【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話感想】プレイメーカーvsファウスト!恐怖の昆虫族戦術にパワーコードが唸る!

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

まさかファウストさんが昆虫族使いだったとは…( ˘•ω•˘ )驚き

作画も滅茶苦茶綺麗でゴリゴリ動いて話も面白い最高の一話でした。先々週のブルーエンジェルに引き続き、遊作もド派手にガラスを突き破ってましたね…。

ここ最近のヴレインズはよく硝子が割れてる印象(笑)

アニメ遊戯王ヴレインズ28話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ファウストによる昆虫戦術!《電動蟲スプレッド女王》の恐怖

《守護蟲穴(プロテクション・ワームホール)》の効果で《電動蟲スプレッド女王》を守り、自分相手の場を様々な効果によって昆虫族だらけにして封殺&高打点を狙っていくのがファウストの基本戦術でしたね。

トークン生成役だった《モーター・ワーム・ベイト》がほぼ《ワーム・ベイト》効果で笑いましたが、イラストに《スクラップ・ワーム》が映っていて少しニッコリできたのは秘密。

スピードデュエルルールでリリースやリンク素材にできない状態でトークンを相手に送り付けるのは結構凶悪ですね。

《電動蟲スプレッド女王》がOCG化されるかどうかはやや怪しいですが、出せば自身の効果で【リンク4】に繋がるモンスターと考えれば結構強いかもしれません(トークン生めるので)。

渾身の《パワーコード・トーカー》登場!渾身の「パワーターミネーション・スマッシュ」

プレイメーカー側も負けじと新カードを沢山使うデュエルでした。

出して即素材に使用された《スペース・スペースインシュレイター》にセルフ蘇生効果があったとは…。

この効果で特殊召喚するとリンク素材にはできないようですが、《パワーコード・トーカー》等リリースを要求するサイバース族リンクモンスターとの相性は抜群なので良さそうです。

あと、《パワーコード・トーカー》の攻撃が、アンカー固定からの右ストレートで格好良かったですねぇ!CGの出来、ここに極まる…って感じでした。

サイバース族をコストに使うとボーナスが出る除去魔法《サイバーサル・サイクロン》も良かったです。リンクモンスターと魔法・罠ゾーンのカード1枚の計2枚を割れたら流石にお得ですな。

バイラ宅の監視カメラから身バレしてしまった遊作と草薙

バイラ宅への不法侵入時の映像記録から身バレしてしまった遊作と草薙。

この銀髪の人物は一体…何リボルバーなんだ!?

三騎士も倒し、残すハノイの騎士は、「リボルバー」「鴻上博士」「スペクター」の3人になった訳で、アイを巡るハノイとの戦いも徐々にクライマックスを迎えようとしているのでしょうか?

肝心のアイはというと、とぼけていましたが、裏で暗躍しているのはほぼ間違いありません。

ここからアイが世界の驚異となるのか?己が持つ自我によって新たな発展を遂げるのか?…見ものです。

今までの全てが演技だと考えるとアイの存在が途端に恐ろしく思えてきますが、果たして!?

まぁ、でも島にサイバースウィザードを送ったのはアイだよね?ソレだけはたぶん間違いないわ。

次週は総集編っぽい?のか???

定かではありませんが、「クサナギ・リポート」ってサブタイトルが何となく総集編を匂わせます。でも少し前に総集編やったばかりだしな…( ˘•ω•˘ )

おさらいしながらちょっと日常パーとしつつリボルバー襲来みたいな流れだろうか?

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. AYBな鮫使い より:

    パワーコードの攻撃がすごくロボットアニメでかっこよかった。終盤の遊作身バレの場面、遊作と草薙さんは凄腕のハッカーなのであらかじめカメラの類は止めているはず、ということはそれらとは別の特殊なものなのか、それとも草薙さんが遊作の下に向かったところで解除したのか、など考えたりしてました。また遊作が画面越しに見返しているようにも見えて何かを感じとっていたのか…

    • cast より:

      あえて誘ったという可能性も… あれくらい大胆に動くって事は身バレした際必殺仕事人する位の覚悟をもってそうですし…。

  2. 匿名 より:

    三騎士さん達6話しか出てこないとは。トロン一家はもっと出てたよね

    • cast より:

      早めの退場でしたけどキャラは立っているので今後も何かあれば登場する予感はありますね。恐らくアナザーと同じような状態なんでしょうし

  3. ラララ より:

    総集編なことはあまり怒んないで上げてください
    前作の影響で色々減らされているんで……制作側が大変らしいので、前回は監督がTwitterで総集編なことを謝ったんで…

    • cast より:

      総集編っぽいってだけでまだ総集編と決まった訳ではないですしね。すっごく話が進むかもしれない。

  4. ユキ より:

    制作陣も苦労してしてますね…総集編ばかりですし
    年末落下のノルマはできるのか不安なところ

  5. ZERO より:

    島にサイバース・ウィザードを送り出したのは恐らく未だ顔を出していない銀髮の青年!遊作はサイバース・ウィザードを島に送り出したのは奴しかいないと言いました。Playmakerの正体を明かにした犯人は遊作と関わりを持つロスト事件の被害者か?それともハノイの騎士のスパイか?SOLテクノロジー社の可能性が高いようだ?それともまた新たなハッカーが動いてるのか?

