【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

公開日: : モンスターカード

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安いカードが存在します。

いや、あれもこれもやたら安い気がするけど…

それは大体「SPYRAL(スパイラル)」ショックによって新しいテーマやカードが活性化しにくい状況が出来上がってしまってるからだと思われるのでとりあえず置いておくとして。

そんな中でも一際安すぎると感じるカードがあるんですよ!

そう、メタビデッキの新星と言われている《インスペクト・ボーダー》君ですよ!!

あのカード…強いのに安すぎじゃない!?

SPONSORED LINK

インスペクト・ボーダー

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻2000/守2000
自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。
一口メモ
属性・種族・レベル等 星4/光属性/機械族/攻2000/守2000

全てのステータスが高水準と言って問題ありません。星4モンスターで攻守合計4000ってトンデモないモンスターですよ。

召喚に関する制約について 自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚ができない。

自分のフィールドに既にモンスターがいると召喚・特殊召喚の一切が出来ないというのはかなり重い制約と言えます。…が、先にこのモンスターを展開してしまえば問題ないので如何様にもケアする事は出来るはず。あと、召喚・特殊召喚は出来ませんが、セットする事は出来るので覚えておくとお得です。

イラスト スピードデュエルを彷彿とさせる素敵なイラスト

好みは勿論あるでしょうけど白、黒、赤と「もしもしポリスメン?」をイメージさせるカラーリングと疾走感が抜群のイラストです。ショップでシークレットを見たらかなり格好良かったのでシクで3枚揃えようかと画策中のカードだったりします。

 

収録:【エクストリーム・フォース】

まずは効果の裁定について見て欲しい

『その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる』モンスター効果が適用されている間、お互いのプレイヤーがそれぞれ発動する事ができるモンスター効果の回数が、お互いのモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスターの種類の数までになります。(儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクのいずれも存在しない場合には、お互いのプレイヤーはモンスター効果を発動する事はできません。(遊戯王カードデータベース《インスペクト・ボーダー》より引用

非常に分かり辛いですが、フィールドに儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクのいずれも存在しない場合には、お互いにモンスター効果を発動する事が出来ないのです!

〈え、マジで!?〉

フィールドに儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクのいずれも存在しない場合は、《威光魔人》と同義なのだ!

とりあえず《インスペクト・ボーダー》を先行で出されたら該当するモンスターが場に出ない限り効果発動出来ないのですじゃ!

しかも別の裁定によると、発動したモンスター効果が《天罰》等で無効になった場合も発動した1回としてカウントされるらしいです。(理解はできるけどほげぇぇぇぇ~って感じ)

発動しない効果には無力だが…それは逆に利点なんじゃないか?

例えば、《ライオウ》のドロー以外の方法でデッキからカードを加えることができない効果は永続効果。《フォッシルダイナ・パキケファロ》のSS不可、《閃光の追放者》の墓地除外も永続効果。

一部引っかかる効果も勿論ありますが、構成要員の大半が全然動けるってのが凄まじいです。

特にSS封じ系の永続効果を持つモンスターと《インスペクト・ボーダー》が並ぶとモンスター効果特化型のデッキは除去をひかない限り動けない可能性すらあります。

ペンデュラムデッキがやや苦手だったりする

効果を挟まず大量特殊召喚が出来る上に素出しで効果1カウントが得られる【ペンデュラムモンスター】は、《インスペクト・ボーダー》の天敵と呼べる存在。

相手がPデッキだった場合はそっとサイドアウトしないといけないレベルかもしれません(笑)

まぁ、これ位の穴はないと流石に行けない気もする…。

効果発動を介さずに特殊召喚するデッキへの採用が注目されているようですよ

Twitter等でも「インフェルノイド」や「SIN」での運用について頻繁に議論されているようで、「インフェルイド」に関しては管理人の近しい友人も既に着手していました。

メタビ専用…みたいな固定概念が少しありましたが、確かにワンキル力の高いSSデッキなら強力な刃になってくれそうです。

でも「SIN」だと《スキルドレイン》と喧嘩しちゃいそうだからどうなんだろうね?

まだ全然注目されていないので、「集めるなら今ッ!」って感じのカードではあります。

ちなみに管理人は、《ダウンビート》や《シトリィ》と一緒にまとめて注文しておきました(チャッカリ)。

Amazon:インスペクト・ボーダー
楽天:インスペクト・ボーダー
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    裁定に笑うカード。
    最初観た時は「書いてある召喚条件のモンスターがいないと効果が発動できないなんてクソカードじゃん(笑)」と思っていたら……
    条件があるとしても召喚条件のモンスターがいないとほぼ完全なモンスター封じになるのがヤバイ

    今後、新しい召喚条件が出てもこのカードの対象外なので逆に強くなる言う変わったカード

    • cast より:

      今後、新しい召喚条件が出てもこのカードの対象外なので逆に強くなる言う変わったカード>あー確かに珍しいタイプですね。

  2. 匿名 より:

    Pデッキと相性が悪いと仰いましたが逆にPデッキで……なんでもありません(相手だけ超展開は泣く)

  3. huyu より:

    ネットワーク型サイバー待望の光機械!
    まあ召喚制限があるので、パルスボムと合わせてメタ型のサイバーとか作ってみようかな

    • cast より:

      機械族って所をうまく活かせば新機軸のデッキが完成するかも? 管理人もハックワームとか使いたいので考えてみようかなぁ~

  4. 匿名 より:

    この効果でこのステータスはちょっとやりすぎ感があるかなと思います
    特にエクストラを利用しないデッキはそれだけでハンデを背負っているのにそこにさらに追い討ちをかけるようなこのカードはあまり歓迎できませんね…

  5. 匿名 より:

    こいつ自体をサーチできないのが問題

  6. などりぃ より:

    ※5
    サイバー流だと一応リペアプラントでサーチできるけどね…
    それにしてもステータス高い…高くない?

  7. 匿名 より:

    ノイドで発売日からメインに3入れて試してますがただただ強いです
    ガネーシャと違って左腕を切ってもうららをケア可能なのが本当に強い
    先行で雑に置いても結構なデッキが苦戦してましたし、今後値上がる筆頭株だと思ってます

  8. 匿名 より:

    結界像に投入してみたら素のステータスもあって思いっきりぶっ刺さりました
    守備も高いので最悪裏守備で壁にできるのも悪くないですね・・・

  9. 匿名 より:

    なるほど…手札誘発をケアできるっていうのはめちゃくちゃに強いですね。何か召喚権の残るデッキあったかな…いれたい

コメントを残す

【ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴンの強さはどう?】対モンスター版《白き霊龍》という印象・ヴェーラーやうさぎをすり抜けろ!

『DP-レジェンドデュエリスト編3』の収録カードの中から、本日は、

【ゴッドオーガス&覇王眷竜スターヴ・ヴェノムによるサイコロ大作戦】最大14枚ドローが可能になる(かもしれない)夢の塊

本日は、《ゴッドオーガス》を嗜む者にとっての常識になりつつあるスー

【デッキから特殊召喚できる汎用性の高いオススメ魔法・罠カード】リクルートカード編《名推理・トランスターンなど》

久々の汎用性の高いオススメ魔法・罠特集は【デッキからの特殊召喚編】

【公式でスリーブ化して欲しいカードイラストの願望を漏らす記事】七皇の剣・レッドアイズ・融合等々

好きなカード・デッキとなると、それを保護するスリーブにも拘りや統一

【ブラック・バード・クローズの効果は理想の形】ブラックフェザー・ドラゴンへの愛を感じる

アニメ放送後の定期ツイートで公開された「BF」新規《ブラック・

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第53話感想】目的の為には手段を選ばない?ブラッド・シェパード強襲!!

カウント3宣言をブラフにして奇襲したり、AIに嘘情報を喋らせたりと

【デュエリストパックレジェンドデュエリスト編3・収録カードリストまとめ】手札からカウンター罠《ブラック・バード・クローズ》公開

本記事は、6月9日発売『DP-レジェンドデュエリスト編3』の収録カ

【フォトンチェンジでカイト再登場】やたらカードに出たがる兄さんは嫌いだ…(俺は好きだ)【新規フォトン&ギャラクシー特集】

遊戯王カードには、デュエリストご本人がOCG化する事が度々あります

→もっと見る

PAGE TOP ↑