《トポロジック・ゼロヴォロス》を《サイキック・ブロッカー》で宣言しても効果外テキストは無視できません!

公開日: : 【なぜなに遊戯王】


▲今はもうプレイという記述が無いカード

《トポロジック・ゼロヴォロス》と《サイキック・ブロッカー》にまつわる野望と疑問。

《サイキック・ブロッカー》で適用不可に出来るのは「この効果は無効化されない。」テキストを持つ効果…効果外テキストは適用不可状態にはならないので注意です。

SPONSORED LINK

トポロジック・ゼロヴォロスでEXリンクするという野望

効果・リンクモンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左上/左下/右上/右下】
効果モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。
①:このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。フィールドのカードを全て除外する。
③:このカードが自身の効果で除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに発動する。除外されているこのカードを特殊召喚する。

 

《トポロジック・ゼロヴォロス》が持つ「自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。」という効果外テキストを、《サイキック・ブロッカー》によるプレイ封じで無効化したいという野望や疑問が当サイトのコメント欄にも届いていました。

《サイキック・ブロッカー》に関しては以前少し記事でも触れましたが、このカードが持つ”プレイ”というテキストは非常に分かりにくいことで有名ですよね。でもこの難解さを正確に解説・理解できている人は稀だと思います(管理人もwiki見ないと記事にはできないw)。

併用する機会はそこまで多くないと思いますが、念の為に覚えておきましょう!

プレイに該当する行為

《サイキック・ブロッカー/Psi-Blocker》 
効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1200/守 300
1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動する。次の相手ターン終了時まで、お互いに宣言されたカードをプレイする事はできない。

 

「カードのプレイ」とは以下の行動を指す
  • 魔法・罠カードの発動、手札やデッキからのセット、魔法・罠の効果の発動や適用。
  • モンスターの通常召喚、特殊召喚モンスターの条件による特殊召喚、モンスター効果の発動、モンスターを融合素材/シンクロ素材/エクシーズ素材/リンク素材にする、攻撃宣言、表示形式の変更。
  • ペンデュラムモンスターの魔法カードとしての発動。また、ペンデュラム効果の発動や適用。
  • プレイを禁止されたモンスターをほかのカードの効果で特殊召喚する事はできない。
  • 融合モンスターや儀式モンスターのプレイが禁止された場合、その融合召喚および儀式召喚はプレイする扱いとなるため行えない。
  • プレイを禁止されたカードをコストとして墓地へ送る事、リリースする事はプレイにはあたらない。
  • プレイを禁止されたカードをほかのカードの対象にする事、ほかのカードの効果を適用することはプレイには当たらない。
  • 効果テキストに記載されたモンスター効果以外のテキストを適用することはプレイにはあたらない。
  • プレイを禁止された攻撃表示のモンスターが相手に攻撃された場合、ダメージ計算は通常通り行われ、相手モンスターの攻撃力が自分のモンスターより低ければ、相手モンスターを戦闘で破壊できる。

引用:遊戯王OCG パーフェクトルールブック2017

 

今回の例だと赤字の部分が効果外テキストである「自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。」を無視できない事を表しています。

効果外テキストを適用不可に出来ると勘違いしてしまう人が多いのは、「この効果は無効化されない。」効果を適用不可にする事は出来るからだと思われます。

……あっちは効果テキストだから出来るんですけど…まぁややこしいわな(;^ω^)

サイキック・ブロッカーも再録されればテキスト修正されるでしょう

《禁止令》の例があるので《サイキック・ブロッカー》も再録されるタイミングがあればテキストが修正されるでしょうね。

でもオンリーワンな存在だし、このまま放置してくれても別に良い気もする…(笑)。

でも分かり難いのは事実だしなぁ…(悩ましい)。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    効果外テキストは要するに「そのカードを使うに当たっての特別ルール」であり、カードの持つ能力ではない、と見た方がいいですかね。

  2. 匿名 より:

    召喚条件とか①②はそれぞれ〜みたいなもの一緒ですね
    ①があるおかげでどこまでが効果外テキストか分かりやすくなった

  3. 通りすがり より:

    効果外テキストは効果では無い
    種族、属性みたいな元々あるものの一つ
    ダムルグとかでも、効果無効にしても元々の種族属性は消えないじゃん?
    つまり(現時点では存在しないけど)「効果外テキストを変更する」効果が出ない限り無視出来ない
    効果外テキストに干渉する例外として「召喚条件を無視して」はあるから、それについては蘇生制限と一緒に調べておくと良いと思う

  4. 匿名 より:

    MTGもどのカードゲームも裁定でもめるのは一緒ですから試行錯誤したり調べたりするのも楽しみの一つかなと思います。
    今だと効果外テキストは①と書かれる前の文章がそれに当たるので分かり易くなってきたと思います。

  5. 匿名 より:

    まあ効果無効化して送り付ければ良いだけなんですけどね

  6. ここの より:

    ゼロヴォロス送りつけてガラテア&オーケストリオン出せば一応EXリンクできちゃうけど、一度ゼロヴォロスを効果無効にして中央のゾーンに固定しないといけないので難易度高め

    • 匿名 より:

      しかも送ったトポロゼロ除去られると相手メインモンスターゾーンにマーカー向いちゃってるっていう…
      あまりこのカードを使ってエクストラリンク狙ってもあまり意味は無さそうですね。

コメントを残す

『遊戯王モンスターアートボックス』予約開始!掲載内容・同梱カード情報など!【完全受注生産】

2019/11/20日発売予定『モンスターアートボックス』の予約が

【デュエルリンクス】新パック「ブレイジング・ローズ」注目カード紹介!メタファイズ、サブテラー参戦!

本日実装、新パック『ブレイジング・ローズ』のオススメカード記事

【Vジャンプ7月号(抹殺の指名者付録)購入感想・レビュー】Vジャンプが書店から消えた日

本日発売(5/21)『Vジャンプ7月特大号』を購入して参りました。

【天威の龍鬼神の使い方・効果考察】超強い汎用レベル8シンクロ現る!効果無効は無いけど十分強いでしょ!

7月13日発売『カオス・インパクト』に収録される《天威の龍鬼神》に

【各種「HERO」モンスターの元ネタの軌跡】ウルトラマン、仮面ライダー、アメコミetc、世界は勇者で溢れている!

本記事では、各種「HERO」モンスターの元ネタについてまとめて

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】「天威」新規《天威の龍鬼神》判明!汎用レベル8シンクロじゃん!

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

【リボルバーストラク:収録カードリスト・新規カード効果まとめ】シルバーヴァレット・ドラゴンの効果・画像が公開されました!

本記事は、6月22日発売『ストラクチャーデッキ-リボルバー-』の収

【カオス・インパクト収録新カード】《熾天蝶/セラフィム・パピオン》判明!昆虫族期待のリンクモンスター!

管理人がショップでデュエルしている間に新規カードが発表されているじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