材指定が戦士族・光属性モンスター+獣族に変更されたのがかなり大きそうです(リンクスでは「聖騎士の槍持ち」+「花騎士団の駿馬」指定)。

リンクス効果
融合・効果モンスター
レベル6/光属性/獣戦士族/攻撃力2200/守備力1600
「聖騎士の槍持ち」+「花騎士団の駿馬」
1ターンに1度、自分のターンに相手が罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。

リンクスでは罠カードの発動無効効果しか持っていませんでしたが、そこに更に、手札・墓地からレベル2以下のモンスター1体を特殊召喚する効果と、戦士族・風属性SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合にフィールドの表側表示のモンスター1体を対象をとらずに破壊する効果が追加されています。

これは明らかに『DP疾風の決闘者』で追加されるシェリーのカードを意識したものだと思うので、そちらの情報公開にも期待です。

花騎士団の駿馬

召喚・特殊召喚に成功するとデッキから光属性の「聖騎士」モンスター1体を手札に加えるって……それって「聖騎士」新規では?

サーチしたカードを巻き込みながら《ケンタウルミナ》を融合召喚すれば、リンク展開する事も出来るし、《聖騎士の槍持ち》ならチューナー化する効果でレベル8シンクロやハリファイバーも狙えると……強くね?

《花騎士団の駿馬》自体は《聖騎士の盾持ち》でサーチできるし、かなり安定しそう。

効果モンスター
レベル3/風属性/獣族/攻撃力400/守備力800
このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「聖騎士の槍持ち」1体または「融合」1枚を手札に加える。

リンクス版と比べると、滅茶苦茶強化されているのが分かりますねw

聖騎士の盾持ち

召喚・特殊召喚して1ドローするのも良いですが、このカードの真価は《花騎士団の駿馬》をサーチする事にある気がしますね。このカード自体は《増援》は勿論、《聖杯の継承》にも対応しているので、実質初動10枚体制が可能になってます。

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻800/守1300
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の光属性・戦士族モンスター1体をゲームから除外して発動できる。デッキからカードを1枚ドローする。

こちらもかなり魔改造されてますね。

聖騎士の槍持ち

自分フィールドのレベル8以下のモンスターをエンドフェイズまで「フルール・シンクロン」扱いにするの草。リリースするだけで装備魔法カードをサーチする効果は健在だし、このカードはかなり悪いことができそうですね。

《花騎士団の駿馬》からレベル8シンクロ、ハリファイバーを選択できるカードなので、これはかなり重要な1枚です。※ウルミナが獣戦士族なのでイゾルデは出ませんでした<(_ _)>

エコール・ド・ゾーン

ターンプレイヤーが1体のみの召喚・特殊召喚を行うと、そのモンスターを破壊するというフィールド魔法。代わりに破壊したモンスターの攻守と同じ数値のステータスを持つトークンをくれますが、直接攻撃できないからライフカットもしにくいし、何かと厄介な1枚。

2体以上の特殊召喚には対応していないので、自分はペンデュラム召喚による展開に徹したり、何なら相手ターンに特殊召喚するデッキを使ってズルするのも面白いかもしれませんね。

魂縛門(こんばくもん)

発動自体がかなり難しいですが、発動したらその後モンスターの展開は許さない!という強い意志を感じるフィールド魔法です。800の効果ダメージで対応できる範囲は徐々に狭まっていくんですが、それでも相当な手数がないと厳しいだろうし、除去がないと結構苦しい戦いを強いられそうです。モンスターを展開しない系のバーンとか特殊勝利を狙うデッキに使うと面白いかもしれませんね。

祝・聖騎士の追想イゾルデ再録!

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

まだか?まだか?と期待されていた《聖騎士の追想イゾルデ》の再録が遂に!?

「聖騎士」に関連するカードは確かに入っているので、これは確かにベストタイミングですわw

ホープ強化は次の記事で紹介します

数が多いので今回は分割してご紹介します。「希望皇ホープ」を強化する「ZW」「ZS」、そして新エース《獣装合体ライオ・ホープレイ》の感想は次の記事にて!(せっせと製作中)。

0

コメント

  1. ライオホープレイはドラゴニックのおかげだな!なんで放送当時にやらないんだろうなあ…
    で素のヴェネミーは今更感あるけど
    ドラゴロイドはようやくか

    0
  2. ケンタウルミナは獣戦士族なのでイゾルデの素材にはできませんよ

    0
    • ウルミナ獣戦士だった…OTZ
      修正しておきます

      0
  3. エコール・ド・ゾーンは流石に効果にターン1が付いたか・・・

    0
  4. トークンコレクターが存在するときにエコール・ド・ゾーン発動するとどうなるの?

    0
タイトルとURLをコピーしました