【戦華の孟-曹徳・効果考察】ゴヨウもビックリのコントロール奪取効果3000打点(セルフ特殊召喚効果付き)

『エターニティ・コード』に収録された新カード《戦華の孟-曹徳》の効果考察記事です。

「戦華(せんか)」って事で(テーマカード)スルーしちゃってる人も大勢いそうな雰囲気のカードですが、よーく見るとこのカード凄い事が色々書かれているんです。

攻守3000/2500・セルフ特殊召喚効果・条件付きの耐性・コントロール奪取効果…曹徳マジ曹徳。

スポンサーリンク

戦華の孟-曹徳

《戦華の孟-曹徳》 
効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守2500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合、このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

相手フィールドのカードが破壊されればOK!手札・フィールドのカード1枚を送ってSS

①効果は相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊されれば何でもOKなので、例えば《サイクロン》,《ハーピィの羽根帚》,《ライトニング・ストーム》等でトリガーを引く事もできます。

手札・フィールドのカードをコストで送る必要こそありますが、能動的に墓地に送りたいカードをコストにすれば更なるメリットを生む事も可能です。

手札だけでなくフィールドのカードという部分が実に「戦華」らしいですが、これは「戦華」に限らず、場に残る永続魔法・罠・フィールド魔法を墓地に送る手段として重宝することでしょうね。

いらなくなった《チキンレース》,《スキルドレイン》等を強制OFFする等、単なるSSには止まらない活躍が期待できるかもしれません。

「戦華」モンスターが存在する限り相手効果の対象にならず、効果で破壊されない

この部分は「戦華」専用の部分になりますが、他の「戦華」モンスターがいる限り、効果破壊耐性・効果対象不可になるのは頼もしい限り。

「戦華」は別名の「戦華」モンスターを横に並べるのが比較的得意なテーマですし、曹徳以外のモンスターも独自に耐性を得たり、耐性を付与したりするのが得意なので強度的には中々のものです。

盤面次第では、曹徳以外を先に処理すればイージーに対処できるという話では終わらないので、対峙する際にはご注意下さいね。

ゴヨウもビックリのコントロール奪取効果

恐らくこのカード最大の見所がコチラのコントロール奪取効果。

戦闘破壊するというワンクッションはありますが、攻撃力3000の曹徳なら存分に活かす事ができる効果だと思います。

守備表示での特殊召喚は、その後の連撃を防ぐためのセーフティー機能ですな。

「戦華」以外で雑に使っても普通に強くない?

勿論「戦華(せんか)」で使うのが最適解ではありますが、それ以外のデッキで使っても普通に強そうなのが良いですよね。

最近はこんな感じでテーマという隠れ蓑を身に纏った汎用カードが多いなぁ~(雙極の破械神とか)。

しかもこの性能でレアカードですからねぇ……昔なら余裕のスーレア・ウルトラレア枠だったでしょうねw

宣伝:遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

コメント

  1. 自分は壊獣と戦華を混ぜてますが、妨げで出した壊獣を戦闘破壊しつつ曹徳をSSできるのでかなりオススメですよ〜!

  2. 墓地にが2回続けて書いてありますよ〜

    • 本当だ…
      どんだけ送りたいんだ私は…

  3. 何気にライバルステータスというのが曹操らしい

タイトルとURLをコピーしました