【ジ・アライバル・サイバース@イグニスター効果考察】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとどっちを優先すべき?

2020/1/11日発売『エターニティ・コード』に収録される新カード《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の効果考察記事です。

史上初のリンク6モンスター!最大攻撃力6000の完全耐性(他のカードの効果を受けない)!毎ターン使える破壊&トークン生成効果!

素材の重さに見合った強力なモンスターではありますが、競合となるモンスターの存在や、天敵となるカード等、考察すべきポイントは多数存在します。

本記事では、筆頭競合である《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》との比較・弱点である「壊獣」、打点突破対策の3点を中心に語っていきます。

(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C)Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ジ・アライバル・サイバース@イグニスター

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》 
リンク・効果モンスター
リンク6/闇属性/サイバース族/攻 0
【リンクマーカー:上/左/右/左下/下/右下】
属性が異なるモンスター3体以上
(1):「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×1000になる。
(3):このカードは他のカードの効果を受けない。
(4):1ターンに1度、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、このカードのリンク先となる自分フィールドに「@イグニスタートークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

攻撃力0で打点が変動するタイプのモンスターは、効果無効が弱点になる事が多いですが、こちらは③効果で完全耐性を持っているのでその心配はかなり薄くなっています。

素材指定の関係で汎用運用する事は難しいですが、「@イグニスター」ならば強さを維持しつつキッチリ展開できるモンスターに仕上がっているとは思います。

④効果は、フィールドのモンスター破壊とトークン生成を同時に熟す純粋に強い効果であり、出てきたトークンの用途も「@イグニスター」なら豊富なので良いですね(融合・リンク素材が主?)。

「@イグニスター」なら普通に展開できる素材指定

《ダークナイト@イグニスター》の効果が通った時点で4000打点相当の《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》保証って所でしょうか?

「@イグニスター」なら比較的簡単に素材を揃えられる素材指定だとは思いますが、そのほかのデッキに出張させるとなると、”属性が異なる”の部分でリンクを経由する事になり、結果3000~4000程度で落ち着きそうな感じがします。

一応、最大打点は6000ですが、これについては「@イグニスター」でも割と厳しめな印象。間に中継を挟むなら4000~5000が良い所って所だと思います。

wiki曰く、墓地にレベル2モンスターがいる状態ならば、《サイバース・ガジェット》からの《スプラッシュ・メイジ》⇒《トランスコード・トーカー》展開で3体素材(攻撃力3000)の《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター 
を展開できるようです。1枚で出せるのは魅力的ですが、出来れば4000打点は欲しい気がしますね。

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》とどちらを優先すべきか?

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード/Firewall Dragon Darkfluid》 
リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できる。

 

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》が競合相手として濃厚でしょう。

リンク数的には《ダークフルード》の方が軽いですが、エクシーズ・シンクロ・融合を経由する手数を考慮すると同等程度(こっちの方がちょい重?)の指定だと思います。

結局は相手のデッキや状況に左右される事なので、一概に「こっちを優先すべき!」と断言するのは難しいですが、先攻で立てるならモンスター効果を妨害できる《ダークフルード》の方なのかな?

まぁ、相手が《ライトニング・ストーム》とか持ってたら目も当てられませんが、《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の方もランク4相当(ライトニング)で突破できる事を考えると非常に悩ましいです。

一度出してしまえば《Aiドリング・ボーン》で蘇生可能

《Aiドリング・ボーン》 
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、墓地のこのカードと手札1枚を除外し、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

一応、《Aiドリング・ボーン》の効果で蘇生できるのは《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の強みと言えるのかな?

ただし、打点0を攻撃表示で出す事になるので、④効果で除去&トークン生成してリソースに転用する事にはなると思います。

壊獣されたら泣いちゃうよ!

