【天孔邪鬼|アマノジャキ効果考察】神属性宣言御前試合ロックコンボという怪電波を受信した!

『ブレイジング・ボルテックス』に収録され謎の新カード《天孔邪鬼》の特集です。

このカードと同じ属性を持つ自分フィールドの特殊召喚されたモンスターの効果発動を抑制する凄いメタ的存在!…そんなトンデモないデメリット効果を相手フィールドに送りつけつつ属性を変更できるって面白過ぎでは?

ロック精度・コントロール難易度に多少の疑問はありますが、純粋に送り付けやすくて属性が自由自在なモンスターって点だけでも一定以上の価値を見出せそうな逸材な気がしますねぇ~

スポンサーリンク

天孔邪鬼(アマノジャキ)効果考察・使い方

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1000/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はこのカード以外の、このカードと同じ属性の特殊召喚されたモンスターの効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。このカードのコントロールを相手に移す。その後、このカードの属性を次のターンの終了時まで任意の属性に変更できる。この効果はこのカードの元々の持ち主のターンにしか発動できない。

収録:【ブレイジング・ボルテックス】

②効果で送りつけて1属性を縛る効果

①効果だけだと単なるデメリットテキストなんで、それを②効果で相手フィールドに送り付けて使うまでがワンセット。②効果は元々の持ち主のターンにしか発動できないので、次の自分のターンまで効果で返却される心配はないですね。

なお、①効果はあくまで発動できなくなる効果なので、永続効果には影響を及ぼしません。あと、既に発動した効果は無効にならないので、相手の効果発動にチェーンして送り付けても手遅れなので要注意です。

チューナーなのが最大のネック?シンクロやハリに使われちゃう!

相手の場に送り付けてロックを仕掛けるのが主な役割となるモンスターですが、チューナーである事でシンクロやリンク(主にハリファイバー)の素材に使われしまうという欠点を抱えています。

まぁ、これでシンクロ・リンク素材にするのが難しい調節だったら普通に強すぎる気もしますし、自分で使う分に関してはチューナーはメリットなので、これはこれで良調整かもしれませんね。

相手の場に送り付けるのが滅茶苦茶簡単なモンスター

これ程簡単に相手の場に送り付けられるモンスターは本当にレアで、類似モンスターを探すのが正直難しいレベルです。相手の場に的を送り付けるコンボをしたい時とか滅茶苦茶重宝するでしょうね。

あと、属性を任意に変えられる点も本当に凄い!

基本的には相手の場のモンスター効果を抑止する為の属性宣言ですが、それ以外の活用法もワンチャンあり得る柔軟性です。相手の場に簡単に”神属性”を送り付けられる…凄くないっすか?

普通に攻撃の的として送り付けるのもまぁまぁアリかもしれませんね。

天孔邪鬼(アマノジャキ)と相性の良いカード

機巧狐-宇迦之御魂稲荷|ウカノミタマノイナリ

効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2250/守2250
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。手札・デッキから、攻撃力と守備力の数値が同じで、属性が対象のモンスターと同じとなるモンスター1体を特殊召喚する。
(3):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に発動する。相手に300ダメージを与える。

相手の場の属性参照を容易にする
参照する相手フィールドの属性をこちらが用意するコンボ。《天孔邪鬼》の②効果で送りつけつつ神属性にし、《機巧狐-宇迦之御魂稲荷》でオベリスクをリクルートするのは面白そう。

壱時砲固定式

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のバトルフェイズに、1・2・3・4・5・6のいずれかの数字を宣言して発動できる。相手フィールドの効果モンスター1体を選び、以下の数値を合計した数が自分の墓地のカードの数と同じ場合、宣言した数まで自分のデッキの上からカードを墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主のデッキに戻す。違った場合、自分は宣言した数×500LPを失う。
●選んだモンスターのレベル×宣言した数
●相手フィールドのカードの数

特定のレベルを送り付ける事で数値コントロールを容易にする
レベル3を送り付ける事で数値のコントロールを安定させるコンボ。3で不都合があるなら《暗黒界の導師 セルリ》を送り付けるのも良いかも?
まぁ、参照するレベルを固定化できても《壱時砲固定式》をうまく使うのは至難の技ですがねw

魔鍾洞

フィールド魔法
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(2):自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。このカードを破壊する。

送り付けた上で魔鍾洞
相手の場にモンスターを送り付けて魔鍾乳洞してターンエンドするという鬼畜。魔法・罠除去がなかったら良い感じに困ってくれるはずですよ…(愉悦)。

御前試合

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には
1種類になるように墓地へ送らなければならない。

神属性宣言アマノジャキ最強説
神属性を宣言したアマノジャキが存在する状態で、《御前試合》を発動すればロックを仕掛けられる。
《ラーの使徒》によるロックコンボと比較対象になりそうですが、《御前試合》は単独でも強いってのが魅力的な気がします。

強いかどうかは別として凄いカードなのは間違いないです

強いかどうかはまた別の話ですが、送り付け・属性参照が重視されるコンボにおいてはかなり革新的な1枚だと思います。

《機巧狐-宇迦之御魂稲荷(ウカノミタマノイナリ)》で神を呼ぶのはちょっとやってみたいですねぇ~

コメント

  1. ジャックナイツと混ぜたら面白そうと感じたんですが、もう組んでないから実際に回してる人の意見が欲しいですw

  2. 相手に天孔邪鬼渡して御前試合貼ったなら次の自分のメインフェイズはモンスター召喚スタートじゃないと送り返されて逆にロックされますね

    • ライストなんかでフィールド掃除されてるとあれだけどモンスターがいる状態でターン返ってくれば相手がやり返すのは無理

  3. 海造賊…ダメかw

  4. 居合いドローで送る枚数調整したり、クリアー・ワールドで相手の手札ばらしたり、ディサイシブ・アームズでFTK狙ったりもできますね

  5. カードのルビ、「アマノクジャキ」ではないでしょうか?皆様スルーなさってるようですが、一応。

タイトルとURLをコピーしました