【パイル・アームド・ドラゴン効果考察】革命的なサンダー強化!デッキからコストで墓地に送るの偉いぜぇ

2021年3月19日発売予定『ザヴァリュアブルブックEX』付録カード特集!

今回は、【アームド・ドラゴン】を強化する新カード《パイル・アームド・ドラゴン》をご紹介!

効果自体はシンプルですが、その効果発動にコストを伴う事がこのカード最大の強み!

①の特殊召喚で手札の「アームド・ドラゴン・サンダー」を、②の打点アップでデッキの「アームド・ドラゴン・サンダー」の効果を狙え!狙え!!狙え!!!

午前の記事で紹介した《魔道騎竜カース・オブ・ドラゴン》にも言える事ですが、1枚のカードでよくぞここまで大きな変化をもたらせられるなぁ……って(感心しっぱなし)。

スポンサーリンク

パイル・アームド・ドラゴン

効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):風属性またはレベル7以上の、このカード以外のドラゴン族モンスター1体を手札から墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札・デッキから「パイル・アームド・ドラゴン」以外の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はモンスター1体でしか攻撃できず、
対象のモンスターの攻撃力は墓地へ送ったモンスターのレベル×300アップする。

収録:【ザ・ヴァリュアブル・ブックEX】

①効果のコストが中々に独特

《パイル・アームド・ドラゴン》の①効果のコストに出来るのは以下の通り

  • 風属性・ドラゴン族のモンスター
  • レベル7以上のドラゴン族モンスター

ドラゴン族なら何でもOKは流石に困るけど、レベル7以上だけで指定してしまうと「Lv3」や「Lv5」(アームド・ドラゴン)が噛み合わなくなる為、こんな感じの書き方になったと予想。※発動する為のコストで墓地に送るので、「アームド・ドラゴン・サンダー」達の効果も勿論誘発する。

こういう書き方をしてくれたおかげで、逆に採用できるデッキが広がっているのはありがたい限り。【アームド・ドラゴン】以外にも以下のデッキで採用を検討できそうです。

  • 【ドラグニティ】
  • 【オッドアイズ】 等

②効果を「アームド・ドラゴン・サンダー」のトリガーとする事が出来る

「アームド・ドラゴン・サンダー」達の③効果は、ドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られさえすれば誘発する為、別にデッキから送られても問題なし!

このテキストを見た瞬間、「成程!こう来たか!」と思ったのは私だけではないはず……(感心)。

10000の高みを目指しながらデッキから落としてドローやサーチを狙うって無駄が無さ過ぎますね!

効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 900
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV3」として扱う。
(2):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドのこのカードを墓地へ送り、
手札・デッキからレベル5以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
対象のモンスターの攻撃力を900上げながら1ドローできる。
効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1700
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV5」として扱う。
(2):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドのこのカードを墓地へ送り、
手札・デッキからレベル7以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上のドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える。
対象の攻撃力を1500アップしながらレベル5以上のドラゴン族・風属性モンスターをサーチできる。
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アームド・ドラゴン LV7」として扱う。
(2):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドのこのカードを墓地へ送り、
手札・デッキからレベル10以下の「アームド・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードがドラゴン族モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「アームド・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。
対象の攻撃力を2100アップしながら「アームド・ドラゴン」カードをサーチできる。

打点上昇は永続、攻撃力10000を目指せるか!?

効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
(1):「アームド・ドラゴン」モンスターの効果で特殊召喚したこのカードは、
自身の攻撃力によって以下の効果を得る。
●1以上:カード名を「アームド・ドラゴン LV10」として扱う。
●10以上:このコントロールは変更できない。
●100以上:戦闘では破壊されない。
●1000以上:相手ターンに1度、手札を1枚墓地へ送り、
フィールドの他のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自身の攻撃力を1000アップする。
●10000以上:1ターンに1度、発動できる。
フィールドの他のカードを全て破壊する。

なお、《パイル・アームド・ドラゴン》の②効果による打点上昇は次のターン以降も適用されるので、これで夢の10000打点を目指せ!って意味合いも少なからず含まれているはずです。

まぁ、1000以上モードだけでも十分にやれる性能ではありますが、どうせなら10000目指したいですからねぇ……(これで多少は目指しやすくなったかなぁ……大変)。

コメント

  1. アームド・ドラゴン強化は嬉しいのだけど、本の付録ではなく、普通にパックに入れてほしかった。
    何気にハーピィにも使えるのが面白いですね(風属性・ハーピィズペットドラゴン)。

  2. Wikiに書いてあったけど、サンダーLV5をコストにして嵐征竜テンペストをサーチし墓地に落ちたドラゴンを使って特殊召喚、ドラゴン族レベル7が二体なので覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン→オーバーロードと重ねて三回攻撃って流れが美しいですね

    • その流れだとパイル・アームド・ドラゴン自身のデメリット効果で攻撃できないんじゃ…?

      • 殴るモンスターは誰でもいいので成立するはず

      • レベル10を強化して殴って貰おうというサポート特化のアームドドラゴン

タイトルとURLをコピーしました