【ブラマジデッキ】《魂の造形家》使用感:幻想の見習い魔導師をサーチするのに便利です

公開日: : モンスターカード

BMデッキに《魂の造形家》を採用して遊んでみたので、その感想を少々。

同タイミングで《天威龍ヴィジュダ》もテストしてみましたが、今回は特に好感触だった《魂の造形家/スピリット・スカルプター》についてご紹介します。

召喚権は使うけど…やっぱり《幻想の見習い魔導師》をサーチ出来るのは便利ですね!

SPONSORED LINK

魂の造形家をブラマジで使用した感想

《魂の造形家/スピリット・スカルプター》 
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。元々の攻撃力と元々の守備力の合計が、リリースしたモンスターと同じとなるモンスター1体をデッキから手札に加える。

幻想の見習い魔導師をサーチ可能です

攻守合計3700である《幻想の見習い魔導師》は、《魂の造形家》の効果で単独サーチが可能なモンスターです。

《魂の造形家》に召喚権を使ってしまったとしても、サーチした《幻想の見習い魔導師》はセルフSSに対応しているので安心。

唯一《マジシャンズ・ロッド》とのバッティングが気がかりですが、これに関しても召喚権枠6枠前後なら全然許容範囲だと思います。

手札状況に応じて《マジシャンズ・ロッド》と使い分ける

《幻想の見習い魔導師》をサーチする理由は色々ありますが、一番大事なのは《ブラック・マジシャン》を手札に引き込む事にあります。

《マジシャンズ・ロッド》召喚、サーチからの《イリュージョン・マジック》と言ったルートもある為、同時に来た時は状況に応じて使い分ける形になります。

そもそも《幻想の見習い魔導師》が手札に来てるならわざわざ《魂の造形家》の効果を使うまでもないですしね!

腐った場合は《幻想の見習い魔導師》のコストにしましょ

手札で腐った場合は《幻想の見習い魔導師》のコストにしちゃいましょ!

エクストラ次第では《超魔導剣士-ブラック・パラディン》や《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》のコストにするのも良いですね。

想像よりもずっと好感触でした

こういう混ぜ物をする場合、「悪くないけど無くても問題ないな…」ってのがお約束なんですが、今回に限っては想像していたよりもずっと好感触でした。

bmにおいては雑にさしても機能するカードなので、気になる人は一度お試しくださいまし!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    いいカードなんだけどね……見た目がね……うん

  2. 匿名 より:

    おっさんの魂=見習い魔導師ちゃんの魂だった…?

  3. 匿名 より:

    これを言うのもなんだけどルドラの方が早くない?

  4. 匿名 より:

    いいカードだと思うけど墓穴の指名者がなぁ

コメントを残す

【キャラクタースリーブ ケロロ軍曹・発売予約情報】ケロロ軍曹20周年って凄いな!ギロロ可愛いよね【サプライの軌跡】

ケロロ軍曹20周年おめでとうございます! そうかぁ…ケロ

【対壊獣用決戦兵器メカサンダー・キングについて】「壊獣」への対抗策だけど、本当に必要?【ジェネレイドタイム】

【メカドゴラン】に続く”対壊獣決戦兵器”が遂に登場! レベル

【エクストラパック2019収録カードリスト・効果まとめ】対壊獣用決戦兵器メカサンダー・キングの収録が決定!

9月14日発売『エクストラパック2019』の収録カード情報をまとめ

《御影志士》持ってない人は買っておこうね!隕石サーチ出来るのはでかいぞい!【Nibiru, the Primal Being・御影志士は虎眼流】

隕石こと、《Nibiru, the Primal Being》サー

【仮面ライダーシリーズカードスリーブ発売予約情報】ドライブ,ゴースト,ビルド,エグゼイド【サプライの軌跡】

今後数ヵ月の間に発売が予定されている「仮面ライダー」シリーズの

【極星霊アルヴィースの動きを考える】極星天グルヴェイグで除外すると2枚で耐性・保険付きの極神モンスターを展開できる!

《極星霊アルヴィース》の動きイマイチイメージできなかったので、自分

【隕石(Nibiru, The Primal Being)対策を考える】対抗策を用意するか?そもそも諦めるか?【アザトート,抹殺の指名者が有力か?】

『エクストラパック2019』への収録が噂されている《Nibiru,

【Danger】「未界域」の影響で《終わりの始まり》に注目集まる!全て闇属性だから確かに相性は良いけど、重ね引きすると腐るみたい

「未界域」(Danger!)の影響で《終わりの始まり》に注目が集ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