【通常モンスターサポートカード:「救護部隊」で隊長を助けろ!】切り込み・ラーズ・フリードの日常。

DSCF4716

【ディメンション・オブ・カオス】には「昇天の剛角笛」や「苦渋の決断」など可能性を感じる魅力的な魔法・罠が多く収録されていました。

その中でも一際魅力的に感じるカードを本日はご紹介しましょう!

その名は、救護部隊

効果も便利で面白いものなのだが、何よりもそのイラストが問題魅力に溢れているのだ!
「切り盛り隊長」に続いて、このハッチャケっぷり!ネタキャラ化が止まらない…。

SPONSORED LINK

救護部隊

kyuu

通常罠
「救護部隊」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。
②:このカードが墓地に存在し、通常モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。 このカードは通常モンスター(戦士族・地・星3・攻1200/守400)となり、 モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

収録:【ディメンション・オブ・カオス】

たくまし過ぎる白衣の天使による献身的な救護!
①は墓地の通常モンスター回収効果。回収できるのは1枚だけなので、この効果を目的にするならば「闇の量産工場」を使った方が効率的ですね。(2体なくても使えるというのは一応利点ではあるか…。)

②はフィールドの通常モンスターが戦闘破壊された場合にこのカードが通常モンスター(切り込み隊長ステータス)になってフィールドに舞い戻る!その後フィールドから離れてしまうと除外されてしまうので基本的に使い切りって感じですね。(「王宮の鉄壁」下なら何度も再利用できるね!)

この②の効果は、白衣の天使(筋肉)が隊長の代わりに戦場に出てきていると認識していいのだろうか!?正直、このイラストに出てくるキャラクターの中で一番攻撃力は高そうだよね…。

「幻影騎士団シャドーベイル」との相性抜群だ!

sha

通常罠
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードが墓地に存在する場合、相手の直接攻撃宣言時に発動できる。 このカードは通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、 モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

収録:【ネクスト・チャレンジャーズ】

私の大好きな罠カードである「幻影騎士団シャドーベイル」との相性は中々のものです。「救護部隊」の②効果発動は破壊されるだけでOKなので墓地に送られる事のないトークンなどでも効果発動条件を満たす事ができるのです。

レベルが3・4とバラバラなのが残念ではありますが、何度も壁になってくれるのは悪くない!
レベルが3・4…。ん~、何かが引っかかるぞ…。

《幻影騎士団》ってランク3・4デッキじゃないか!

アニメの話ですし、「幻影騎士団ブレイクソード」には闇属性の素材指定があったので一概には言えませんが、意外と使えそうな気がする…。もちろん「シャドーベイル」以外の通常モンスターを用意する必要はありますが、「予想GUY」で戦士族をリクルートしてって感じも面白そうです。

さて、ここからはイラストに関するお話です…。

勇者と言えども人の子よ!

yu-sya

「ラーズ」くん置いておくとして、「フリード」さんのネタキャラ化が止まらないのが気になります。
こ、こんなに凛々しくてカッコイイ「フリード」さんもやはり白衣の天使の前では無力という訳か…。

「ガガギゴ」も恋の悩みで癇癪起こしてたし、戦士族は女性耐性ないんだろうな…。

kiri

まぁ、「切り盛り隊長」のイラストの時点でネタキャラ化「待ったなし!」だったので、おかしな話でもない気がしてきた。普段は頼りになる将軍だし、ちょっとぐらいヘラヘラしてても許されるよね…。

カッコイイだけでなくおちゃめな部分も素敵な将軍なのだ!

iltuki

この通り、決める時には決めてくれるのが「フリード」さんです。
「切り込み隊長」が支持するのも理解できますね。

管理人は、フリード軍を応援しています!
Amazon:【フリード 関連モンスター】

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    前のおっさんの頬が赤くってそっち系じゃないことを信じたい……子供向けのカードゲームだしねぇ

    あとフリードの態度がぁ……ガガギゴと戦った人とは別世界の人間だと考えたい……

    • cast より:

      オネェ系でもすごく面倒見はよさそうですよねw
      フリードは今までカッコイイイメージで売ってきた分、反動がw

  2. DD使いの決闘者 より:

    僕はDD使いなので「異次元軍」を応援しています!ディメンションウォールというカードを見る通り「異次元軍」は「グレファー軍」と敵対しています。

    • cast より:

