【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第43話感想】ロスト事件・イグニスの真実!リアルリボルバー様イケメンすぎ!

公開日: : 遊戯王VRAINSアニメ感想

スターダストロードの話をヒントに、例のお客さんが”リボルバー”の中身である事についに辿り着いた草薙さんと遊作。

デュエルは引き分けに終わったが、ハノイの塔の建造がストップした訳ではない。

リボルバー(了見)が待つ岬へと草薙カーを転がせる。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

明かされるロスト事件やイグニスの真実

父(鴻上博士)をみとる鴻上了見(リボルバー)。

回想の美少年がそのまま順当にイケメン化した姿に電撃走る。こ、これは超イケメンだわ…(お姉さま方の人気を総なめにしてしまいそう)。

朱色に染まる夕暮れをバックに、了見は「ロスト事件」「イグニス」の真実について語り始めます。

良心の呵責によって通報するに至った了見くん

10年前の事件で遊作を励ました声の主の正体は了見(リボルバー)である事が判明。

当時8歳だった了見君は、父の恐慌に薄々気づきながらも父親の事を信じたかった。

しかし、ある時、この実験がとても恐ろしく残忍な行為である事に気づく。そして、その罪悪感に押し潰され…事件を通報するに至った。

了見の通報により、結果子供たちは解放される訳だが、それによって父(鴻上博士)はSOLによって拉致監禁。挙句の果てには電脳ウイルスによって体と精神を蝕まれる事になってしまう。

これもまた、もう一つの「ロスト事件」と言える悲しみの事実。

その後鴻上博士は解放されるが、ウイルスによって意識不明の植物状態。3騎士の助けを借りて、鴻上博士をリンクブレインズ内で精神再生させる事に成功。…って事らしいです。

うーん壮絶。

人類を導くはずだったイグニス達が人類に滅びを導く

そして、ハノイの騎士が躍起になって消滅させようとしているイグニスについてですが、元々は人類を導くための次世代の存在として鴻上博士によってつくられたもの。しかし、イグニスたちは鴻上博士の想像をはるかに超えた存在であり、何度シミュレーションしようとも、それらは人類を救うどころか滅びに導く存在である事が導き出される。

それはイグニスたちAIがおかしいのではなく、導かれる側の人間側に問題があり、自らの滅びの道を辿る選択をしてしまうのだという。おうおう、やっぱりこういう方向に舵取りしていく訳ね…。

ちなみにサイバース世界はイグニスたちが作ったもので間違いないようです。…という事は、OCGでも度々登場しているサイバース族ってアニメの設定に繋がっていく存在だったりするのでしょうか?

《リンクリボー》はイグニスたちが《クリボー》を見て創造したんでしょうかね?そこら辺の広がりも今後明らかになって行ってくれると嬉しいなぁ~

今更引けないリボルバー!最後の闘いが始まる!!

さて、ここまで深まりまくっていた謎の数々が解明された訳ですが、リボルバーとプレイメーカーの決着とハノイの塔の停止というミッションはまだ達成できていません。

仲間達の待つリンクブレインズへとリボルバーは戻り、そこで二人による最後の闘いが幕を開けます。(ワクワク)。

リボルバーの先行でスタートし、《マガジンドラムゴン》⇒《リンク・コイン》による手札循環からのバック一枚セットでターンエンド。手札に加えたカードが《ミラーフォース》だったという事もあり、それをケアするように《リンクスレイヤー》でバックチェックをするプレイメーカーでしたが、それがまさかのブラフ《ミラーフォース・ランチャー》でまんまとリボルバーの術中にはまってしまいます。

まさかまさかの「聖なるバリア-ミラーフォース-」のカテゴリ化に衝撃を抑えられません。

…何故にこんなにもリボルバー様は《ミラーフォース》が好きなんでしょうね?そこん所、是非とも説明していただきたいッ!!

ついに運命のラストバトルが幕を開ける

ブラフ交じりのハノイの崇高なる力…堪りませんね!

勝っても負けても本当のラスト…ハノイの塔完成までもう時間はないぞ!プレイメーカー!!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ぽっぽ より:

    リンクスレイヤーって中点いらなくないです?

