【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第106話感想】ロボッピVSゴーストガール&ブラッドシェパード!

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

遂に始まってしまったアイ迎撃戦。

アイにデュエリストの格付けの話をされてやる気十分のロボッピ。

初陣戦の相手は、ゴスガ&ブラシェの兄妹コンビです。

遊戯王ヴレインズ第106話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

Aiちゃんのデュエリスト格付けワロタ

まぁ、遊作が最下層になっている時点でテキトーなんでしょうけど、それ以外の部分はまぁまぁ順当な感じもします。

自分を雲の上の存在にするのはアイらしいっすね(笑)。

可愛い顔して怖い事をサラッと言うロボッピちゃん

ロボッピちゃんの使用テーマ名は「機塊」。

低レベル機械族モンスター(?)でリンクを刻んで行くテーマっぽいですね。

可愛い顔して「人間は最低最悪の生物だからいらない!」って言い捨てるロボッピちゃん……やはりナチュラルダーク属性。

パンドールが終始怪しいw

Aiと言えば、ハノイ謹製のパンドールはやっぱり怪しい!

OPで不敵な笑みを浮かべてますし、物語において重要な役割を担う存在なのは間違いなさそうです。

画像のチョイスに特別な意味はありませんので悪しからず。

リンク4《オルターガイスト・メモリーガント》カッコイイ!

リンク4「オルターガイスト」モンスター、《オルタ―ガイスト・メモリーガント》が初お披露目。

OPでは既に出ていたので気になっていた人も多いのではないでしょうか?効果等はまだわかりませんが、死神みたいなビジュアルがとてもかっこいです。

フィールドのモンスターを無理やり「オルタ―ガイスト」モンスターに変換する《オルタ―ガイスト・プークエリ》も面白いカードでした。

来週はアイvs鬼塚の模様

ブラシェ&ゴスガの兄妹コンビデュエル尊い!

コチラのデュエルも気になりますが、来週はアイvs鬼塚のデュエルがメインになる模様。

アースの仇でもありますし、これは注目の一戦になりそうです。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ラララ より:

    >それ以外の部分はまぁまぁ順当な感じもします。

    いやいや!スペクターの位置がおかしいでしょう。
    あいつはブルメイを押し出してあの位置にいるのが妥当(ブルメイはブラシェとゴスガの同じ位置辺り)

    なんかライトニングといい、イグニスたちはスペクターを過小評価しがちだなぁ……

    • らいむ より:

      スペクターは自分の盤面の美にこだわる姿をライトニング戦で見ていてこの弱点になりうる部分を加味されてデュエリストとしての格付けでは低く見られているのかな?と思います。加えてリボルバーさえ倒せばハノイの騎士は諦めさせられそうと思っているところもあると思います。

  2. 匿名 より:

    そもそもAIの独断と偏見だし…
    まぁ心理戦が得意なだけに、生まれたてのロボッピ相手にはほぼ無意味でしょうね
    大量展開もスピードデュエルでは活かしづらそうだ

  3. 匿名 より:

    ロスト事件の裏には、SOLテクノロジーの大株主達が何か企んでいると思われる。SOLテクノロジーの幹部は、キング、ナイト、ルーク、ビショップ、クイーン、ポーンの6人がいる。ポーンは既に死んでいる。なぜなら、ポーンの正体はロスト事件の首謀者、鴻上聖だからさ!鴻上がロスト事件の後、イグニスのシミュレーションを行った。しかし、イグニスが人間に関わる未来の繁栄を行っている。だけどライトニングや鴻上が見たシミュレーションは全部キング達がプログラムを書き換えた偽情報さ!SOLは全てのイグニスには邪悪さは存在していなかった。つまりライトニングの運命も偽の情報に狂わせてしまった。ライトニングが電脳ウイルスを開発していたのは、シミュレーションの結果の後、SOLテクノロジーと電脳ウイルスの取引を行っていた。SOLテクノロジーはライトニングに第七のイグニス、ボーマンを生み出すため、鴻上をモデルにする必要があった。ボーマンはSOLテクノロジーのトップ・シークレット文章に書き出されている。ロスト事件やイグニスの本当の真実はこれから明かされてくる。そして遊作やAi、そして草薙が本当に復讐するべき敵は近づいている。

  4. 匿名 より:

    もしも、クイーンが襲撃された情報が世間や警察に知られて仕舞えば、SOLテクノロジーの幹部達が裏でイグニスを密輸していたことが暴露されてしまう。キングたちは財前にこの事を世間に知らなと命じられた。10年前のロスト事件を隠蔽した裏には、必ず鴻上博士(CN:ポーン)に協力者がいる。

    • 匿名 より:

      遊戯王ヴレインズのストーリーには、AIやアンドロイドの密輸が展開になって来ます。

  5. 匿名 より:

    今気が付いたけどロボッピのディスクってロボッピの顔そのまんまなんだな

  6. HARUTO より:

    新たな展開では、遊作は高校を卒業すします。2年後、遊作はアメリカへと渡り歩きます。16〜18歳になった遊作はアメリカのCIAに所属したいと思います。歴代主人公でも遊戯は17歳、十代は18歳、遊星は21歳になり、遊馬と遊矢の現在の年齢は特定できませんが、これからのVRAINSの展開では、大人になった遊作やロスト事件の被害者達はそれぞれ公務員になる道を進んでいきたいです。大人になる遊作の変化を見ていきたいです。次の主人公は17歳の少年から始めていきたいです。

  7. 匿名 より:

    藤木遊作 16〜18歳 職業:アメリカCIA諜報員
    穂村尊 16〜18歳 職業:未定
    蓮野巧 16〜18歳 職業:未定
    杉咲美優 16〜18歳 職業:看護師
    椿荘次郎 16〜18歳 職業:未定
    草薙仁 16〜18歳 職業:未定

コメントを残す

【禁止改訂制限の影響で需要が上がる・高騰しているカード・テーマ】HEROへの期待値が高い!?

禁止制限改訂の影響で需要が上がっている・高騰しているテーマカードを

【新テーマ「斬機」「ドラゴンメイド」「王(ジェネレイド)」判明】デッキビルドパックミスティック・ファイターズ収録

2019年8月31日発売予定『デッキビルドパック ミスティック・フ

【遊戯王・2019年7月からの環境予想】隆盛・衰退すると思うテーマ皆で語らおう!

リミットレギュレーションが公開されて一夜明けましたね。 大変

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】新テーマ「破械」(はかい)判明!

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

【魔鍾洞(ましょうどう)速報】《メタバース》制限で《終焉の地》の需要アップ!

《メタバース》の制限化が、昨日の”禁止改訂発表”で明らかになりまし

【遊戯王・最新禁止制限カードリスト】リミットレギュレーション改訂(2019.7月):ガンドラX・トロイメアマーメイド禁止!

『遊☆戯☆王.jp』にてリミットレギュレーション改訂(2019/7

【ロックマンゼロのカードスリーブが出るぞ!】ロックマンXのプレマもお見逃しなく!【サプライの軌跡】

関連記事:「ロックマン」&「ロックマンエグゼ」のカードスリーブ

【MTG・モダンホライゾンイラストコレクション】全54種の美麗イラストカード!トークンやセンターカードにいかが?

何気に需要があるトークン・センターカードに関する最新記事をお届

→もっと見る

PAGE TOP ↑