【デスガイド無制限】強化されるデッキや影響を考える!やっぱ幻影彼岸!?

デスガイド無制限時代到来!

2021年1月適用リミットレギュレーションにて、《魔界発現世行きデスガイド》が遂に無制限カードに指定されます(めでたい)!

よくよく考えてみれば、『レアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション』に絵違いで再録される等、解除されるフラグは元々立っていたようにも思えますね。

さて、現在使用率自体は随分と落ち着いていますが、性能だけでみればまだまだ一線級の1枚です。

流石に無制限ならもっと使われるようになるんじゃないか?ってのが管理人の読みなんですが、果たして、今回の無制限指定でいったいどんな変化が訪れるのでしょうか?

スポンサーリンク

魔界発現世行きデスガイド:無制限

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない。

収録
【20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE】
【ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛】
【RARITY COLLECTION-PREMIUM GOLD EDITION】等

  • 手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスターを何でも特殊召喚!
  • リクルートしたモンスターはシンクロ素材に出来ないので要注意!

彼岸、幻影彼岸

ただでさえ多い初動札が更に増えるという事実。【幻影彼岸】に関しては無くても十分という意見もありそうですが、《禁じられた一滴》等のコストにする事を考慮すれば腐る事はほぼないはず。

3軸を強化するギミックは《デスガイド》以外にも沢山ありますが、選択肢が増えるのは純粋に良い事ですからね。

初動を安定させるために《化石調査》を積むパターンもありますし、あらゆる面で【幻影彼岸】に追い風が吹いています。軌跡discordには【幻影彼岸使い】が多いので個人的にも影響が多そうです。

破戒

テーマ内にリクルート先が3種類も存在するという事でチョイス。

自分で触った事が無いのでやや半信半疑ですが、構築的にも結構入るカードとの事です。ヴェーラーとか泡影を食らうとひたすら辛そうな印象はありますねぇ…。

暗黒界

リクルート選択で色んな展開に繋がる名脇役。「未界域」がすっかり定着したデッキではありますが、それでも初動役としてはまだまだ強いと思うので期待!

デーモン

初動がとにかく細いデッキなので、デスガイドからの《魔サイの戦士》⇒《トリック・デーモン》はマジで神。他のデッキの様な代案も中々無いので本当に助かります。

魔轟神

リクルート範囲は意外と狭いですが、テーマの要となる《魔轟神クシャノ》にアクセスできるのがとても大きい。新規入りだとスロット的に苦しい所もありますが、初動が増えるのは良い事ですね。

エクシーズやリンク展開し易くなるのはGOOD!

インフェルニティ

初動として採用している型なら安定感が更に上がって良いのでは?何気に《ダーク・グレファー》も無制限になってるし、【インフェルニティ】的には追い風ピューピュー状態なのかも?

【インフェルニティ】に長けていないので、今の構築的にどれくらいの影響があるのかまでは不明。

管理人はサクリファイスに使います

ガイド⇒デモリッシャーという定番ムーブをするしかねぇ!

あれ?もしかして、《サクリファイス》を強化する意味合いも実は含まれている?

『プリズマティックゴッドボックス』で強化される事を考えると可能性はゼロじゃないけど、流石に考え過ぎかなぁ…。

コメント

  1. ノーレラス出すのにデスガイド使うので無制限はありがたい

  2. ウィジャ盤デッキにも使っている。カース・ネクロフィアを《抹殺の邪悪霊》の効果のために墓地に落としたいから、魔サイの戦士につながるデスガイドは助かる。

  3. 同名呼び出してゼンマイで使ってますね
    マイティ返して

  4. デーモンだと、デスガイドから抹殺or怨念の邪悪霊を出して、2体でケルビーニを作ってから魔サイをケルビーニ効果で墓地に送って魔サイ効果でジェネシスデーモンなどを送ると抹殺の邪悪霊を手札に戻せるので、トリックデーモンをそのターン別の手段で墓地に送っているときに役に立ちますよ

  5. 幻影彼岸で化石調査ってどう使うのでしょうか?

    • 恐らくギラザウルスをサーチしてそのままSSするんじゃないかな

      • ですね
        ギラザウルスを3軸の展開補助に使う動きです

  6. ストラク候補にあったから今後新規がきてテーマ化する流れと思ってたんだが…またそれで規制されたらやだな。

タイトルとURLをコピーしました