【エレメントセイバー・アイナの効果に要注意】召喚条件無視でも「霊神」の蘇生制限は満たさないとダメ!召喚条件無視では蘇生制限は無視できない!

公開日: : モンスターカード

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録される新テーマ「エレメントセイバー」モンスターの未判明ゾーンがいつの間にやら公開されていました。

未判明だったのは、地属性の《アイナ》、水属性の《ナル》、闇属性の《モーレフ》の三体。

全員集合バージョンの記事は現在作成中ですが、とりあえず話題になりそうな《エレメントセイバー・アイナ》の効果について解説しておきます。これ間違う人多そう…(;^ω^)

SPONSORED LINK

エレメントセイバーアイナ

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻900/守1800
①:1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の、「エレメントセイバー・アイナ」以外の「エレメントセイバー」モンスターまたは「霊神」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。
⓶:このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。

ソース:遊戯王OCG公式ツイッター

効果 墓地の「エレメントセイバー・アイナ」以外の「エレメントセイバー」モンスターor「霊神」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する効果。
これを見て、「めちゃくちゃヤバイ効果じゃねーか」と錯覚した人も多いのではないでしょうか?
その為に個別で記事を書きました(まる)。
汎用性 好きな属性に変化できる共通効果はいろんな属性参照カードをサポートできるので汎用性も十分です。ただ、①で「エレメントセイバー」をコスト要求されていることを考えると「エレメンタルセイバー」+「属性参照系カード」で組み上げるのが安定するとは思います。

召喚条件無視では蘇生制限は無視できない!

遊戯王/第6期/3弾/CRMS-JP053 Re-BUSTER

これは《Re-BUSTER(リバスター)》が最良のお手本になるッ(確信)。

召喚条件を無視してとあるので、《エレメントセイバー・アイナ》の効果を使えば、なんの問題もなく墓地から「霊神」モンスターを特殊召喚できそうな感じに見えなくもないです。…が、これはNOです。

【召喚条件】を無視するとあると【蘇生制限】も何となく無視出来てしまいそうですが、【召喚条件を無視する】では【蘇生制限】を無視する事はできません。

《エレメントセイバー・アイナ》の効果は、《Re-BUSTER》同様、一度正規の手順で特殊召喚した「霊神」が墓地に行った後であれば蘇生できる効果ですね。

墓地肥やしなどで雑に送った「霊神」をいきなりPON出しできる効果ではないので要注意です。

「/バスター」使いは思わずニンマリしてしまう案件でしたね…(*´ω`)

しかし、《エレメントセイバー・アイナ》自体はかなり強いカード

遊戯王OCG 地霊神グランソイル スーパーレア REDU-JP038-SR リターン・オブ・ザ・デュエリスト

ソイル「正規の手順で出した後でよろしくね!」

「なーんだ、「霊神」PON出しできないならそうでもないなぁ~」と感じる人もいるかもしれませんが、それでも《エレメントセイバー・アイナ》の強さが色あせる訳ではありません。

この蘇生効果は、特殊召喚する為に墓地に送った属性モンスターで効果が変化する《エレメントセイバー・ウィラード》とのシナジーが強く、地属性(戦闘破壊耐性)+(効果破壊耐性or対象にとれない)を選択しやすくなるのでかなり強いと思いはずです。

しかもこの効果、名称ターン1がついていない(何やらやばい感じがします…)。

エレメントセイバー全員集合記事で更に詳しく

水属性の《ナル》、闇属性の《モーレフ》の効果も判明したので、すべての「エレメントセイバー」をまとめた記事をただいま作成中です。

とりあえず《アイナ》だけは間違いが発生しそうなカードだったので先回りって感じですね(^_-)-☆

別にどうでも良い事なんですけど、「エレメントセイバー」って書こうとすると、「エレメンタルセイバー」って打ち込んじゃうんですよね…管理人だけだろうか?

