【高橋和希先生新連載『THE COMIQ』第3話感想】ハロウィン殺人事件の裏側・動画と花火に隠されし真実

《約束のネバーランドの表紙が目印です》

第四王子のヤバさも気になりますが、管理人はとりあえず『THE COMIQ』から。

開幕からハロウィン殺人事件の裏側が明らかに。やっぱり事件の真犯人は姫川聖矢っぽい?

……『THE COMIQ』第3話(vol.3)の感想はじまりはじまり☆

※:漫画の内容(一部ネタバレ)が含まれているので、必ず本編を読んでから読むようにしてください。

スポンサーリンク

『THE COMIQ』は週刊少年ジャンプで短期集中連載されています

姫川聖矢が黒であるのは確定?馬場君は自ら現場に工作した?

過去回想から姫川聖矢の犯行がほぼ確定となった訳ですが、あの状態で何故馬場君は姫川の指示に従ってハロウィンのシンボルマークを描いたのでしょうか?

師弟と言えど、流石に殺人事件の犯人をかばう義理はないですし、何かまだ明らかになっていない裏がありそうです。

恐らく何かしらの弱みを握られているんだと思いますけど…(財閥絡みって事はやっぱりお金かな?)。

ついにフリコは羽根で空を飛びだした!

打ち切り間際の漫画によくある路線変更を打ち出したかと思いきや、魔法少女ものになってから人気もちょっぴり上昇。新カットではついに羽根をはやして空をとびだしちゃった!

かなり大胆な路線変更である事は間違いありませんが、坂巻の原稿を見ると、依然よりも格段に上手くなっているんですよね。

この変化を表現する為に「恋するペンデュラム」第一話はわざとデッサンを崩して描いていたんですなぁ…。

馬場君との背景の調和も向上しているし、二人が肩を並べて漫画を描く姿への期待が更に高まりました。

実力行使に出るであろう姫川。敏腕メイド2人が気になる。

「私の頭脳と権力の恐ろしさをとくと味あわせてやる…!!」とイキリまくってた姫川の行動も気になる所ですが、それ以上に気になるのが敏腕そうな二人のメイドです。

…いや、本当にメイドなのか?片方は明らかにメイドの恰好はしていない…!?

引きの絵が多いので判断が少し難しいですが、恐らく二人とも美人!

漫画に記されしメッセージから姫川のアリバイを崩す!

馬場君の背景をヒントに、姫川のアリバイとなった動画に隠された秘密を突き止めた坂巻。

確実に事件の真相へと近づきつつある坂巻ですが、そろそろ姫川の反撃が怖い。

来週号は、姫川の頭脳と権力の恐ろしさが如何なるものなのかに注目です。

コメント

  1. 坂巻(CV:小野賢章)
    坂巻の妹(CV:小松未可子)
    姫川(CV:遊佐浩二)

    遊戯王の声優縛りで脳内再生したらこんなイメージです。今更ですが
    担当さんと刑事さんは微妙に浮かびませんでした……

    • 個人的に刑事は茶風林さんのイメージです。遊戯王縛りとなるとちょっと難しいですね。

  2. 表紙はネバランより2年ぶり復活のワールドトリガーに目がいきます。
    姫川の犯罪と馬場の声が出せない理由がどう繋がるかも見所になりそうです。
    てかこの主人公はなぜこんなに頭よくて推理力か洞察力高いのに警察や弁護士にならなかったのだろう?あと推理しながら恋愛ものから魔法少女ものでランキングも伸びる才能の塊ですね。

    • 元から声が出せないのか…事件がもとで出せなくなったのか?
      坂巻くん、地味だけどやっぱりジャンプの主人公ですよね。

  3. ついに復活した葦原先生のワールドトリガーに鬼滅、ハンター×ハンター、高橋和希先生の短編……こんな自分的に贅沢なジャンプは久しぶり
    THE COMIQのアリバイを突き崩していく感じに背景の広がりが読んでてワクワクします

    • ジャンプ濃いですよねぇ~
      読むところ多くて嬉しい!

  4. 前のコメントにもあったけど坂巻のあの女の子はマジでocg化しそう

    • ありそうですよねぇ

タイトルとURLをコピーしました