      「ディメンションウォール」は「ダイ・グレファー」さんが異次元旅行に旅立つシーンですからねぇ…。
      異次元軍は美男美女揃いですよねぇ~

  3. ぼるてっくす より:

    加勢はつよいと思います(火力的な意味で)  隊長当たったな~(今は使ってないけど)
    最近は脳筋EMでルーンアイズに火力盛って殴るがお約束   
    ダリベパックかってだいぶ経つかな、なのに 出ないヽ(´・д・`)ノ
    あとスキルゲイナーがほしいですなテラナイトに入れたい悪のエクシーズに立ち向かうw
    個人的にイラストアドが高いヾ(o´∀`o)ノボロクソ言われてるけど・・・(スキルゲイナー)  

    • cast より:

      1500UPは強い!(確信)

      スキルゲイナーはアビスライジングだったかなぁ!?
      実は「最強の盾」で攻撃力5100になれる逸材!
      隻眼・二刀流・格好良い!

  4. カフェイン より:

    幻影騎士団の残りの連中がカード化されるかはコンマイのみぞ知る・・・。
    救護部隊とシャドーベイルのレベル差はライズベルトのP効果でフォローするとか、
    鉄壁を張って除外させずまた墓地に落としたり、救護部隊は相手の場で通常モンスが
    戦闘破壊されても復帰できるので転移でトークンを送りつけて殴って蘇生したり、
    ドラコニア達と合わせて何か悪さができそうな気はするんですが・・・。

    • cast より:

      ウィングレイダーズの一枠は幻影騎士団だと信じていますよ!
      今のカードプールならレベル1の差ならなんとでもなりますよね~。「救護部隊」はかなり期待しているカードです。

  5. 俺、ベクター より:

    切り込み隊長のネタキャラ化が深刻www 最初のかっこよさは何処へ…。
    隊長はまるで黒咲さんみたいすね、最初はかっこよくて、後々ネタキャラが増してきてるのがよく似てます。あ、でも黒咲さん最初からネタキャラだったわ。

    トラップカードが通常モンスター扱いのカードもっと増えてほしいなあ。
    こういうカードはお触れ発動中でも墓地から蘇生できるんでしょうか?
    でも鉄壁使ったほうがいいかなぁ?

    • cast より:

      ベイルも救護も罠として扱わない状態になるのでお触れには引っかからないですね~
      墓地から罠はロマンだなぁ…。

      黒咲さんは確かに最初からネタキャラですねw
      ネタでもカッコイイんだけどね^w^

コメントを残す

【謎の魅力《やぶ蛇》の使い方・効果考察】除外されても効果発動する最強のブラフカード!!モンスターを特殊召喚して楽しんじゃおう!!

《成金ゴブリン》の生涯を綴ったストーリーに新たな展開が!?

【面白強い「ドラゴン族」オススメテーマデッキ】裏サイバー・オッドアイズ・ガンドラなど追記しました。

「属性別や種族別でテーマの触りを網羅できる記事があったら面白い

【レアリティコレクション2(レアコレ2)収録カードリストまとめ】ユニゾンビ・調弦の魔術師キター!手加減無しっすね

【レアリティコレクション20th ANNIVESARY EDI

【番猫(ばんびょう)-ウォッチキャットの使い方・効果考察】デッキから永続魔法をセットできるという可能性

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録された未解説カード

【空牙団(くうがだん)デッキ・カード効果考察】英雄ラファールの兄貴オーラが半端ねぇ!!【空を駆ける牙を持つ者達】

2018/2/24日発売『デッキビルドパック ダーク・セイヴァ

【クインテット・マジシャン&円融魔術 効果考察】壊獣も超融合も許さない!魔法使い族の《龍の鏡》とか欲しすぎる

「YU-GI-OH.JP」にて、『ヴァリュアブルブック20』の

【雪花の光の使い方・効果考察】ややフルモン用《強欲な壺》登場!相性の良いデッキ・採用できそうなデッキを考えてみよう!

遊戯王には可愛いカードや美しいカードが色々と盛り沢山(´∀`*

【墓穴の指名者の使い方・効果考察】相手の《うらら》を止めると自分の《うらら》も止まる!【手札誘発メタ以外の役割も追記】

「道連れにされる前の指名ターン!?」 『FLOD』に収録された速

→もっと見る

PAGE TOP ↑