遊戯王OCG デュエルモンスターズ FLAMES OF DESTRUCTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-01-13)
売り上げランキング: 236
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. huyu より:

    まさか霊神を蘇生できるとは
    手札コストが必要、低レベル戦士がいるのでイゾルデさんは必須かも…

    • cast より:

      かなり相性は良さそうですね。いろいろできるテーマなので構築を考えるのが楽しそう。

  2. 匿名 より:

    矛盾してる。古代の機械究極巨人はは蘇生制限無視して古代の機械巨人蘇生できる裁定だぞ。

    • cast より:

      機械巨人は特殊召喚ができないモンスターではありますが、蘇生制限はないという裁定だったはずです。
      《合神竜ティマイオス》と三騎士という例外もあるんですけどね…。

    • 匿名 より:

      「古代の機械巨人」は「このカードは特殊召喚できない」という制約があるだけ
      なので特殊召喚モンスターでもなく蘇生制限があるわけでもない
      「このカードは通常召喚できない。~で特殊召喚できる」とあるのが特殊召喚モンスター

      蘇生制限の唯一の例外は合神竜ティマイオスのみ(あれは完全なテキストミス)

  3. 匿名 より:

    特殊召喚モンスターで検索すれば大体わかりますよー

  4. 匿名 より:

    そもそもエレメントセイバーなら霊神簡単に出せるから蘇生はかなり強いと思う。
    絶対ターン1つけるべきだった。

  5. ν より:

    効果なんざぁドーでもイーんだよ!イラストだけで組みたくなったわ!ロリコンじゃないけどな!

  6. 匿名 より:

    エレメントセイバー・ナルは光属性ではなくて水属性ではないですか?

  7. 匿名 より:

    最初はスルーしようかなと思ってたけど、属性変更効果がちょっと考えただけでも色々出来て興味出てきたかもしれない…。
    芝刈りで一気に落として光と闇のカオスフィールドを駆け抜けたい(願望)

  8. 匿名 より:

    霊神って強いのかなー
    破壊された時のデメリットは重複しないからテーマで組めばあんまり関係ないのかな?

    • cast より:

      フィールド魔法への依存の高さをクリアしてムーランが安定機能するようなら強いんじゃないかと思います。後は残りの未判明カード次第じゃないでしょうか?

  9. ここの より:

    レベル2の戦士族。。。トゥルースリインフォースの出番だね

  10. 匿名 より:

    未判明ぶん次第では真竜並みの壊れに…いやないか

  11. 匿名 より:

    すごいポテンシャルですね……BPスキップのデメリットを解消するならグランソイルからのランク8くらいしか思いつかないけど他にいい手ないかなあ
    エレメントセイバーはできることが多い分基本構築みたいなのが存在しない気もするので、EXになにを入れるか含めて考察してもらえると助かります

  12. 原子番号19番 より:

    ライトレイダイダロスなんか良さげですねー
    色々なデッキタイプができそうで良テーマな予感

  13. 原子番号19番 より:

    あとは召喚獣なんかもよさげですかねエクストラ依存しないし

  14. […] 関連記事: 【エレメントセイバー・アイナの効果に要注意】召喚条件無視でも「霊神」の蘇生制限は満たさないとダメ!召喚条件無視では蘇生制限は無視できない! […]

コメントを残す

【公式が《レボリューション・ファルコン》をプッシュ中】これは再録情報か?新規の登場か?

どうも、「RR(レイドラプターズ)」と黒咲さんが大好きな管理人

【トポロジック・トゥリスバエナ面白活用法】単純に魔法・罠を除外するだけじゃない!良き力の使い方!

普通に使うだけでも超強い《トポロジック・トゥリスバエナ》を、も

【急き兎馬の使い方・効果考察】シンクロ・エクシーズ・リンクの補助に役立つレベル5の特殊召喚モンスター!【赤兎馬】

かの「三国志」で有名な武将「呂布」の愛馬と言われた「赤兎」のよ

【悪デッキウィルス《闇黒の魔王ディアボロス》カッコイイ!】管理人待望の「悪魔城」も…?

  『悪魔城ドラキュラ』大好きっ子の管理人は、

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード「トロイメア」モンスターなどを追記しました

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【汎用性が高く強いリンク3モンスター】一覧から選ぶオススメカード《トポロジック・トゥリスバエナ》など追記

マーカーの確保と戦線維持を同時に担うリンクモンスター界の花形 素

【トランスファミリア:効果・ストーリー考察】ライズベルト&セームベル物語の黒幕は黒猫!?

この記事は、《召喚師ライズベルト》から始まる一連のストーリーに

【レアコレ2再録カードの噂】うららやティマイオスの眼のカードテキストが密かに変わっている?

確証がある訳でもないゴシップ情報なので扱うかどうか少し迷いまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