【禁じられた一滴・背景ストーリー】堕天使マスティマ、裏切り者である事がバレる【失楽の堕天使による一滴の刑】

強力な効果を持つ新規「禁じられた〇〇」として注目されている《禁じられた一滴》ですが、このカードの注目点は効果の優秀さだけではありません。

《失楽の堕天使》による無慈悲なる一滴の刑。その背景に隠された「禁じられた〇〇」シリーズの物語を追ってみましょう。

「堕天使」でありながら「神」にへつらう《堕天使マスティマ》に禁忌なる一滴を……。

スポンサーリンク

「禁じられた一滴」の背景ストーリー

カードイラストに描かれる《失楽の堕天使》と《堕天使マスティマ》の2体。前後の展開が超絶気になる一枚です。

「禁じられた〇〇」のおさらい:聖女は如何に「失楽の堕天使」となったのか?

《失楽の堕天使》は、「禁じられた〇〇」シリーズに描かれていた天使のお姉さんが、「禁じれた○○」に魅せられた結果、天界から追放されて堕天使になっちゃった存在です。

禁忌に触れまくった結果…
《神の通告》を喰らって《失楽の聖女》に…

その後《失楽の魔女》になり…


最終的には《失楽の堕天使》になっちゃいました…(笑)。

元をただせば自業自得な気もしますが、こんな経緯があって《失楽の堕天使》は「神」や「天界」に恨みを抱いているようです。

そんな私怨たっぷりの彼女の前に、「神」にへつらう裏切り者が現れたどうなるでしょうか?

…うーん、これは一滴の刑不可避。

堕天使マスティマは神属の堕天使

「堕天使マスティマ」の元ネタである「マステマ(マンセマット)」は、悪魔的所業を行うけどしっかりと神に帰属する天使っていうとても厄介な存在(天使でありながら悪魔を率いて人間を試したり、人間を堕落させて滅ぼしたりする)。

そんな元ネタに習って、OCGでも度々神への忠誠心を示しています。

《堕天使の戒壇》

《神族の堕天使》

この通り、言い逃れができないほど神にどっぷりな存在なのです(要するに堕天使側に潜り込まされた神の間者って事ですね)。

「神」に私怨たっぷりな《失楽の堕天使》からすれば…これはオコな案件ですよ!

魔女の一撃の続きなんですかね?

順序的に考えると、《失楽の魔女》⇒《魔女の一撃》⇒《失楽の堕天使》だと思うので、今回の《禁じられた一滴》は更にそのあとって考えるのが自然ですかね?

《魔女の一撃》の効果的に、「神」に一矢報う事が出来ていると思うので、その結果、《失楽の魔女》は力を得て《失楽の堕天使》になったのかな?

失楽の堕天使は堕天使を墓地に送れるからねw

《失楽の堕天使》は「堕天使」モンスターを手札に加えるか墓地に送る効果を持ってますからね(笑)。これは「マスティマ」さん/(^o^)\

今後「神」vs「堕天使」の闘いはどうなっていくのか?そして、「マスティマ」さんの生死の行方は!?

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

コメント

  1. 遊戯王Wikiを頼りにチマチマ画像検索してストーリー追ってたからこうゆうまとめはありがたい

  2. いかにも武闘派みたいな顔して裏切り者だったんだ…
    神属もそういう背景があったんですね。

  3. そう考えるとマスティマの2枚捨てて特殊召喚する効果も仲間を売る効果に見えてくる

  4. 堕天使強化でマスティマさんの強化体が出る(願望)

    • ゾンビ化させよう

    • メガテン版マンモセット風に…

  5. マスティマ「助けて神様ァー!」

  6. 堕天使って本来はルシフェルが神に反逆する物語なのに失楽の堕天使が完全にポジション奪ってるの草

タイトルとURLをコピーしました