【機巧蛙-磐盾多邇具久効果考察】星遺物-星鎧蘇生が強ぇ!〈イワタテノタニグク〉

【機巧】全体の特集記事を書こうと思ったんですが、それぞれ単独で記事にできる位濃いカードだったので、まずは個人的に一番ヤバイと感じている《機巧蛙-磐盾多邇具久》を記事にしてみました。

墓地効果で攻守が同じモンスターを墓地から特殊召喚できる効果‼しかも機械族だから《スクラップ・リサイクラー》に対応してる‼機械族は同値のモンスターが実は豊富‼

うーん、すでにヤバイ雰囲気がひしひしと漂っていますね……。

ちなみに「磐盾多邇具久」は「イワタテノタニグク」と読みます。うーん、難しい名前だなぁw

スポンサーリンク

機巧蛙-磐盾多邇具久(イワタテノタニグク)効果考察

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1450/守1450
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

収録:【ドーン・オブ・マジェスティ】

①効果は《機巧伝-神使記紀図》を意識している

機巧伝-神使記紀図
フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。残りのカードは裏側表示で除外する。
(2):攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターが召喚・特殊召喚される度にこのカードにカウンターを1つ置く。
(3):このカードのカウンターの数が10以上の場合、
攻撃力と守備力の数値が異なるフィールドのモンスターは効果を発動できない。

《機巧蛙-磐盾多邇具久》の①効果は、《機巧伝-神使記紀図》の①効果によるトップ積み込みを意識した効果になっています。天運に任せるのも良いですが、やはり確定する方が良いですからね。

……というか、この①効果毎ターン使えるのマジで強いですね‼

【機巧】って《機巧蛇-叢雲遠呂智》のおかげでナチュラルに粘り強いので、こういう継続してアドを稼げるフィールド魔法の存在は大きいと思います。

なお、③効果まで通ったら流石につよつよですね(実質相手だけスキドレ状態みたいな……)。

ちなみに「神使記紀図」は「カミツカワシメノキキエ」と読みます。…これまた難しいですね。

機巧全域をサポートできる蘇生効果!これはマジで強い!

全ての「機巧」モンスターが蘇生の範囲内ってのはマジで凄い話。上級だろうが最上級だろうが、墓地に落ちている同値の機械族モンスターなら問題なく蘇生できるのだ‼

「機巧」モンスターの中には展開条件が難しいモンスターもいくつかいるので、墓地蘇生ができるようになるのは純粋な強み。あと、持久力は格段に伸びるだろうし、これは良いこと尽くめですね。

機械族だからリサイクラーで墓地に落とせる

あと、忘れてはいけないのが《スクラップ・リサイクラー》の存在です。

機械族=《スクラップ・リサイクラー》が使える=《スクラップ・ワイバーン》を自然と導入できるという事になる為、もうこの時点で無限の宇宙が広がっていると言っても過言ではありません。

更に、《スクラップ・ラプター》で初動が圧倒的に増えている為、これらを絡めた強い展開は更に加速していくことでしょうね。

星遺物は攻守同値・機械族の宝庫!

相性の良いカードとして特にオススメしたいのが10期テーマの「星遺物」。

全てではありませんが、以下の4体のモンスターが《機巧蛙-磐盾多邇具久|イワタテノタニグク》の蘇生効果に対応しています。

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、
このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、
EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2000/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
(2):このカードが相手リンクモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻す。

中でも特殊召喚からアドを稼げる《星遺物-『星鎧』》は相当相性が良く、これを展開に組み込んだ「王|ジェネレイド」が既に話題になっている程です。※《スクラップ・リサイクラー》1枚から2ハンデスしながら《VFD》,《オルムガンド》,《王の舞台》が立つルートが……⁉

まぁ、素引きしちゃいけないカードが多いし、ニビルケアもできないから若干ロマン感もありますが、《星遺物の胎導》をサーチできるルートが再び生まれたのは、王使いとして純粋に嬉しいです。

テーマでも出張でもめちゃくちゃ有能だこれ!

そろそろ「王(ジェネレイド)」の構築をいじりたいと考えていたタイミングだったので、これはかなりタイムリーな新規になりそうです。

「王(ジェネレイド)」使いは、《星遺物の胎導》ってカードが3度の飯より好きなので、サーチルートが増えるなら試すっきゃないんだよなぁ~(遠い目)。

コメント

  1. 純機巧に星鎧と胎動と少しジェネレイド混ぜるだけでも行けそうでワクワクしますね
    機巧側にもミカヅチが星9ですし

  2. 攻守を参照するせいで頑張ってカウンター10個溜めてもLが素通し状態なので
    機巧伝の(3)は打点の下二桁参照で良かったんじゃないかと思いました。
    (1)(2)が同一ターンに使えてNS・SS両対応、同名も蘇生可能で使用済みの惑星探査車が
    使い回せて機巧伝が割られた際の保険も兼ねる、トップ操作で真実の名も補助する
    蛙は有能すぎますね。レアなので規制されても財布が痛まないあたりも素晴らしい。

タイトルとURLをコピーしました