【ティアラメンツ・ルルカロス|効果考察】可愛くて強い!絶対正義の新エース

今日の夜記事は、2022年7月16日発売『DARKWING BLAST|ダークウィング・ブラスト』に収録される予定の新カード《ティアラメンツ・ルルカロス》の特集です。

ただでさえ強い【ティアラメンツ】が、更なる新規で超絶強化!

戦闘破壊耐性・特殊召喚する効果の発動無効破壊・セルフssの3つの効果で、【ティアラメンツ】のEXデッキに新たな風を吹き込む新エース!《ティアラメンツ・ルルカロス》がマジで強い!

スポンサーリンク

ティアラメンツ・ルルカロス|効果考察

融合・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻3000/守2500
「ティアラメンツ・キトカロス」+「ティアラメンツ」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分の水族モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):モンスターを特殊召喚する効果を含む効果を相手が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ティアラメンツ」カード1枚を選んで墓地へ送る。
(3):融合召喚したこのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

収録:【ダークウィング・ブラスト】

〇ティアラメンツなら容易に揃えられる素材指定
〇相手に効果除去を強制する戦闘破壊耐性
〇手札の「ティアラメンツ」カードを効果で墓地送りに出来る特殊召喚を含む効果の発動無効破壊
〇セルフss効果はカレイドハートよりも少し控えめ

今までドラゴスタペリアを出してたノリで出すことが出来る新エース

融合・効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻2700/守1900
融合モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

《ティアラメンツ・キトカロス》+「ティアラメンツ」モンスターという指定なので、今まで《捕食植物ドラゴスタペリア》を展開していたノリや状況で運用できるモンスターになっています。

盤面のモンスター効果に睨みを利かすなら《捕食植物ドラゴスタペリア》の方が融通が利きそうですが、戦闘破壊耐性や特殊召喚無効を伴う破壊等が有効なシーンでは、こちらを積極的に狙っていくことになりそうです。しかも、②効果で墓地に送った「ティアラメンツ」カード次第では、そこから二の矢として《捕食植物ドラゴスタペリア》を展開する事も出来ます。

なお、名称を指定している融合モンスターの為、《沼地の魔神王》で出す事も勿論可能です。強い!

自身以外の水族モンスターに戦闘破壊耐性を付与

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの融合モンスター及び「ティアラメンツ」モンスターの攻撃力は500アップする。
(3):自分フィールド・墓地の「ティアラメンツ」モンスターがデッキ・EXデッキに戻った場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

ルルカロス自身は範囲外ですが、そもそも3000打点のモンスターなので戦闘には元々強いですし、《壱世壊=ペルレイノ》があれば3500打点にまで上昇するので心配はないでしょう。

戦闘突破を抑制された相手は、結果的に効果による除去を余儀なくされる為、「ティアラメンツ」モンスターの効果(効果によって墓地に送られる)に繋がり易くなるのもデザインとして美しいです。

特殊召喚を含む効果の発動を無効にして破壊する激強効果!

②効果は、特殊召喚を含む効果に幅広く対応できる発動無効破壊効果!

《死者蘇生》等の蘇生、《融合》等の展開札など、該当カードはかなり多め。無効にして破壊するので、《PSYフレームギア・γ》や《原始生命態ニビル》を手札に残す心配もないのが嬉しいですね。

しかもこれ、手札及び自分フィールドの表側表示の”ティアラメンツ”カードってなってるので、手札の「ティアラメンツ」モンスターや、表側表示になっている《壱世壊を劈く弦声》や《壱世壊に奏でる哀唱》を墓地に送って効果に繋げられるのが激ヤバですよねぇ……。

蘇生効果はカレイドハートよりも少し控えめ

融合・効果モンスター
星9/闇属性/悪魔族/攻3000/守3000
「ティアラメンツ・レイノハート」+水族モンスター×2
このカードは融合素材にできない。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、またはこのカードがフィールドに存在する状態で、
水族モンスターが効果で自分の墓地へ送られた場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚し、デッキから「ティアラメンツ」カード1枚を墓地へ送る。

カレイドハートに似たセルフss効果を持っていますが、ルルカロスには”融合召喚した”というテキストがある為、何度も何度も……と言った感じでとり回す事は出来なくなっています。まぁ、素材の緩さから考えれば妥当なところではないでしょうか?

しかも同時収録される魔法・罠も激強!

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分のデッキ・墓地から「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を選んで特殊召喚する。
その後、種族または属性がこの効果で特殊召喚したモンスターと同じとなる自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、除外されている自分の「ティアラメンツ」罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。その後、自分の手札を1枚選んで墓地へ送る。自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、この効果の対象を2枚にできる。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、自分の墓地の「ティアラメンツ」罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにモンスターが召喚・特殊召喚された場合に、自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在していれば発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。このターン、相手フィールドのモンスターの攻撃力は500ダウンする。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「ティアラメンツ」罠カード1枚を手札に加える。

しかも同時収録される魔法カードもベラボーに強いという優遇っぷり。【ティアラメンツ】、本当に恐ろしいテーマだぜ……。

ただでさえ強いのに……

7月改訂など、諸々の事情をすり抜けて、ただでさえ絶好調な【ティアラメンツ】が更に強化!

恐らく【スプライト】等にも追加強化があると思いますが、このままだと環境独走状態が起きる可能性もありそうです(;^ω^)

+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました