【アークファイブアニメ147話感想】融合・シンクロ・エクシーズ3体のヘルアーマゲドン!

公開日: : 遊戯王アークⅤアニメ感想

『遊戯王ARC-V』146話より画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

ジャック戦が二週に渡って放送されるのかと思いきや、想像以上にあっさり終了。

権ちゃん、黒咲さんと最終進化形態が続々と登場していただけに、ジャックに何もなかったのは少し残念でした。まぁ、これまで十分優遇されてきたので多くは望むまい…。

そんなこんなで、ラストデュエルは遊矢vs零児さん

零羅の笑顔(ズァークの悪の心を浄化)と遊矢のプロ昇進を賭けたデュエル。
特別な存在ではあるけど、あくまで一個人である遊矢のプロと世界平和が同時に語られるのが何となく違和感…別にプロ昇進試験にする必要はなかったんじゃぁ…(まぁいいかw)

SPONSORED LINK

今週の注目カード

DDD超死偉王シリーズ(パープリッシュ・ホワイテスト・ダークネス)

遊戯王ARC-V』公式HP「超熱血!デュエル塾」より画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

零児さんの隠し弾「DDD超死偉王」シリーズ!!

ペンデュラム融合の《DDD超死偉王パ―プリッシュ・ヘル・アーマゲドン》
ペンデュラムシンクロの《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》
ペンデュラムエクシーズの《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》

遊矢と最初に対峙した時に使用した3体CEOがパワーアップして再登場ってのは中々に熱い。それにしても、パープル・ホワイト・ブラック企業か…(管理人はホワイトが良いです(´・ω・`))

残念ながら効果はまだ未判明なので、これらを召喚する為に使用したカードに本日は注目です。

DDDフュージョン

遊戯王ARC-V』公式HP「超熱血!デュエル塾」より画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

魔法カード
①:自分の手札・フィールドから「DDD」融合モンスターによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果を適用し、「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」を正規の融合素材として融合召喚する場合、このカードは、融合モンスターによって決められた融合素材モンスター1体の代わりにできる。

次元の裂け目大活躍の巻!

「DDD」専用の融合魔法としても運用できますが、「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」関連の融合となるといつも以上に張り切っちゃうのが今回の3枚の特徴です。

《DDDフュージョン》は融合素材代用が出来ちゃうのだ…スゲー便利じゃん。

DDDシンクロ

遊戯王ARC-V』公式HP「超熱血!デュエル塾」より画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

魔法カード
①:「DDD」シンクロモンスターをシンクロ融合する場合、自分の手札・フィールドのモンスターをS素材として墓地へ送ってシンクロ召喚できる。この効果を適用し、「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」をS素材としてシンクロ召喚する場合、このカードをレベル2の「DD」チューナーとして扱う事ができる。

手札・フィールドからだと!?

《DDDシンクロ》は「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」をS素材にするならばレベル2「DD」チューナーになってくれます。裂け目から出てくるシンクロのラインがカッコイイ…

DDDエクシーズ

遊戯王ARC-V』公式HP「超熱血!デュエル塾」より画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

魔法カード
①:自分のエクストラデッキ・墓地の表側表示の「DDD」ペンデュラムモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚師、そのモンスターの実を素材としてエクシーズ召喚する。この効果を適用し、「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」を素材としてX召喚する場合、そのX召喚に必要な素材を1体少なくできる。

エクストラ・墓地から「DDD」Pを特殊召喚してエクシーズ!

今回の3枚の中でもこれが一番強烈な効果ですね。

これ、ペンデュラムモンスター限定ではありますが、実質「DDD」の《高等紋章術》じゃん!!
しかも任意の数だけってスゲーな…「DDD死偉王ヘル・アーマゲドン」関連のエクシーズなら素材を1体少なくできます。

「私を笑わせてみろ」の破壊力よ…

お互いにモンスターを並べあって終了って感じだったので、特にストーリーに関して語る事も無いのですが…

零児さんの「私を笑わせてみろ」って台詞が管理人の笑いのツボにクリティカルヒット。(何て破壊力の高い台詞なんだ…好き)

来週は遊矢側が「スターヴ+オッP」「クリアウィング+ダークリベリオン」の合体モンスターを登場させるようですね。予告だと遊矢シリーズの面々のセリフもあったので、漫画版方式みたいに内なる人格として目覚めるのかな?

