【疾風のドラグニティの使い方・効果考察】後攻ブラックローズリセット装置!ギザームが強化だこれ!

『ストラクチャーデッキR-ドラグニティ・ドライブ』に収録される新規カード最後の1枚《疾風のドラグニティ》の効果が遂に判明しましたね!

速攻魔法でデッキから「ドラグニティ」チューナーと鳥獣族の「ドラグニティ」モンスターを1体ずつリクルートして、条件付きボーナスでシンクロ召喚までこなしてしまうという驚異の一枚。

フィールド依存なので先行では使い辛いですが、後攻まくり札としては文句なしの逸品だと思います。

このカードが通るとどうなる?しらんのか、ブラックローズが出て来る!

スポンサーリンク

疾風のドラグニティ

《疾風のドラグニティ》
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「ドラグニティ」チューナーと鳥獣族の「ドラグニティ」モンスターを1体ずつ効果を無効にして特殊召喚する。
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
さらに自分フィールドの「ドラグニティ」モンスターのみを素材としてドラゴン族SモンスターをS召喚できる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

収録:【SDR-ドラグニティ・ドライブ】

ブラックローズ・ドラゴンでぶっ放せ

《ブラック・ローズ・ドラゴン/Black Rose Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。

相手の盤面依存ではありますが、リクルートからシンクロ効果までを一連の流れでこなすことで、隙を作ることなくシンクロ召喚を決める事ができます。
ここでシンクロする一番のオススメは何と言っても《ブラック・ローズ・ドラゴン》。
仮に妨害されたとしても召喚権は残っていますし、ここに妨害を吐いてくれるならOK位のノリでブッパしていくと良いと思います。
そして、ここで活躍するのが、Vジャンプ付録である《ドラグニティ-ギザーム》って訳です。

ブラロを出す為にドラグニティ-ギザームが活躍する

《ドラグニティ-ギザーム》
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻 600/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の風属性・レベル4以下の、ドラゴン族または鳥獣族のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。

レベル7シンクロを成立させる流れとしては、レベル4非チューナー+レベル3チューナーが基本になるはずなので、そこで《ドラグニティ-ギザーム》にお声がかかるって訳ですね。

一応、《ドラグニティ-ピルム》と《ドラグニティ-ブラックスピア》もレベル3チューナーなのですが、基礎スペックを考えると《ドラグニティ-ギザーム》が第一候補になるはずです。

何と言っても《ドラグニティ-ギザーム》は1枚が2枚になるカードなので、素引きしても最低限のアクションを保証してくれるのが良いです(天球とか組めますしね)。

最強の後攻まくり札といった印象:【強力なサイド】

「ドラグニティ」は初動を挫かれるのがマジで苦手な上に、ありとあらゆる妨害が刺さるデッキなので、後攻から召喚権を消費せずにマストを叩きつけられるこのカードはマジで強力です。

そういう意味でも、後攻から相手の妨害を吐かせる目的でブラロブッぱ重要になってくるはず。
先行で使い辛い事を理由に低い評価を下している人も多いようですが、サイドとしてこれほど頼もしいカードはないと個人的には思ってます。

セットして相手ターンに使うという選択も出来る

速攻魔法である点も優秀で、条件さえ満たせば相手ターン《ブラック・ローズ・ドラゴン》なんて芸当も可能です。
誘発だらけの事故ハンドだったとしても、《疾風のドラグニティ》さえ引いていれば返しターンリセットを狙えるのは面白いですなぁ……。

注意点:フィールド依存なので先行では使い辛い

まぁ、これはこの手のカードの宿命なので、潔く諦めるが吉。
少なくとも、先攻で使えないから弱いなんて事はないはずので、潔く後攻札と割り切って運用した方が良さそうです。
まぁ、1枚位なら切り返し札としてメインに入れても良いレベルのカードではないでしょうか?

フレーバー小話:デュエルターミナル第6弾だコレ!

カード名に関する話なんですが、《疾風のドラグニティ》ってデュエルターミナル第6弾のサブタイトルですよね。

この流れなら《ワームの侵攻》や《氷結界の鼓動》や《魔轟神復活》も時間の問題だな……(ククク)。

後攻展開の虚弱性を補う一枚ですね

開幕《疾風のドラグニティ》でとりあえず安全確認!

確かに先攻では使い辛いカードですが、後攻だと1枚握っておくだけでその後の展開がかなり通し易くなるカードなので、これは相当良いカードだと思います。

終始ブラロの話ばかりしてしまいましたが、勿論他のモンスターを出してもOKです。

コメント

  1. 魔轟神にはホント期待

  2. 正直使いづらくてピン指しですら入らない可能性あったギザーム救済が来てくれただけでありがたいです

  3. ただこれブラロはチェーン2だと全破壊はタイミング逃すので使うタイミングも大事ですね月華竜は強制ゆえそれは発生しませんがあとは単純にレヴァーティンとファランクスでアラドヴァル出してもいいですね

    あとこれテキスト的に影依融合のシンクロ版って感じですね

タイトルとURLをコピーしました