【遊戯王.JPにて《魔弾の悪魔ザミエル》が公開されました】発動した「魔弾」の数だけドローってやばそう

公開日: : 遊☆戯☆王.JP公開新カード情報

「遊☆戯☆王」公式情報サイト『遊☆戯☆王.jp』にて、2017年8月11日発売『デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ-』に収録される新カード《魔弾の悪魔ザミエル》と《魔弾の射手カスパール》が公開されました。

《ザミエル》の”そのターン中に発動した「魔弾」魔法・罠の数だけドロー”って、「魔弾」がどれだけパワーセーブして設計されてたとしても良からぬ事にしかなら無さそう…っていう…。

カード画像や効果の詳細はソースをご覧ください。はぁ~楽しみだなぁ~(´・ω・`)

ソース

『デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ』収録カード情報を独占入手!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. そーひ より:

    解禁された情報はまだ多くないですけど
    今のところ光属性悪魔族っていうことで
    魔轟神と相性が良さそうですね
    そしてオネストの加護も受けるです

  2. 匿名 より:

    魔弾がどれだけのカードパワーかわからんが今のところこいつだけでは効果は発動せず、相手エンドフェイズまでこいつを残さねばならない調整版審判ってとこかな
    まぁ十分強そうだけど

  3. huyu より:

    早く魔弾の効果を…!

  4. 強力なドローソースがあるってことは、
    魔法、罠は手札を弾丸に見立てて発動したりするんだろうか。

  5. 専用の魔法罠を使う悪魔族テーマというと、DDと魔界劇団という先達がいますね。

    魔弾は契約書みたいに動きをサポートしてくれる類なのか、それとも台本のように盤面を片付けてくれる類なのか、この辺りに注目してます。

  6. カフェイン より:

    8レベ悪魔なのでオクトロスからサーチ可能ですね、多分魔弾にサーチ札も別に
    あるでしょうが一応取っておいてもいいのではないかと。

  7. ランチョン より:

    これ月の書等で裏側にすればドロー効果は発動出来ませんよね。ゴートリックの出番かな?
    後、魔弾関係の魔法、罠は魔弾関係の効果で手札に加わった時効果は発動出来ない等の効果が無いと十二の時の二の舞になりますよ。そこら辺の調整、KONAMIは解ってんのかな?

  8. huyu より:

    (どうして連射しちゃいけないんだ…?)
    とりあえず魔弾の効果がわからない以上は強さがわからないですね…。ひょっとしたらモンスターはこの二体のみで、あとは全部魔弾だったり。

  9. 青龍 より:

    魔弾と聞くとなんかデメリットはありそうな気がします
    しかしカスパールのデザインが某ヴァイキング漫画の射手に見えてしかたありません

  10. 荒くれナンバーズ より:

    なぜこんなあからさまにやばそうな効果を付けてしまうのか・・・すべての魔弾に同名ターン1ついててもやばそう・・・ 
    話変わりますけどパック再録カードでリロードとかはいってそうw

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【遊戯王の軌跡ディスコードサーバーのご案内】メンバー200人突破!【参加方法や活動内容をご紹介】

数か月前から密かに運営していたディスコードサーバーが、この度、参加

【サンダー・ハンド|使い方・効果考察】ギラグ新規!ファイア、アイスの次はサンダーだ!【背後に超雷龍の影】

遊戯王OCG公式ツイッターにて、『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』

【遊戯王ラッシュデュエル】《火麺上忍ゴックブート》公開!ラーメン忍者だコレ!

「遊戯王ラッシュデュエル公式アカウント」にて、『遊戯王ラッシュ

20thシークレット「ラーの翼神竜」降臨!【20thアニバーサリーレジェンドセレクション開封】

週刊少年ジャンプ誌面で実施された全員応募者サービスパック『20

【遊戯王ラッシュデュエルTVチャンネル登場】遊戯王SEVENS特番が公開されました

遊戯王ラッシュの公式youtubeチャンネル『遊戯王ラッシュデ

【簡易融合】新ルールのミレサク、サウサク出張は強い!簡易融合制限も納得だな!

4月からの新ルールで強化される【簡易融合ミレサクセット】の解説

【トーナメントパック 2020 vol.2】収録カードリストから今後の展開を予想!「花札衛」「デストーイ」強化・新規来る?

2020年4月~6月にかけて配布される『トーナメントパック 202

【遊戯王ラッシュデュエル】《クリボット》公開!手札に舞い戻る新たなクリボー!

「遊戯王ラッシュデュエル公式アカウント」にて、『遊戯王ラッシュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