【相剣大公-承影|効果考察】汎用レベル10シンクロ期待の星!バロネスと肩を並べる強者現る!

発売後の「バースト・オブ・デステニー」特集第一弾は、大人気テーマ「相剣(そうけん)」より、汎用レベル10シンクロ期待の星である《相剣大公-承影》をご紹介!

汎用レベル10シンクロと言えば《フルール・ド・バロネス》が人気を博していますが、今回紹介する《相剣大公-承影》も、《バロネス》に引けを取らない圧倒的な仕上がりの1枚です。

強烈なバフ・デバフ効果&効果破壊に対する疑似耐性&フィールドと墓地の2枚除外!

やや受け身な一面を持つカードではありますが、このカードは流石に強いわ……(;^ω^)

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment
スポンサーリンク

相剣大公-承影:汎用レベル10シンクロ期待の星

シンクロ・効果モンスター
星10/水属性/幻竜族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されているカードの数×100だけ、このカードの攻撃力・守備力はアップし、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力はダウンする。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード1枚を除外できる。
(3):カードが除外された場合に発動できる。
相手のフィールド及び墓地のカードをそれぞれ1枚ずつ選んで除外する。

収録:【バースト・オブ・デステニー】

・《フルール・ド・バロネス》と肩を並べるレベルの汎用レベル10シンクロ!
・《強欲で貪欲な壺》を発動するだけで強烈な差を生み出すバフ・デバフ性能!
・《超雷龍》もビックリ!驚異の場持ち性能!
・《トリシューラ》もビックリな2枚除外効果!
③効果における注意点
③効果は、相手のフィールド及び墓地のカードをそれぞれ1枚ずつ必ず除外する必要がある為、どちらか片方だけでも欠けていると効果処理されないので要注意!

強欲で貪欲な壺を発動するだけで凄まじいバフ・デバフ量になる

強欲で貪欲な壺
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

《強欲で貪欲な壺》を発動するだけで、1000のアップダウン(合計2000)が発生するって凄すぎ!

「相剣」は3積みのカードが多くて潜在的に《強欲で貪欲な壺》を採用し易いデッキだし、《承影》でドロー以外のシナジーも見込めるなら採用しない手はないよなぁ……(;^ω^)

何なら《承影》の③効果のトリガーにもなれるし、本当に隙が無いです。

腐った抹殺の指名者がトリガーになる

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

一応②と連動して③効果を発動する事は出来ますが、見えてる状態で踏みに来る相手は中々いないと思うので、やはり能動的に③効果を発動できるトリガー役は欲しい所です。

筆頭としては、《墓穴の指名者》,《強欲で貪欲な壺》,《抹殺の指名者》の3枚が分かり易い所でしょうか?特に《抹殺の指名者》は腐る事も多いので、トリガー役になれるのは良いですね。

相剣暗転も採用すると更に強い!

テーマ内のカードに《相剣暗転》って通常罠カードがあるんですが、このカード、《相剣大公-承影》と併用した際の強さが半端ないんですよね。

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの幻竜族モンスター1体と相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《相剣暗転》は自分フィールド幻竜族モンスターと相手フィールドのカード2枚を対象にとって発動し、対象としたカードを破壊するカードなんですが、《承影》は破壊される際に自分の墓地のカードを身代わり除外出来るので、それをトリガーとして③効果を発動する事が出来てしまうんですね。

本来なら2:2交換するはずの除去札が、何故か1:4交換(場2枚破壊&場・墓地1枚ずつ除外)になる不思議。うーむ、どう考えても理不尽すぎる……(;^ω^)

フルール・ド・バロネスは戦友兼ライバル!

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/戦士族/攻3000/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):お互いのスタンバイフェイズに、自分の墓地のレベル9以下のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターを特殊召喚する。

比較対象として挙がってくる筆頭は間違いなく《フルール・ド・バロネス》なんですが、あの強者と比較しても全く見劣りしないレベルなのマジで凄い!

まぁ、どうせ両方とも採用するだろうし、ライバルというよりは戦友といった方が正しいかも?

相剣を出張として使うのもアリでしょう

実は「相剣」ってメイン・エクストラ含め汎用カードだらけなので、展開の基盤として「相剣」を採用したシンクロデッキとかも全然いけそうなんですよね。ただ、闇雲に出張しただけではやっぱり事故るので、そこは入念な調整と構築が要求される所ではあると思います。

個人的には「相剣」を採用したリゾネーターとか考えているんですが、どれくらい「相剣」を混ぜるかでちょっと迷ってる段階です……(;^ω^)

+2

コメント

  1. 相剣罠は効果処理時には場にあるから、身代わりとして除外はできないと思うんですがどうでしょう。読み飛ばしてたらゴメンナサイ

    0
    • 相剣暗転を身代わりとして除外するのではなく、墓地の好きなカードを身代わりとして除外、その除外をトリガーに効果を発動。
      とゆう事かと。

      +5
  2. 隠れ壊れカードラグナ・ゼロ復権の時…!
    けなされ続けたラグナインフィニティとの相性もかなり良いから実質メラグ強化!守備で逃げられないことと、除外のトリガーが凄くいい。クイックカオスで3除去1ドロー+おまけバーンできたらアヘアヘしちゃいそう

    +2
タイトルとURLをコピーしました