【スロワースワロー効果考察】コバルト・スパローでサーチ可能!実質LL新規だコレ

『ドーン・オブ・マジェスティ』に収録された新カード《スロワースワロー》の特集記事です。

《LL-コバルト・スパロー》でサーチできるレベル1特殊召喚要員ってマジ!?

この手の特殊召喚モンスターは数あれど、ここまで【LL(リリカルルスキニア)】とマッチしているモンスターは類を見ません。※イラストの段階でシナジーを感じずにはいられないッ!

しっかし、鮮やかでいてふわふわなイラストが本当にキュートですね……(*’▽’)カワイイゼ

スポンサーリンク

スロワースワロー効果考察・使い方

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):フィールドに同じレベルのモンスターが2体以上存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
次の自分ドローフェイズの通常のドローは2枚になる。

収録:【ドーン・オブ・マジェスティ】

◎自分・相手の場を問わず同レベルを参照して特殊召喚できるレベル1・風属性・鳥獣族
◎リリースして次の自分ドローフェイズの通常ドローを2枚にする時間差ドロー効果
◎LL(リリカルルスキニア)との相性抜群!コバルト・スパローでサーチ可能!
◎イラストが滅茶苦茶可愛い!素晴らしい愛らしさ!

自分・相手の場を問わずレベルを参照して特殊召喚可能

《Emハットトリッカー》みたいに互いのフィールドを参照できます
《スロワースワロー》を特殊召喚できる状況は以下の3パターン
  1. 自分フィールドにレベルが同じモンスターが2体以上存在する
  2. 相手フィールドにレベルが同じモンスターが2体以上存在する
  3. 自分・相手の場に同じレベルのモンスターが2体以上存在する

基本的には1.の状況を参照して特殊召喚する事になると思いますが、2や3を参照して特殊召喚する事も割とあると思うので覚えておくと良さげ!

コバルトスパローでサーチ可能なss要員!

LL-コバルト・スパロー
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。●このカードは相手の効果の対象にならない。

類似カードとの最大の差は、《LL-コバルト・スパロー》でサーチが容易な事でしょうね。

【LL(リリカルルスキニア)】の動きをしているだけでサーチ⇒特殊召喚の条件が整いやすいってのは、他の類似カードにはできない芸当です。

【LL(リリカルルスキニア)】は『DP疾風のデュエリスト編』での強化も決定していますし、恐らくかなり意識されていると思います。

似た条件で特殊召喚できるモンスターをチェック

この手のモンスターは類似カードとの比較が重視されると思うので、類似カードとして以下の2枚をチョイス。それぞれ善し悪しがあるので、デッキに応じて使い分けが重要になります。

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):「ジェスター・コンフィ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):このカードの(2)の方法で特殊召喚した場合、
次の相手エンドフェイズに相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
その相手の表側表示モンスターと表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
状況に左右されない特殊召喚要員
自分フィールドに1体しか存在できないデメリット効果持ち(軽い)
レベル1・闇属性・魔法使い族とステータスが優秀

状況に左右されないという点では最強クラスのss要員です。種族・属性・レベルともに優秀ですし、①効果によって1体しか同時に存在できない点位しか欠点と言えるようなポイントもありません。

《スロワースワロー》の採用を検討できるデッキなら併用もあり得る1枚ですね。

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1100/守1100
(1):フィールドにモンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードにEmカウンターを1つ置く(最大3つまで)。
その後、その効果で自分が受けるダメージを0にする。
(3):このカードにEmカウンターが3つ置かれた時にこのカードの攻撃力・守備力は3300になる。
特殊召喚効果にターン1がない
スロワースワローとはレベルが異なるので比較に適しているかどうか微妙なライン
バーンダメージ軽減も意外なところで役立つ事がある

相手の場を参照するという点においては《Emハットトリッカー》が一番近いかもしれませんね。

ちなみに《Emハットトリッカー》の特殊召喚効果にターン1は無いので、条件を満たしてさえいれば何体でも特殊召喚可能です。ただし、レベル・種族・属性が異なるので単純比較はできません。

次のターンの通常ドローを2枚にするのも面白い

通常ドローが2枚になるって、一見めちゃくちゃお得な感じがしますが、これは実質時間差で1ドローしてるだけなのでそこまでお得でもないですね。盤面に余りそうな状況なら発動しておいて次のターンに思いを託す的な使い方になると思います。

あと、通常ドローを増やす事で《RUM-七皇の剣》や《シャイニング・ドロー》等の条件を満たし易くする的な運用法もありますが、デッキとするにはレベル等がアンマッチな感じがしますね。

イラストがとても可愛いのでスリーブが欲しいです

最後にイラストの話を少ししておきましょうか……(*’▽’)

元々鳥が好きってのもありますが、、、、いやぁ、本当にこのカードは愛らしいですね。

こんなツイートをするレベルで気に入ってしまったので、真面目にスリーブ化に期待しています。

コメント

  1. 確かにイラストかわいいですね

  2. LL?LLが何故ここに?
    出たのか?自力で新規を…?

  3. レベル1フルモンの新たな仲間
    金華猫とも相性良し

タイトルとURLをコピーしました