【トークンコレクターに注目集まる】海外ではニビル対策として大活躍中の様子

来たぞ来たぞ来たぞ!

遂に《トークンコレクター》が評価される日がやって来たぞッ(多分)!?

トークンにまつわる3つの効果で相手を妨害!特に③効果によるトークン生成締め出し戦法はかなりエグイ!

結構真面目に有用なので、真剣にデッキへの採用を検討する価値があるかも?

スポンサーリンク

トークンコレクターとは?

《トークンコレクター/Token Collector》
効果モンスター
星4/地属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
トークンが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドのトークンを全て破壊し、
このカードの攻撃力は破壊したトークンの数×400アップする。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにトークンを特殊召喚できない。

収録:【ソウルフュージョン】

トークンに関連する3つの効果を持つモンスターで、特に③効果は「原子生命態ニビル」や「リンクロス」「アウローラドン」メタとして注目されているとかいないとか?

今回注目を集めたのは主に「双天(そうてん)」の影響みたいですが、それ以外の用途で稀にサイドボードで見かける事はあります。

なお、『ソウル・フュージョン』のノーマルレア枠で収録されたっきりなので、流通量はそこまで多くありません。

確かにトークン生成効果最近よく見ますね

ザっと思い浮かべただけでも即座に出てくる存在感よ…。

トークン生成三銃士と言っても良い位の頻度で見かけるカード達ですが、確かに先攻で《トークンコレクター》を出しておけば良い対策になってくれますよね。

「リンクロス」や「アウローラドン」に関しては①②で妨害もしに行けるし、真面目に強いんですよねぇ~

でも今回は「双天(そうてん)」の影響っぽい?

上で挙げた様なカードの対策として地味に注目されている部分も勿論あるとは思いますが、実は今回は「双天」の公開が最大の要因みたいです。

twitterとかだと《弱肉一色》と《トークンコレクター》がセットで話題になっていることが多いので、おそらくこの考えで間違いなさそうです。

…というか、「双天」メタとして本当に使うのだろうか…(いつも悩む絶妙な性能)。

海外(TCG)では既に大活躍中らしい

海外(TCG)では「アダマシア」が大流行中らしく、対策として《増殖するG》の代わりに《原子生命態ニビル》が採用されまくるという現象が発生しているようです。

それを受け、「ニビル」対策として《トークンコレクター》が採用されているとかいないとか?

まぁ確かに、「増G」が無ければ「アダマシア」は活き活きするだろうし、代わりに「ニビル」が使われるのは必然って感じがしますね。

…そして、その対策として《トークンコレクター》……(渋い)!

今後伸びてくる可能性は十分にあるカードです

TCG環境程の『大ニビル祭』にはなっていませんが、今後強力な展開系デッキが台頭する事で再評価される可能性は十分に秘めているカードだと思います。

とりあえず「リンクロス」と「アウローラドン」の2枚を見れるだけでも偉いよなぁ~

コメント

  1. リンクロス立てた時点で手札or墓地登場するから、召喚権食わず「リンク-1」で置ける事は置ける。強いかどうかは分かんない

  2. リンクロスを没立ちにさせてワンキルしてやりたいね

  3. 双天に対して撃つタイミングない気がするんですよね
    招来はトークンSSした後に効果処理の間にそのトークン使ってしまうので
    けどアウラやリンクロスみれるってだけで充分強いサイドカードに感じます

タイトルとURLをコピーしました