零羅ちゃんも今週は泣いてたけど来週はニッコリ笑えて終われれば良いなぁ~(あと柚子シリーズがどうなるのかにも注目です。)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    クリアウィングとダークリベリオンの合体と思われるモンスターが凄くメカメカしくて素敵だと思いました。

    「DDDシンクロ」の効果説明の①の効果の「シンクロ召喚する場合、」となる部分が「シンクロ融合する場合」になってます。

    「DDDエクシーズ」の効果説明の①の効果の「効果を無効にして特殊召喚し、」となる部分が「効果を無効にして特殊召喚師、」となっていました。

    細かい指摘で申し訳ありません。

  2. 匿名 より:

    覇王白龍デザインかっこよすぎ早く欲しい。

  3. ヴァンガード より:

    漫画みたいに人格目覚めるってもう来週で終わりなんですけど・・・
    来週は返しの遊矢のターンでドラゴンとDDDが効果の応酬で零羅笑顔になって終わりでしょうね

  4. カフェイン より:

    こんなヤケクソ染みたDDDサポ出したりミス連打する位ならジャッワ戦の尺を
    社長戦に割くべきだったんや・・・久しぶりに決闘口上入れたのに社長側は
    モンスターと共に地を蹴り宙を舞わず棒立ちのままAカード使わないという。
    ジャッワを見習って取りに行かないの社長?ランサーズの武器じゃなかったの?

  5. RUMロマンス より:

    4竜を束ねて、ズァークじゃないモンスターでもでないかな。それとも、とどめはオッドアイズで?有りうるな…。

  6. 匿名 より:

    ダークリベリオンとの合体だったら、オッドアイズとシンクロしてシンクロPしてくれよ…
    レモンの12シンクロ出ないし、ユーゴと会話してないのに仲間入りしてるしシンクロ不遇だ:(;゙゚’ω゚’):

  7. グラジオール より:

    予告のクリアウィングとダベリの合体モンスターは格好いいけど、オリジナルで良いからオッPとクリアウィングのシンクロP覇王白竜モンスターを出してほしいな

  8. 匿名 より:

    ホワイト企業を名乗りながら上級アレクサンダーと同じレベルってかなりブラックなのでは?
    …欲しいなぁ~。

  9. 匿名 より:

    まじであのざまで終わるんかいwww
    雑破さん帰ってきてー

  10. 匿名 より:

    今回出た強烈なご都合サポートは兎も角として超死偉王がシンクロ、融合にもいたのはDD使いとしては嬉しい誤算、只新ルール対応の為にも今回の魔法カードほど強力でなくて良いのでモンスター以外の新規ください。出来れば~の契約書って名前で・・・
    特に現状出しにくいエクシーズをサポートしてくれるカードだと嬉しい

  11.   より:

    CEOがデッキから全部抜けて久しいからこれ等のサポート魔法は是非OCG化して欲しい
    どうせリンク召喚ぶっ壊れるのにここでDDのサポート変な弱体化とか本当に止めてくれ…

  12. 匿名 より:

    和樹・・・?

コメントを残す

【裏サイバー新規《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》来る!】キール・エッジ・ホーン以外の新規モンスターも!?

ゆ、油断してたら何かキターーーーーー 6月3日発売『デュ

【新時代(リンク)の便利枠《ドットスケーパー》効果考察】コイツは絶対に強い!!

最新ストラクチャーデッキ『サイバース・リンク』に収録されるカー

【ストラクチャーデッキ「サイバース・リンク」オススメ収録カードリスト】リンク召喚本格始動!!

本記事は、2017/6/17日発売の最新ストラクチャーデッキ「

【トリックスターデッキと相性の良いカード考察】オネストの強さが際立つぜ・・・

「トリックスター」の強さを語る為には、それをサポートする出張札

【DDD超偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドンの効果を考える】相手フィールドにPモンスターがいない場合は!?

公式のyoutubeチャンネルで本日公開された「遊戯王リーグ」

【200ダメージ痛いです「トリックスター」カード・デッキ考察】マンジュシカの恐怖!!

今更ながらですが、先日「トリックスター」と初対戦したのでその感

【本日はマスターガイド5の発売日】OCGカードストーリーは15ページの大ボリュームです

本日はカードストーリーファン待望の『マスターガイド5』の発売日

【梶木デッキ胎動】城塞クジラを軸とした潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)が面白強い

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』にて収録され

→もっと見る

PAGE TOP ↑