パーフェクト状態の《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》が処理されるとすれば、それは恐らく「壊獣」の仕業。

リンク6を1枚で処理されたら流石に泣いて良いわ…(;^ω^)

メインから入ってる事が稀ですが、《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》が認知されているなら当然サイドから入ってくる可能性はあります。

まぁ、これは大型モンスターを扱うデッキの宿命みたいな所ありますよね。

戦闘突破にご用心!墓地にAi打ち落としておきたいね

DSCF3185

パーフェクトで出さない限り《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》の恐怖は常について回りますし、攻撃力3000、4000ラインだと下級「HERO」に《E・HERO オネスティ・ネオス》を使われるだけで突破される可能性すらあります。

なお、《ヴァレルソード・ドラゴン》相手だと6体素材でも一方をとられます(なんでこんなに強いのか…)。

「壊獣」をケアしきるのは正直難しいと思うので、それならばもう一つの穴である戦闘突破側位は盤石にしたいものです。

《Ai打ち》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分と相手のモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力と同じになり、そのダメージステップ終了時にその戦闘で破壊されたモンスターのコントローラーはその元々の攻撃力分のダメージを受ける。
(2):自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

こちらに関しては、テーマ内にある《Ai打ち》の②効果で比較的簡単に保険を掛ける事が出来るので、できうる限り狙って行きましょう(効果を受けないモンスターでも《Ai打ち》の身代わり効果は適用できます)。

相手ターンを守りきれば④効果でヴァレソも倒せるから…(白目)。

ダークフルードと1枚ずつ採用したいですね

対面によって使い分ける必要が出てくるカードなので、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の2大エース体制が丸いと思います。

割とエクストラが厳しいデッキではありますが、1枚ずつ採用なら枠を確保できない事はないはずです。

皆でワイワイ語ってます!良かったらどうぞ!
遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    6000のジアライバルもヴァレソで突破されてしまうのが悲しいところ。

    • cast より:

      そうか相打ちになるのか…(;^ω^)
      いや違う…一方だ(白目)

      • 匿名 より:

        リンク4の汎用がやたらと強いんですよね(´・ω・`)
        テーマの素材縛りのあるカードより縛りない方が強いことが多いっておかしい(白目)

  2. Aiドリングなどで蘇生できるのをいいことに、アクセスコード・トーカーの素材にしたいです。
    8300のアクセスにロマンを感じます。。。エクストラはきついけど・・・

    • cast より:

      リンク6である事を最大限に活かせますね!
      まぁ、エクストラはなんとかやりくりするしかないw

  3. 匿名 より:

    アストラムにも倒されますね

  4. 匿名 より:

    出すとしたらやはりダークナイト効果からの4000打点が現実的ですが、同じイグニスターではアースゴーレムに戦闘破壊されてしまうレベル。
    4000打点程度ならアースゴーレムかウォーターリヴァイアサンを召喚した方が良いですしね。
    扱いが難しいけど耐性のないイグニスター達の中で唯一場持ちが良いのは魅力。耐性ありの除去能力あり4000打点と見るべきか。

  5. 匿名 より:

    アニメ的にはダークフルードはコード・トーカーの方が良いですよね。これからアクセスコード・トーカーも出ますし。その素材のためにダークフルードをフルパワーにする必要もないのかな、と思います。
    逆にジ・アライバル・サイバース@イグニスターはイグニスターに入れた方がロマンがあっていい。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【ヴァレルエンド・ドラゴン効果考察】ヴァレルロードで処理可能?攻略法・除去手段を考えよう!

『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)ライバル枠特集第二

【メダロット:スリーブ・プレマ等発売決定!予約開始!】ババンバンとデュエルだ!【サプライの軌跡】

「メダロット」のカードサプライ(スリーブ,マット,デッキケース

【公式動画】強欲な壺やカオソルフィギュアを動画でチェック!カオソルカッコイイね…

Vジャンプチャンネルにて、付録カード《焔聖騎士-リナルド》の効果紹

【全員応募者サービス】ラーの翼神竜(絵違い)20thシク!封印の黄金櫃、ブラホシークレット!

2020年1月20日発売週刊少年ジャンプ8号で実施される応募者全員

【スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン効果考察】奇跡のトリプルチューニング!どう出す?

12月21日発売『レジェンダリーゴールドボックス』(SPパック)に

【レアコレ・プレミアムゴールドエディション】収録カード公開:灰流うらら等、手札誘発娘が全て再録!プレミアムゴールドレア仕様もあります

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、2/8日発売『RARITY C

【レジェンダリーゴールドボックス再録情報】《青き眼の賢士》,《レッド・デーモンズ・ドラゴン》,《アドバンスド・ダーク》再録!

『レジェンダリーゴールドボックス』付属SPパックに収録される再録カ

【エターニティ・コード収録カード情報】新テーマ「深海」・カードイラストに水属性テーマモンスターが色々いる?!

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、1/11日発売『エターニティ・コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