  2. ラララ より:

    やはりリボルバーが遊作が探している”アイツ”でしたか…前作と違って1年目で色々回収してくれるのはうれしい限りです。
    個人的には、2年目以降はどう話を展開していくかが気になります
    リボルバーと手を組んでSOL社を調べるか思いましたが、aiの記憶があることを考えたらそっちの方が速そうだし、そもそもハノイの塔を止めてもリボルバーが中になるか微妙な所です

    • cast より:

      リボルバーの立ち位置どうなんでしょうねぇ
      罪が消える訳ではないですが、和解して欲しい…欲しい。

  3. 匿名 より:

    クリティウス「ミラフォサーチやったー!え?俺のサーチ?知らないよ。」

    前も言われてましたがミラフォ=過去のカードという点とかもAi(未来)との対ということですかね?

    というか公式のミラフォ推しがまさかここまでとは…

  4. ネテルヒトー より:

    リボルバーが常連だと知って草薙さんはやっぱ驚いてましたね。シリアス回なのにいろいろ面白いです。

  5. 通りすがりの人 より:

    鴻上猟犬…だと?

  6. 匿名 より:

    長い仕込みからのまさかの新規ミラフォサポート
    デュエルタクティクス的な意味でも販促的な意味でも感心させられましたw

  7. RUM ロマンス より:

    てことはやっぱりSOL が黒幕じゃんよ!和解したリボルバーと共闘してチェスの駒倒していくのはアツい展開!

  8. 匿名 より:

    先週まではイグニスが人類の敵になると言う話に勝手に結論を急ぎすぎでは?と思いましたが、AI達に非はなく、人類の方が我儘だから自分達より上位に立った存在に管理される事に耐えられず喧嘩を売って滅ぼしあいになると言う論法には成る程と思わされました
    結局は博士が検証をしきれないままロスト事件を起こしたのが全部悪いのですが、その検証のもサイバースが生まれた事で手に入ったデータマテリアル有ってこそですし、そもそもその元凶は今回完全に死んでしまって居ると言う
    全て後の祭りで、せめて死人のどう尻を拭うかと言う話になってるのが遣る瀬無い

  9. huyu より:

    リボルバーは、自分の行動が結果的に父親を殺してしまったことを後悔してるんですね。

  10. 匿名 より:

    リンク・コインはいいカードでしたね。
    強謙と似た効果に加え蘇生まで付けるのは嬉しいですね。
    OCG化に期待します。

  11. cast より:

    管理人より
    新規カードはどれも良い感じでしたね。この勢いでラストバトルを加速させていってほしいです。そして、第二シーズンからはどうなるのか…期待いっぱいですよこりゃ。

  12. 妄想を垂れ流したいならここではなく、ss
    を投稿するような場を使って頂きませんかね?

  13. 匿名 より:

    SOL社上層部が既にAIに乗っ取られてるとかは考えすぎか
    リボ父は駄目だと思うが良かれと思って通報したら父親が植物状態で帰ってきて自分が殺したような物だと思ったら子供的にはもう逆らえないなと

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【海外新規・Legendary Heroes Decks】D-HERO、極星、幻影騎士団強化が表紙を飾る!

海外で2018年10月5日発売予定の商品、『LEGENDARY H

【海外新規《Contact Gate》の効果・イラストが判明】トリプルコンタクトサポート

以前からチラホラと話題に出ていたコンタクト軸のHERO強化の新情報

【魔界の警邏課デスポリスと相性の良いデッキは?】闇属性・特にディストピア採用なら激熱

《魔界の警邏課デスポリス》付録のVジャンプの発売日と言う事で、せっ

【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-

【魔界の警邏課デスポリス付録Vジャンプ8月号感想・レビュー】今明かされる漫画版アークファイブ驚愕の真実!

魔界の警邏課デスポリス付録「Vジャンプ8月号」を購入して参りま

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張して

【マスターリンク】《プロフィビット・スネーク》の収録が判明!驚異のダメステバウンス!

遊戯王公式twitterにて、2018年6月23日発売「ストラ

【クラッシュ・オブ・ウィングスオススメカード5選】まさかの空牙団参戦!【デュエルリンクス最新パック】

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「クラッシュ

→もっと見る

PAGE TOP ↑