【ゼアル・カタパルト効果考察】ホープデッキのレベルバラつき問題を助ける1枚

2021年6月12日発売『ANIMATION CHRONICLE 2021』に収録される新カード《ゼアル・カタパルト》の特集記事です。

『ANIMATION CHRONICLE 2021』収録カードの中でもかなり地味な1枚ですが、レベル散り散り問題を抱えている「ホープ」(ゼアルウェポン型)にとって、これはかなり嬉しい良カード!

沢山入れすぎるのはカードパワー的にあれですが、《ゼアル・コンストラクション》のサーチ候補としてピン刺しするのは良いなぁーって思いました(小並感)。

スポンサーリンク

ゼアル・カタパルトの使い方・効果考察

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「希望皇ホープ」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全てのモンスターのレベルを4または5にできる。
(2):「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体と、このカードを自分の墓地から除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【アニメーションクロニクル2021】

上級かつフィールドからしか装備できない「ZW」モンスターを展開する為に重宝する1枚。「ZS」視点でも、回った後だと展開で困るカード・そもそもエクシーズに適さないレベルのモンスターの融通が利くようになるのが偉いですね。
レベル調整は「希望皇ホープ」モンスターの参照が必要になる為、ホープ展開用の初動サポートにはなり難い。
レベル調整効果を過信し過ぎた構築をすると痛い目を見る可能性は非常に高い。

ZWは入れたい!でも出来るだけレベルは統一したい…そんな貴方に!

「ZW」「ZS」って、セルフ特殊召喚可能なモンスターが少数な上に、レベルも散りまくってる集団なので、こういった展開とレベル調整を同時に行えるサポートカードって相当ありがたいですよね。

特に、レベル1とかレベル3のモンスターは本当に採用し辛かったので、これで随分良くなるとは思います。ホント、《ZS-幻影賢者》とか入れたくても中々入れられなかったですからねぇw

catamapr

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 500/守 100
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついたモンスターが存在する場合、
自分のメインフェイズ時に発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
また、バトルフェイズ中に自分フィールド上のモンスターが除外された場合、
その除外されたモンスター1体を選択し、
フィールド上のこのカードを除外して発動できる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚し、
相手フィールド上の攻撃力3000以下のモンスター1体を選んで除外する。
「ZS-幻影賢者」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

まぁ、サポート込みでも結構きついですけどね…(ドロー効果に対する取り締まりがきつかった時代を感じる)。

ホープデッキにおけるシンプルな除去は貴重!地味に嬉しい

即効性には欠けますが、墓地効果による除去も良い性能してますよね。

相手のスキドレとかにも触れるので、「強力な置物で詰み!」みたいな事は減りそうで助かります。

ゼアル・コンストラクションでサーチできるよ!

ゼアル・コンストラクション
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚相手に見せ、デッキから以下のカードの内いずれか1枚を手札に加える。
その後、見せたカードをデッキに戻す。
●「ZW」モンスター
●「ZS」モンスター
●「ゼアル」魔法・罠カード
●「RUM」魔法カード
●「RDM」魔法カード

「ゼアル」名称の魔法・罠カードなので、《ゼアル・コンストラクション》でサーチが可能なのも大きな強みです。まぁ、そうじゃないと流石に厳しいので、当然と言えば当然ですけどね…。

《ゼアル・コンストラクション》ってカード本当に偉くって、素引きしたくないカードをデッキに戻しつつハイランダー気味の構築を後押ししてくれるんだよなぁ…(いつもお世話になってます)。

《ダブル・アップ・チャンス》初手勢の身からすると、このカードは本当に神です。

おまけ:新規ZWとZSについて

効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻 800/守1600
(1):「ZW-天風精霊翼」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを攻撃力800アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(3):1ターンに1度、相手が発動した効果でモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
装備モンスターの攻撃力を1600アップする。
(4):装備モンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くX素材1つの代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
2種の打点アップと素材身代わり効果!
特に2つ目の効果は、一発で1600も打点を上げるの凄いっすよね。
レベルも4で使いやすいし、脳筋勢には嬉しい1枚です。
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 600/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地から光属性以外の「No.」モンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚し、
自分フィールドからこのカードと「希望皇ホープ」モンスター1体を
それぞれ攻撃力1700アップの装備カード扱いとしてその特殊召喚したモンスターに装備する。
このターン、自分は1度しか攻撃宣言できない。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その攻撃モンスターは、攻撃力が倍になりエンドフェイズに破壊される。
召喚成功時・墓地から光属性以外の「No.」モンスターを効果無効で特殊召喚・自身と「希望皇ホープ」モンスターをそれぞれ1700アップの装備カード扱いで装備!
条件はかなり厳し目ですが、通ると攻撃力+3400の「No.」モンスターが場に展開されている事になります。更に②効果で攻撃力が倍になるって…どんだけ脳筋なんだよw
優先度はかなり低いカードだと思いますが、ホープ以外の「No.」がフィニッシャーになるシーンは色々ドラマがあって良いですね。「No.」の選択で色々演出できそう…。

デッキのアクセントとして1枚は採用したいですね

《ZS-双頭龍賢者》は流石にちょっとロマンが過ぎる気もしますが、《ゼアル・カタパルト》と《ZW-天風精霊翼》は使い易そうなので、とりあえず1枚ずつ採用してみようと思います。

理想としては貫通付与の「ZW」が欲しいんですけど、そろそろどうですかね(;^ω^)

0

コメント

  1. オノマトといいバラけた名前を強引に纏めてデッキにしてくれるサポートがあるのほんとずるいってかうらやましい
    まあ遊馬はいいやつだから許すよ

    +1
  2. そもそも最初からレベル4で作ってよという話ですねー
    ゼアル期は仕方ないとしてLIOVはおかしいですって

    0
タイトルとURLをコピーしました