《ファイアウォール・X・ドラゴン》効果考察:FWDの穴はトポロジックで埋める!いざ、脳筋へ!

公開日: : 最終更新日:2018/12/17 モンスター(リンク)

1月改訂で禁止になる《ファイアウォール・ドラゴン》と、1月パック(ダーク・ネオストーム)で登場する《ファイアウォール・X・ドラゴン》。

「代用が来るからお役御免になった」という意見もあるようですが、効果を見る限り、この二枚は併用される事を前提として考えられていた存在に見えます。

逝く者と来る者、2体の「ファイアウォール」に注目です。

SPONSORED LINK

ファイアウォール・X・ドラゴン(エクシード・ドラゴン)

《ファイアウォール・X・ドラゴン》 †
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2体以上
(1):X召喚したこのカードの攻撃力は、このカードとリンク状態になっているリンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

最大攻撃力は8500!期待値は4500の脳筋具合!


▲最近の主人公エースは脳筋っすなぁ

《ファイアウォール・X・ドラゴン》をEXモンスターゾーン下のメインモンスターゾーンに展開し、その周囲にイイ感じにリンク状態になるようにリンク4モンスターを展開した際の最大攻撃力は8500!

…正直そんな状況はほぼほぼ無いので、攻撃力期待値は⓶効果を絡めた際の4500って所でしょうけど、それでもランク4エクシーズ1体から飛び出す打点としては強力な部類だと思います。

ランク4エクシーズと言えば、脳筋の化身である「ホープ」モンスターや、次ターン以降も継続して打点が高い《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》等の強力なライバルが存在しますが、リンクマーカーを確保しつつ(4500+3000)の打点期待値があるのは結構魅力的に見えます。

勿論、発動後の特殊召喚・ダイレクトアタック不可のデメリットは留意する必要がありますけどね。

※斜め上マーカーを考慮するのを忘れてました。最大攻撃力は8500以上です。

【重要】①効果にサイバース族リンクの指定はない(②効果に関係なく個別で機能する)

遊戯王/第10期/スターターデッキ/ST18-JP045 リンクリボー【パラレル】

⓶効果がリンク4のサイバース族リンク限定な事もあって少し紛らわしいですが、①の打点アップ効果に種族や属性の縛りはありません。

例えば、EXモンスターゾーンに《リンクリボー》がいる状態で《ファイアウォール・X・ドラゴン》をマーカー先に展開した場合でも、攻撃力は①効果で3000にアップします。

比較的お手軽に打点アップできる効果ではあるものの、⓶効果の対象がサイバース族・リンク4に限定されている所がこのカードの絶妙なポイントなんだと思います。

FWDの穴はトポロジックで埋めるしかない!

遊戯王OCG トポロジック・ボマー・ドラゴン ウルトラレア COTD-JP046-UR CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)

《ファイアウォール・ドラゴン》が禁止になる事で、⓶効果に対応するモンスターは以下の2枚(《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》,《トポロジック・ボマー・ドラゴン》)のみとなります。

マーカー的に融通が利きやすい《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》はかなり重要な役割を持ちそうですが、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》も《ファイアウォール・X・ドラゴン》がEXモンスターゾーンにいるなら一応機能しますね。

ただそうなると《トポロジック・ボマー・ドラゴン》側の効果が活かせないのが玉に瑕って感じでしょうか?(相手に逆利用されないとも言えますが…)。

…まぁその内相性の良いカードが出る(リンク4のコードトーカーとか)と思うので、それまでは「トポロジック」2種に頑張ってもらうしか無さそうですね。

⓶効果で蘇生可能なサイバース族リンク
  • 《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》(上/左/右/下)
  • 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》(上/左下/下/右下)

活かす為の下準備はそれなりに必要なカード

相性の良いカードの登場・事前の準備・リンク&ランク4が得意等々の課題こそあるものの、ある程度の攻防の後に、最大級のパワーが満を持して登場するという流れにはエース然とした魅力を感じます。

純粋にイラストもカッコイイですし、是非とも使いこなしたい一枚です。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ DARK NEOSTORM BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-01-12)
売り上げランキング: 38
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    エクストラリンクしてから真ん中のリンクモンスターをどかしてリンク4四体とリンクするようにファイアウォール・Xを出せば最大攻撃力は10500….。

  2. 波音 より:

    FWDは使えたから〇だけど、使えなくなったからFWXDは✖になってるって友人が上手いこと言ってた。

  3. ネテルヒトー より:

    この効果だとアニメの場合FWDを必ず使う必要があるけど禁止カードを使うのってどうなの?

