【溟界召喚獣デッキレシピ紹介】最上級の配分・EXデッキの選定等、様々な気付きをご紹介!

【溟界】デッキレシピ紹介第一弾は、【召喚獣】を採用した「溟界召喚獣」になりました!

「・・・なんだ、また召喚獣か・・・」となってしまう人も少なからずいそうですが、この二つのテーマの噛み合いの良さはマジで必見なので、興味ない人も出来ればチェックしてくれると嬉しいです。

なお、デッキ名は響きの良さで「溟界召喚獣」としました。

スポンサーリンク

溟界召喚獣デッキレシピ

最上級「溟界」モンスターの配分について

【溟界】を触るにあたって、最初に迷う所が最上級の配分だと思うので、ザックリと最上級の配分について解説しておきます。なお、下級はヌルとナイア以外はもう少し詰められるか検討中です。

効果モンスター
星10/光属性/爬虫類族/攻3100/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター3体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ発動できる。
墓地から特殊召喚された表側表示モンスター以外の、自分・相手フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
1枚採用
基本的に「溟界」最上級モンスターは素引きしたくないのでギリギリまで詰めました。
墓穴とかされない限りは1枚で事足りるモンスターなので、ここはどんな構築でも1枚前後で問題ない枠だと思います。
効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2700/守2100
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
(3):相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地から「溟界妃-アミュネシア」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
1枚採用
蘇生を多用するデッキには漏れなく刺さる1枚。
テーマ内だと②は《カース》、③は《アロン》とシナジーを形成している。こちらも基本的に1枚あれば十分でしょう。
効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻 400/守2400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル4以下の「溟界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
2枚採用
このカードを使って《タイタニック・ギャラクシー》を出さざるを得ないシーンが多く、X素材として幽閉されてしまう事例が多発したので2枚に増やしました。
効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻2500/守2800
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):相手がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
(3):相手フィールドのモンスターが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「溟界王-アロン」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を選んで手札に加える。
1枚採用
刺さらない相手はいないと言っても良い程の広範囲対応ハンデス効果。カードを手札に加えた場合に発動する為、ドロー・サーチはおろかサルベージにも対応している。
テーマ内ではゾーハ等とシナジーしていてかなり強い印象を受けました。
横にハール、ダークロウを並べると凄い事が起こります。
効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2000/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分のモンスターの中から、爬虫類族モンスターを含むモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。
1枚採用
最初の頃はいらないかな?って思ってたんですが、実は1枚未満には中々ならない1枚である事に気付いてしまいました。
※《カース》効果で8.4の展開をした際に、ランク8展開に繋げる為に必要となる。相手の妨害次第では初動に噛みかねないので、ここを軽視すると痛い目にあう可能性がある。

ランク8をサポートする枠で無限に迷う

今回は《闇黒の魔王ディアボロス》を採用しましたが、他にも以下の様なカードで迷いました。

効果モンスター
星8/炎属性/爬虫類族/攻 ?/守 0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分のフィールドゾーンに表側表示のカードが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する限り、
このカードの元々の攻撃力は3000になる。
(3):フィールドの「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。
《スネーク・レイン》で墓地に落とす事でランク8の展開を恒久的にサポートできる。
かなり有用なカードではあるが、フィールド魔法が絡まないと機能しない為、採用するならもう少しフィールド魔法要素を厚くした方が無難。噛み合えば相当強い。
特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/獣族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
相手フィールドのモンスターの攻撃力の合計が、
自分フィールドのモンスターの攻撃力の合計より高い場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
その後、手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選んで持ち主の手札に戻す。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分の「獣王アルファ」は直接攻撃できない。
後攻からの貫通力を高められる1枚。
ランク8エクシーズの展開サポートにも使えはするが、どちらかというと突破手段としての採用理由の方が勝ってしまう印象が強いのが玉に瑕。今回は枠の関係で採用を見送りましたが、サポート云々関係なく、サイドからとる選択も全然アリ。

エクストラデッキはかなりかつかつ!絶賛迷走中!

