【トライブリゲード|鉄獣戦線キット効果考察】オースの墓地効果を狙ったり除外コストを稼いだり【魔法・罠を落とせるのがデカイ】

『ブレイジング・ボルテックス』収録《鉄獣戦線キット》の特集記事です。

メインデッキに入る4種類目の「トライブリゲード」モンスターはまたしても獣族!これにより、《フラクトール》からのアクションで計4枚の獣族・獣戦士族・鳥獣族に触れるようになりました。

「トライブリゲード」魔法・罠を墓地に落とせるといったアイデンティティも備えつつ、純粋に「トライブリゲード」リンクモンスターのサポートとしても優秀。レベル2の獣族と言う事で「メルフィー」等のローレベル獣デッキにも影響を与える1枚になりそうです。

スポンサーリンク

鉄獣戦線キット|効果考察

《鉄獣戦線 キット》
効果モンスター
星2/炎属性/獣族/攻 700/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「鉄獣戦線 キット」以外の「トライブリゲード」カード1枚を墓地へ送る。

収録:【ブレイジング・ボルテックス】

フラクトールからの動きで1枚追加で除外コストを稼げるカード

「墓地肥やしなら《フラクトール》で十分じゃね?」って意見もあるかもしれませんが、一手挟む事で墓地の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの量をかさまし出来るのは純粋に良いですよね。

《フラクトール》⇒《キット》⇒《ナーベル》⇒《ケラス》って刻むと圧縮力高く、ルート的にも滅茶苦茶綺麗に収まります。《フラクトール》は《天キ》でサーチ可能ですし、安定感も十分です。

フラクトールでカバーできないトライブリゲード魔法・罠も墓地に送る事ができる

《鉄獣の邂逅》
墓地効果で自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを戦闘・効果による破壊から守る事ができる※身代わり
《鉄獣の血盟》
墓地効果で相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードをターン終了時まで無効にできる。魔法・罠による厄介な置物を突破する際に便利な択。※ただし自分フィールドに獣族・獣戦士族・鳥獣族がそれぞれ1体以上存在する必要があるので条件が重い。
「トライブリゲード」カードをを墓地に送れる事が《キット》最大のアイデンティティになると思います。今後優秀な墓地効果を持つ「トライブリゲード」魔法・罠カードが増える度に評価が上がるカードになりそうです。

メルフィー的にはとてもありがたいレベル2の獣族

《鉄獣戦線ケラス》に続く2枚目のレベル2の獣族「トライブリゲード」モンスターとなります。

《魔獣の懐柔》からの特殊召喚候補として優秀なので、ここから墓地効果で《鉄獣戦線ナーベル》を落として《鉄獣戦線ケラス》をサーチするのもアリだと思います。

同パックに《おジャマ・ピンク》も収録されているので、「メルフィー」的に得るものはかなり多いと個人的に考えています。

純トライブリゲードのデッキパワーも上がりそうです

欲を言えば《鉄獣の抗戦》をサーチするカードが欲しいと事ですが、間接的にでも《邂逅》と《血盟》の墓地効果にアクセスできるようになったのは大きな一歩だと思います。

特に《血盟》は攻める時の制圧突破に一役買えるカードだと思うので、今後の活躍にも期待したい所ですね。

個人的には「鉄獣戦線メルフィー」の強化につながるカードなので、そこら辺を詰めていきたいと考えています。

コメント

  1. なるほどこいつは「メルフィーキット」でもあると…なんか名前も違和感無いな。

  2. メルフィーじゃなくても鉄獣戦線出張出来るデッキならとりあえず1枚採用して墓地傘増しできるの強いなあ。フレスヴェイクでエクストラの選択肢も増えましたしどんどん強くなって欲しい。(フレスヴェイクの考察記事待ってます)

タイトルとURLをコピーしました