  6. ZERO より:

    ファウストが語った最後の言葉は「この人類の未来を〜」と言っていた、続きは恐らく僕の考えだと「人類の未来を滅すことになるだろう」と思ってる。1つはファウストが語った最後の言葉。2つ目は島にサイバース・ウィザードを送り出した白神の青年。3つ目はロスト事件の被害者は遊作を含み6人、早速遊作が動き出した。後の5人は1番手に復讐を始めた遊作を見守っているハッカー、恐らくはアナザー事件の次にその戦争に用がある青年達。4つ目は島は遊作の仲間になりハノイの騎士と戦おうとする。

  7. 匿名 より:

    とりあえずイケメンキャラが増えることが嬉しい…

  8. 匿名 より:

    前から思ってたけどラララってやつはアーク叩きたいだけだろ
    叩きたいなら他でやってこいよ
    ここに叩きを持ちこむな

    • ラララ より:

      ?なんでそうなる?
      制作側が大変なのは確かだし、それについて俺は言っているだけで別にアークに叩いていないよ
      勘違いしてない?

  9. 破れたトゥーン より:

    8話ごと、約1ケ月半に1回 総集編になってますね
    演出とかに気合い入れてる分どうしても間に合わない感じなんだろうかね
    予想以上に大変な現場なんだろうが、総集編に逃げるより
    ちょっと軽い日常回とかで頑張ってもらいたいところ

    • cast より:

      総集編自体は別に悪い事じゃないですけど、頻繁にやっちゃうと本当に必要な所で出しにくくなりそうなのが考え物ですね。

  10. ネテルヒトー より:

    まさか最後に遊作の身バレが来るとは驚きだ。

  11. 荒くれナンバーズ より:

    やはりデッキに1枚は脳筋カード(パワーコードは無効こうかあるし違うけど)入れておくと 劣性から一気に逆転の可能性がでていいですな

  12. ロマン派アクアアクトレス より:

    (あれ?やっぱりコードトーカーたちで殴った方がファイアウォール出すより効果的では…??)
    みたいなこと思っちゃいましたけど、ここ一番の大勝負ではファイアウォールみたいな切り札があった方がいいな…とOCGの感覚とアニメの感覚で揺らぐ回でしたw
    島くんこれからどうするのかな?楽しみです

  13. 匿名 より:

    三銃士のテーマはOCG化されるのかな…
    ファウストさんのいい感じのオッサン感がぐっとくるw

    • cast より:

      ゲノムさんはちょっとサイコってましたけど、何だかんだで3人ともキャラがたってましたね。ファウストとバイラは個人的にも好きです。

  14. ZERO より:

    遊戯王ヴレインズはハッカーアニメ、デスノートは殺し屋アニメでした。新たなアニメーションをプロジェクトは「CYBERKIRA FANTASY」を開始したいです。「CYBERKIRA FANTASY」は革命家、研究者、泥棒、ハッカー、殺し屋、テロリストなどが順番に新たなアニメを放送します。主役は6人兄弟が物語を鍵が始まる。自由主義、平和主義、復習、新世界が鍵を握るストーリーになってきます。かつてない新たな海域は面白そう。

コメントを残す

【新たな良き力《トポロジック・トゥリスバエナ》効果考察】相手が使用するEXモンスターゾーン前に展開すると…

1月13日発売『フレイムズ・オブ・デストラクション』には、昨日

【Vジャンプ3月号付録《E・HEROソリッドマン》効果予想】展開をサポートするって事らしいけど

『Vジャンプ3月特大号』に付属する事が判明した《E・HEROソ

【 公式レシピ】《パーペチュアルキングデーモン》採用型「三幻神」デッキ!《エッジインプ・シザー》が生命線!

《パーペチュアルキングデーモン》を使用した「三幻神」+「デーモン」

【コード・トーカー特集】《デコード・トーカー》から始まった謎多きサイバースリンクモンスター【パワーコード・トーカー追記】

《デコード・トーカー》から始まりし謎多きサイバースリンクモンス

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話感想】トポロジック・トゥリスバエナという新たな良き力。

ゴーストガールの先行で幕を開けた【ゴーストガールvsリボルバー

【フレイムズ・オブ・デストラクション収録カード一覧】《オルターガイスト・キードゥルガー》公開【カード評価・プチ解説付き】

1月13日発売『フレイム・オブ・デストラクション』のカード効果

【パワーコード・トーカーの使い心地が良好だった話】ややコストが重い印象でしたが割かし強かったです

【ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク】に収録された新規

【レギュレーション改訂の影響と新環境の動向を考える】強そうなデッキは何かなぁ?

リミットレギュレーションの公開から1日が経ち、そろそろみんな落

→もっと見る

PAGE TOP ↑