《深海姫プリマドーナ》効果考察:実は汎用シンクロチューナー!ヴァレルロード相当の耐性付与効果を活用しよう!

公開日: : モンスターカード(シンクロ)

『エターニティ・コード』に収録される新たなシンクロチューナー《深海姫プリマドーナ》の特集です。

一見専用モンスターに見えるカードですが、このカード実は汎用シンクロチューナーだったりします。

モンスター効果で対象にとられなくなる耐性付与は勿論、一時的な除外効果と併用すれば更に強くなる事間違いなし!!流石ディーヴァの進化体(?)…有能だな!!

SPONSORED LINK

深海姫プリマドーナ(しんかいひぷりまーどな)

《深海姫(しんかいひ)プリマドーナ》 
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻1500/守2700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている相手のカード1枚を対象として発動できる。デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚し、対象のカードを相手の手札に加える。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、相手モンスターの効果の対象にならない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。

《深海姫(しんかいひ)プリマドーナ》 注目ポイント

注目①:深海のセントリー等と併用する事で真価を発揮する①効果

デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体をサーチorリクルート出来る効果は強力ですが、それと同時に相手にもアドを与えてしまうのがネックです。

しかし、《深海のセントリー》《深海のミンストレル》等、相手のカードを一時的に除外するカードと併用出来れば、結果±0のアクションにする事も出来るので気軽に使える様になります。

状況次第では強行(相手へのアド換算無視)で効果を発動する事になるとは思いますが、基本的には《深海のセントリー》等との併用が前提になる効果だと思っていいとは思います。

注目②:素材運用で強力な耐性を付与

どんなデッキでも気軽に運用できるのがこちらの耐性付与効果。

高レベルチューナーなので非チューナー側は低レベルで抑える必要は出てきますが、レベル8~10辺りのシンクロモンスターを出す素材としては耐性付与が破格の強さです。

雑に付けても強いですし、突破され難い耐性の詰め合わせモンスターを目指すのもまた一興です。

注目③:リカバリーやハンデスとして機能する③効果

自分のカードを対象とする場合はリカバリ目的って感じですが、相手のカードを対象にする場合はデッキや対象次第で役割が変わってきます。

除外からの再活用構造を持っている相手には、その妨害として活用し、それ以外の相手には《深海のセントリー》や《ミンストレル》を併用したハンデスコンボを狙っていく感じになるかと…。

まぁ、①③効果は「深海」デッキまたは一時的な除外アクションを得意とするカードとの併用が前提って感じですね。

セントリー、ミンストレルをうまく使う事で①③効果は更に輝く!

深海のセントリー
効果モンスター
星2/水属性/海竜族/攻 400/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。相手は手札を1枚選んでエンドフェイズまで表側表示で除外する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送り、「深海のセントリー」以外の自分の墓地のレベル4以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

深海のミンストレル
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1200/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと水属性モンスター1体を捨てて発動できる。相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んでエンドフェイズまで表側表示で除外する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送り、「深海のミンストレル」以外の自分の墓地のレベル4以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキの一番上または一番下に戻す。

 

《深海のセントリー》の①効果は、《深海姫プリマドーナ》とかなり噛み合っている効果と言って良いと思います。

理想形としては、《深海のミンストレル》の効果を発動する為に《深海のセントリー》を捨てて、合計2枚の相手のカードを除外。その流れで《深海姫プリマドーナ》の①③効果でアドを得ながら相手の重要なカードをデッキに戻すって感じっすね。

この他にも、一時的に相手のカードを除外するカードとは相性が良いはずなので、そういうカードに心当たりがある人は積極的に狙っていくと良いと思います。

耐性効果ダブル乗せ狙っていこう!!

効果破壊耐性持ちに付与して「効果で破壊されない&対象にとれない」のダブル乗せ耐性にしたり、効果無効系・耐性付与系効果持ちに付与してガチガチにしたり、付与する先を吟味する事でこの耐性付与効果は更に強くなるはずです。

必然的に高レベルなシンクロモンスター(レベル8以上)から選ぶことになるとは思いますが、高レベルの方が基本的には強いし問題はないよね!!