ここに関しては全然煮詰まってないので、検討したが見送ったカードをザックリ紹介しておきます。

  • アーゼウス
    オグドアビスと若干役割がかぶっているので今回は見送りました。正直採用したい。
  • プルガトリオ
    ゴルゴンダやうららで炎を供給できるので迷った1枚。今回は《アウゴエイデス》を優先。
  • レプティレス・エキドゥーナ
    シナジーの濃い爬虫類族を採用していないのでこちらも見送り。《レプティレス・ヒュドラ》、《レプティレス・ラミア》を採用するなら必要。あと、ヌルのテキストに引っかからないエクシーズ、リンクは3枚位とっておいた方が正直無難。
  • M・HEROダークロウ
    ゾーハに《マスク・チェンジ・セカンド》を使うのが面白過ぎたのでギリギリまで採用してました。

基本展開の一例をご紹介

初手
ヌル+アレイスター
最終盤面
未来龍皇+メルカバー
1.ヌル①効果で闇属性・爬虫類族を墓地へ
2.ヌル②効果で自分フィールドに特殊召喚
3.《アレイスター》召喚、効果で《召喚魔術》を手札に加える
4.《ヌル》と《アレイスター》で《キングレムリン》をエクシーズ召喚
5.《キングレムリン》効果で《ナイア》を手札に加える
6.《ナイア》で《カース》を墓地へ送る
7.《キングレムリン》をリリースして《カース》①効果を発動してフィールドに特殊召喚
8.《カース》②効果で《ナイア》を特殊召喚
9.《ナイア》の②効果で《溟界の蛇睡蓮》を手札に加える
10.《カース》と《ナイア》で《クロシープ》をリンク召喚
11.《溟界の蛇睡蓮》を発動、デッキから爬虫類族を墓地へ送って蘇生効果まで、ここでは《ヌル》を特殊召喚※爬虫類参照に注意※レベル4が最低2体必要
12.《召喚魔術》を発動し、《クロシープ》のリンク先に《召喚獣メルカバー》を特殊召喚して《クロシープ》の効果を発動
13.墓地からレベル4のモンスターを蘇生して、2体で《ガガガガマジシャン》をエクシーズ召喚
14.《ガガガガマジシャン》の効果で《キングレムリン》を特殊召喚し、2体で《未来皇》⇒《未来龍皇》をエクシーズ召喚して完成!
返しのターンのリソースも確保できるのでかなり安心。

召喚獣ギミックとの相性について

定番中の定番なので多くを語る必要は無いと思いますが、触ってみないと意外と気付けない要素が色々あったので念の為にメモ書きを置いておきます。

「溟界」側で自然と光属性を供給できる
《ゾーハ》や《フロギ》の効果で任意の手札をモンスターに変換できる。
※《アレイスター》をコストに使う弱い動きを回避できる可能性がある。
ハンド消費が激しいテーマなので、消費を抑えつつ高いパフォーマンスを叩き出せる事が重要。

溟界を使ってみて感じた事

ゾーハダークロウという名の嫌がらせコンボ!

効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1500/守1700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手はデッキから1枚ドローし、自分はデッキから「溟界の漠-ゾーハ」以外の「溟界」モンスター1体を手札に加える。その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。

ゾーハに《マスク・チェンジ・セカンド》を使って《M・HEROダークロウ》を展開するコンボに魅入られてしまいました。なんか知らんが2枚除外されて結果的に得できるの最高過ぎる。

今回の構築だと素引きになってしまうので外しましたが、【HERO】を混ぜた構築ならワンチャンある気がしています。

折角なので、序に【ジェネレイド】も混ぜて、ダークロウ、ハール、アロンで4枚除外狙います。

キングレムリンは3でも良い勢い

このデッキの《キングレムリン》はマジで強いので、真面目に3枚でもアリだなーって思いました。

構築次第では《レプティレス・エキドゥーナ》もバリ強ですが、今回みたいな構築なら《キングレムリン》優先でも良いでしょう!

次はジェネレイド溟界にチャレンジしてみます

  • 自分のターンに能動的にステージの誘発を狙える
  • アロン、ハールのタッグコンビ結成!
  • 召喚権をロプトルに明渡すことができる
  • 素引きしてしまった王をゾーハやフロギでケアできる

とりあえずこの4点に注目して「ジェネレイド溟界」にチャレンジしてみます。ちょっとデッキが膨れそうですが、ドロソとかモリモリにすれば何とかなりそうかも・・・?

0

コメント

  1. いろいろできて楽しそうですね。
    イラストもカッコよいし…。

    アミュネシアの説明で、「テーマ内だと①は《カース》、②は《アロン》とシナジーを形成している。」の部分、
    「②がカース、③がアロン」ではないでしょうか。

    0
    • 失礼しました
      その通りです

      0
  2. メルフィーアルファ、採用しなかったとはいえどうやって出すんだよと思ったら獣とかいなくても手札から飛び出せるんですね。なるほど…

    0
  3. 細部は異なりますが僕も似たような構築にたどり着きました。召喚獣混合だとアレートが思いのほか活躍しましたね。アウゴエイデスの融合素材と打点強化を1枚のメルカバーで行えるようになります。

    0
タイトルとURLをコピーしました