【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第21話感想】残念ながら総集編!だが、スターダストロードは気になったぜ!

前回の感想記事で第二幕の始まりを感じると〆ましたが、マジでそうでしたね(その為の総集編)。

まぁ、総集編も大切ではあるけど、先が気になる身としてはやきもき((+_+))

アニメ遊戯王VRAINSより画像引用
©高橋和樹スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

スポンサーリンク

真相へと辿り着くまで二人の歩みは止まらない

首謀者とされる鴻上博士が死去している事で手がかりを失った遊作と草薙。

鴻上死去という事は、実質復讐の矛先を失った事にもなります。しかし、遊作と草薙の歩みは止まりません…事件の真相と目的をその手に掴むまでは…。

 

それはそうと、今日の総集編で登場したデンシティの名所「スターダストロード」…。

とりあえず引っかかる名称の名所でしたね。

5Dsと関連付けるにはまだ早いですが、全ての人間の未来を賭けた戦いってフレーズも飛び出してましたし…少し様子見状態です。

アイとロボッピの秘密の関係!

〈人間の皮をかぶった悪魔こと遊作:アイ談〉

アイとロボッピは陰で良い関係を築けているようで一安心。アイとの会話でロボッピも徐々に単なるAIじゃなくなってきてるような気が…。(秘密のお世話についても気になります)

ゴキガールとか記憶ガバガバなのかワザとなのかAIなのに心配になります。流石自我を持つAIは一味違いますな(笑)

次回「漆黒に染まる日輪」にご期待ください!

来週はリンクブレインズの空に漆黒に染まる日輪が昇るらしいです。

(草薙さんのポエムもノリノリでしたね☆)

という事で、本日のアニメ感想はあっさりスタイルで終了。

追伸:ロボッピの「人の皮をかぶったちょっと冷たい人」は可愛かったですね( ˘ω˘ )

コメント

  1. スターダストロードは今後も関わってきたりするのかな?

  2. 総集編って基本的に今までのお復習だからつまらないのが当たり前だったけどヴレインズのは面白い

  3. リボルバー意外と近くにいましたな

  4. なんか(スターダスト)、(光さす道)とか5dsを意識させる言葉が出てきて遊星の世界の何年後かの世界なのかもって思ってきた
    また映画やんねーかなー

タイトルとURLをコピーしました