分かり易い所で言うと、《神立ちのオニマル》,《ヴァレルロード・S・ドラゴン》,《閃光竜スターダスト》とか良さそうです。

あとは、同時収録される《飢鰐竜アーケティス》とかも「深海」や「海皇」シナジー的に選択肢としては強そうです。

モンスター効果の対象にならないって強いですからね

①③効果もフル活用しようと思ったら専用構築が必要になるでしょうけど、《ハリファイバー》から展開する事も出来ますし、任意のシンクロモンスターにヴァレルロード相当の耐性を気軽に付与できるだけでも悪く無さそうです。

まぁ、とりあえず1枚は持っておいて損はないカードだと思うので、安いうちに確保しておく事をオススメしておきます(初動は安いと思うので)。

Amazon:エターニティ・コード

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    クリスタルウィングは出せなくね?
    (そもそもレベル7でシンクロチューナーだから繋がらないはず。)

    • 匿名 より:

      レ、レベル下げれば出せる可能性があるかもしれない。

      • 匿名 より:

        そりゃそうだがその為だけにそのギミックを入れるのはなぁ。

        • cast より:

          レベル1Sモンスターいねぇ…
          うっかりすぎるミス(;^ω^)失礼しました
          クリスタルウィングは難しいですねw
          修正しておきます<(_ _)>

  2. 通りすがり より:

    メンタルスフィアが実質的な完全対象耐性になる?
    モンスターに弱いのが難点とだったので、考えてみても良いかも
    後はSターン以降にも銀龍に対象耐性を残すとかですかね
    ディストピアデッキに仕込んで、ベエルゼ・ベエルゼウス狙うのも一考かと

  3. 匿名 より:

    チューナー以外のSモンスター
    クリスタルいいんじゃね?からわりと引っ掛かるそうだったな部分

  4. 匿名 より:

    星態龍で行こう!笑

  5. 青眼好き より:

    フリー素材シンクロで(デッキ戻しとはいえ)除外に触れるのはいいですねー
    1の効果は発動段階で対象に取るだけだから効果解決時に異次元からの埋葬とかで墓地に戻せばサーチorリクルートだけ使えるんですかね?

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【剛鬼再戦】剛鬼ガッツとアイアン・クローで共通サーチ効果解禁!クローの奇襲性半端ねぇぞ!

皆さんは、「剛鬼」デッキと聞いて最初にどんなイメージが思い浮かぶで

【融合派兵使ってる?】便利で面白いカードだけど、いざ使うとなると迷うよね

《融合派兵》って便利で面白いカードですよね! ・・・でも

【百景戦都ゴルディロックスはカッコイイ】移動しながら盤面を破壊管理するランドスケーパー!

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《百景戦都ゴルディロ

【遊戯王OCG第10期を振り返る】リンク召喚を支えた功労者達。ハリファイバーが救ったのはシンクロだけでは無い?

遊戯王OCGの10期を振り返る企画第一弾として、「リンク召喚を支え

【スプラッシュ・メイジ効果考察】リンク2はリンク3でありリンク4でもある【トランスコードを併用しよう】

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《スプラッシュ・メイ

【ノクトビジョン・ドラゴン効果考察】セルフSS・リンクドロー・裏側守護の3段構え!サーチが安定すれば相当便利そう

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《ノクトビジョン・ド

【公式レシピ】魔弾リゾネーターデッキ:非チューナー側の自由度ゆえの構築!リゾネはホント面白い

遊戯王OCGインストラクターTwitterアカウントが公開してくれ

1月25日は城之内くんの誕生日!AbemaTVで「城之内死す」が限定無料配信中だぜ!

城之内くんおめでとう! 本日1月25日は、城之内くんの誕生日。

→もっと見る

PAGE TOP ↑