  4. 匿名 より:

    スーレアかウルで新リンク4来るんだろ

  5. 匿名 より:

    リンク4のコード・トーカー来てください

  6. トポロジック・ボマーのバーン効果はダイレクト不可のデメリットと噛み合ってますね。
    とはいえ、何かしらリンクモンスターのリンク先にssされると自身諸共破壊してしまいますが…

  7. 匿名 より:

    相手のカードも含めれば、最大6体とリンク状態になるかな

  8. 通りすがり より:

    現カードプールでの理論上の最大攻撃力は、11×2×500+2500の13500ですね
    上持ちのリンク4モンスター、オーケストリオン、マズルフラッシュをリンクする様にお互いの場に出した場合に成立します
    マズルフラッシュに制約があるので、先にEXゾーンにfwxdを出したのちにメインゾーンに出して成立させる必要があります
    右上持ちのリンク4はオーケストリオンのみ、左上持ちのリンク4が居ない+左上持ちのリンク3がマズルフラッシュのみなのでこれ以外は恐らく不可能かと思われます

  9. 匿名 より:

    サイドのお供に、エレキネシスが流行る環境が来ないで欲しい。六武衆も軍大将がメインに動かされると展開厳しいしインヴォーカーとフェニックスブレード逝ったから辛い。

  10. 匿名 より:

    ①の効果にサイバース指定無しっていう例にサイバース族のリンクリボー挙げたら意味なくないですか??

    • 破れたトゥーン より:

      サイバースの指定無しではなく
      2の効果の「リンク4」のサイバースの指定 とは関係ないですよってことなのでリンクリボーでも問題ないですね

      • 匿名 より:

        「サイバース族リンクの指定はない」を「サイバースである必要がない」と捉えられるからリンクリだとややこしいということでは?

    • cast より:

      確かにこれは見出しがちょっと分かり難かったです
      ちょっと書き方を変えてみます(*’ω’*)

  11. 匿名 より:

    今までもそれぞれの召喚法のエースカードをサポートするリンク(みんなリンク2だけど)来てたから、新規でエクシーズサポートのリンク4サイバースの同時収録に期待してしまう。

  12. 匿名 より:

    そういえば今回は他のモンスターを守る効果と破壊されたらサーチする効果ついてないですね

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【ランク8エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】フェルグラ・タキオン・プライムフォトン・サイファーなど【ディンギルス追記】

苦労してエクシーズする程のモンスターがいないよね! 効果は割と強

【ランク7エクシーズ一覧から選ぶオススメカード】ダーク・アンセリオン,ビッグアイ,ギャラクシー・トマホーク

征竜のおもちゃと呼ばれた時代も確かに存在した… しかし、それもこ

『20thシークレットレア SPECIAL PACK』俺的当たりカード投票:アナタが一番欲しい20thシクはどのカード?

2月9日(土)から開催される『20thシークレットレア SPECI

【DBIC】『インフィニティ・チェイサーズ』収録カードまとめ:「呪眼」「ウィッチクラフト」「無限起動」の新テーマ三本立て!

▲呪眼(じゅがん)厨二病過ぎるッ! 『デッキビルドパック インフ

【強い汎用リンク4モンスター】一覧から選ぶオススメカード《アストラム》《アンブロエール》追記

《ファイアウォール》は禁止になっちゃったけど、他にも強力なリン

【魔妖デッキ新規カード使用雑感・考察】雪娘と魔妖壊劫は良カード!そろそろ完成させたい(願望)

【D-HERO】が一段落付いたので、お次は【魔妖(まやかし)】

【フュージョン・デステニー採用「D-HERO」デッキレシピ】融合とリンクのコラボレーション!運命の力で未来を切り開く!

『ダーク・ネオストーム』に収録された新規カードを軸にしたNew

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第85話感想】ブルーメイデンまさかの新テーマ?偽りの中で生まれる偽りなきもの

勝算無き勝負に駆り出される事となったハルは、無意識にボーマンの元へ

→もっと見る

PAGE TOP ↑