【D-HEROダッシュガイが高価買取中?】デスフェニ出張需要で注目度アップ!

少し前に《D-HEROデストロイフェニックスガイ》を出張させる動きで《D-HEROダッシュガイ》が少し使われているという記事をお届けしましたが、どうやらそれが本格的になって来たようです。

2021年に《D-HEROダッシュガイ》が高騰する記事をお届けする事になるとはなぁ……(‘ω’)オモシロ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

D-HEROダッシュガイに注目集まる

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2100/守1000
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。また、このカードが墓地に存在する限り1度だけ、自分のドローフェイズ時にカードをドローした時、そのカードがモンスターだった場合、その1体をお互いに確認して自分フィールド上に特殊召喚できる。

収録歴は以下の通り、収録回数自体はそれなりにありますが、最後に収録されたのが9年以上前なので純粋に古すぎます。レアリティに拘るとなると、15年前まで遡る事になるので相当大変です。

POWER OF THE DUELIST  2006年5月18日※Rare
デュエリストパック-エド編-  2006年10月26日
DUELIST EDITION Volume 1 2012年5月12日
Rareのカードでも10年近く前となると流石に希少ですからね。これは致し方なし!

デスフェニ出張に使われています

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
デスフェニ出張とは?
新規カード《D-HEROデストロイフェニックスガイ》を使う為、《フュージョン・デステニー》とその素材を外部テーマへと出張させるセット。《ダッシュガイ》のレベルが6である事がキモ!《フュージョン・デステニー》2枚、《ダッシュガイ》1枚、《ディバインガイ》1枚の最小4枠出張が最近のトレンドっぽい?
【令和のドラグーン?】デストロイフェニックスガイ出張に注目集まる!フュージョン・デステニー最強!
今日のデッキの種は、最近少しずつ目立つようになってきた『デスフェニ出張』について!《フュージョン・デステニー》と素材を採用するだけで、手軽に最強融合モンスターである《D-HEROデストロイフェニックスガイ》を採用できるお手軽出張!...

※詳しくは上記関連記事よりご確認ください!

Twitterでの高価買取募集も増えてきています

https://twitter.com/akihabara_labo/status/1419209177755308034?s=20
https://twitter.com/HBST_bansyoji/status/1418795040759894017?s=20

《D-HEROダッシュガイ》と共に関連カードも高価買取されています。《D-HEROディバインガイ》とか《フュージョン・デステニー》(プリシク)の値段もヤベェ事になってるなぁ……。

あとこんなのも見つけました。レリーフの《ダッシュガイ》なんてあったのか……( ゚Д゚)

ダッシュガイが高騰するのは予想外でした

《フュージョン・デステニー》で落とすなら《ディアボリックガイ》《ディナイアルガイ》《ディスクガイ》《ディバインガイ》のどれかだろう……と勝手に思い込んでいましたが、出張という観点で《ダッシュガイ》に注目が集まるとは流石に予想できませんでした!

まぁでも、《ダッシュガイ》の墓地効果って実は結構やり手だし、機能しそうにないなら《ディバインガイ》で惜しみなく除外出来るし、確かになぁ……って感じ!

長くやってるとホント何が起こるか分からないもんですなぁ……(これも面白さの一つ)。

+1

コメント

  1. 効果にDを要求しないし、コストはいるけど31打点、墓地からどかせばもう一度使える特殊召喚
    結構優秀だな…

    +3
  2. ダッシュガイ好きだからこうして効果が再評価されるのは純粋に嬉しい

    +3
  3. 「フュージョン·デステニー」はなぜ1枚で無く2枚差し何でしょうか?
    1度打ったらもう1枚はゴミ札になるのに入れる意味があるのかなぁっと、Twitterとかで調べても理由が出てこなくて

    +2
    • 想像になってしまうのだけれど、手札から発動せずに、出来るだけアナコンダの効果で融合させたいからだと思う。

      手打ちの価値が高いなら、初動に握れるように3枚採用になることが多いはず。しかし、展開がしっかり見据えられていて、アナコンダの効果で融合を使うなら、1枚だけなら引いてしまっても動けるように2枚採用して事故を防げる。
      あるいは、アナコンダの発動を無効にされても動けるようにだったり、敢えて最小の3枚でなく4枚と多く枠を取ることで、サイドで入れ替えられるカードを増やしていたりもするかもですね。

      +2
    • 管理人の代わりに100点のコメントどうもありがとうございます
      理由も添えて2~3枚と書いておくべきでした<(_ _)>

      +2
  4. ここで書くことじゃないと思うけど、ダッシュガイのレリーフは丁度アッパーデックの偽物生産時期と被ってたと思います……
    偽物掴まされる可能性あるので手に入れる際はご注意を……

    0
  5. たぶん実家に10枚ぐらいある

    0
タイトルとURLをコピーしました