【HEROデッキのクロシープさん】シャドーミストやエアーマンが活き活きしやがる!マスクチェンジと相性良すぎ!

関連記事:【クロシープは可能性の獣】リンク+α構成のデッキ全てにワンチャンある性能!簡易融合が旧神ノーデン化するの凄い!

《クロシープ》の有能さについては上記記事などで既に触れましたが、実際に使って(使われて)みて、やっぱりこのカードがヤベェ事が確信に変わりつつあります。

今回は、管理人が実際に体験した【HEROデッキ】の《クロシープ》についてザックリ書いてみました。

スポンサーリンク

クロシープ

《クロシープ》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻 700
【リンクマーカー:左下/右下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

収録:【イグニッション・アサルト】

想像通り、融合モンスターを特殊召喚した際の蘇生効果が超凶悪!

《簡易融合》がノーデンになるってやっぱりヤベェよヤベェよ。

《シャドー・ミスト》の特殊召喚が安定する

《E・HEROシャドー・ミスト/Elemental HERO Shadow Mist》 
効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 

レベル4以下モンスター完全蘇生効果のおかげで、《E・HEROシャドー・ミスト》の特殊召喚が更に安定化。

《E・HEROソリッドマン》から刻めないシーンだったとしても、《クロシープ》を系有する事で《シャドー・ミスト》のSSに成功するシチュエーションが格段に増えていました。

《シャドー・ミスト》が準制限になっている影響も勿論あるとは思いますが、それ以上に《クロシープ》がもたらした影響は大きそうです。

《エアーマン》の過労死具合が上がっている

《E・HERO エアーマン/Elemental HERO Stratos》 
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 

《クロシープ》の影響で《E・HEROエアーマン》の過労死具合が再上昇!

《エアーマン》の効果はターン1じゃない為、蘇生手段が増えれば増えるほど、過労死レベルが上昇していきます。

流石に除去モードで相手ターンに…ってのは無理そうですが、1ターン中に3回以上サーチとかも夢じゃない気がしますね。

相手ターン《マスク・チェンジ》がテクい

《マスク・チェンジ/Mask Change》 
速攻魔法
(1):自分フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスターと同じ属性の「M・HERO」モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。

 

《クロシープ》の効果を相手ターンに誘発させる相手ターン《マスク・チェンジ》も強力です。

《クロシープ》の効果は名称ターン1ですが、ターンを跨ぐ事で実質2回特殊召喚を刻むことが出来るようになります。

蘇生するモンスターの選択は状況依存になりますが、2枚目の《マスク・チェンジ》目的で《シャドー・ミスト》を蘇生したり、防御用の《オネスティネオス》サーチ用に《エアーマン》を特殊召喚するのが丸いでしょうね。

ただし、これを成す為には攻撃力700の《クロシープ》を相手に晒す事になります。

《ヒーローアライブ》でライフを雑に消費する「HERO」的には、このリスクは安くありません。これが要因となって負ける事も勿論あり得るので、狙う際は細心の注意を払った方が良さそうです。

ランク4を戦術に組み込み易くなってました

まぁ、ノーデン化するんだから当然と言えば当然(笑)。

先攻で立てて強い《クロノダイバー・リダン》とかも追い風になってて、ランク4を絡めた戦術も以前より強化されています。

《クロシープ》を使用する時点で選択できない「HERO」カードも多くある(例:ファリス等)為、必然的にエクストラに余裕が出るのも噛み合ってますね。

ファリスギミックと張り合える強さかもしれない

【HEROデッキ】と言えば《V・HEROファリス》を使ったギミックが定番化していますが、各種誘発・妨害への虚弱性などを考慮すると《クロシープ》ギミックも良い勝負できるじゃないでしょうか?

《クロシープ》…やはりお前は可能性の獣じゃったか…。

コメント

  1. 融合後もケアできるクロシープ、実質好きな融合ができるアナコンダ・・・融合デッキの未来が明るい
    明る過ぎて暗闇からの規制狙撃が怖い

  2. クロシープはやっぱ融合効果が一番使いたいですよね
    ただシンクロの打点強化はクロシープにも及ぶしエクシーズならラグナゼロとのコンボもあるのでその辺上手く使ってみたい

タイトルとURLをコピーしました