【大霊術-「一輪」効果考察】サーチ可能な攻1500/守200モンスター特集|使い魔以外の選択肢はない?

《大霊術-「一輪」》の効果について考える前に一言…

「霊使い」を花びらに見立てて「一輪」ってお洒落すぎじゃない?

イラストも超絶カッコイイし、この絵柄のスリーブとかプレイマットとか真面目に欲しい…(*’ω’*)

組む気なかったのに…「霊使い」デッキへの興味が少し湧いてきました。

スポンサーリンク

大霊術-「一輪」効果考察

フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動したモンスターの効果を無効にする。
②:自分メインフェイズに発動できる。手札の魔法使い族モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ属性で攻撃力1500/守備力200のモンスター1体をデッキから手札に加え、見せたカードをデッキに戻す。

関連記事:【霊使いストラク】新規カード「大霊術-「一輪」」効果公開!イラスト滅茶苦茶良いな!

①効果は、フィールドを参照して相手のモンスターの効果を無効にする効果(チェーン不可も対応)。

②効果は、魔法使い族を「霊使い」の使い魔モンスター(全て1500/200ステ)に交換する効果(最初200/1500と勘違いしてました)。

理想としては、①で盤面を制圧しながら②効果で「憑依装着-〇〇〇」(モンスター)をデッキに戻し、使い魔モンスターをサーチして展開って感じ(憑依装着-○○○はデッキにいて欲しいので都合が良いですね)。

①効果はチェーン不可のモンスター効果すら無効に出来る

既に何ども書いていますが、補足として念の為。

①効果は永続効果による効果無効なので、チェーンできないタイプのモンスター効果も無効にすることができます。

要するに、《ヴァレルロード・ドラゴン》や《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》の効果(5000になる方)も無効にできるって訳です。

まぁ、見えてる無効なので、相手に手数があるなら先に消費させられてるとは思いますけどね。

②効果でサーチ可能なモンスターについて

対応モンスターは現状だと10体存在するとの事で、そこから実用性を考えると更に絞られる感じです。今回は実用性・特異性・面白さ重視で説明していきます。

  • 光属性
    《ヴァイロン・オーム》
    《魔轟神ウルストス》
  • 地属性
    《デーモン・イーター》
  • 水属性
    《ジゴバイト》
  • 炎属性
    《ネオフレムベル・サーベル》
    《ローグ・オブ・エンディミオン》
    《稲荷火》
    《犬タウルス》
  • 風属性
    《ランリュウ》
    《死神鳥シムルグ》

大霊術-「一輪」wiki参照

各霊使いに対応した使い魔モンスター

対応使い魔である《ジゴバイト》,《稲荷火》,《デーモン・イーター》,《ランリュウ》はそれぞれ攻1500/守200であり、それぞれフィールドの魔法使い族を参照して特殊召喚できるので相性は非常に良いです。※各モンスターの固有効果は以下の通り。

  • ジゴバイト
    戦闘・効果で破壊され墓地へ送られるとデッキから「ジゴバイト」以外の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。
  • 稲荷火:
    フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、次の自分スタンバイフェイズに発動する。このカードを墓地から特殊召喚する。
  • デーモン・イーター:
    相手エンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。
  • ランリュウ:
    このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、「ランリュウ」以外の自分の墓地の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

ローグ・オブ・エンディミオン(炎属性)

《ローグ・オブ・エンディミオン/Rogue of Endymion》 
効果モンスター
星3/炎属性/魔法使い族/攻1500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。デッキから永続魔法カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。このターン、自分はこの効果でセットしたカード及びその同名カードの効果を発動できない。

 

②効果で《憑依覚醒》をセットする事はできますが、そのターン中に発動できないというテキストが重くのしかかります。

そもそも、《大霊術-「一輪」》の効果発動条件を満たしている時点で召喚権を使っている可能性も高く、サーチしたこのカードを如何に展開するんだ?という課題も出てきます。

一応対応はしてるけど…それ以上でもそれ以下でもないモンスターっぽいですねぇ…。

死神鳥シムルグ(風属性)

《死神鳥シムルグ/Simorgh, Bird of Calamity》 
効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻1500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「死神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。

 

うまくやれば②効果は機能しそうな雰囲気はありますが、今度は鳥獣族モンスター縛りのデメリットが問題に…(白目)。

①効果に関しては、こちらも召喚権がネックになりそうですね。

使い魔モンスター以外サーチさせるきないな!

これは…使い魔モンスター以外サーチさせるつもりないっぽいですね…。

ただ、今後増えて行く可能性は十分にありますし、これからは攻1500守200と守1500のステータスに注目する必要がありそうです。

炎属性にサーチ先が多いのは、守備力200の影響なのがなんか好きです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

コメント

  1. 私が把握できてないだけかもだけど、守1500に注目はわかるけど攻200に注目する理由って何かあったっけ?

    • 勢いで攻200も入ってました…
      注目する理由はないです((+_+))

  2. 新カードで対応するモンスター(リンク霊使いの使い魔とか)を増やす可能性はあるので、残りの新規の情報が早くほしいところ

  3. ①の効果だけ目当てで出張できないかね

タイトルとURLをコピーしました