【歌氷麗月|効果考察】柚子シリーズサポート魔法!パラサイト・フュージョナーサーチはご愛敬!

今日は、2022年2月19日発売予定『ヒストリーアーカイブコレクション』に収録される新カード《歌氷麗月》に注目してみました。

『遊戯王アークファイブ』のヒロインである柚子シリーズ(柚子、リン、瑠璃、セレナ)の4人を強く意識した1枚で、それぞれが愛用する種族をサポートしつつ、融合に着地する仕様のカードです。

《パラサイト・フュージョナー》までサーチできる皮肉たっぷりなフレーバーも乗っかっちゃっていますが、これはこれで個人的にはアリ!

おまけでドラゴン族をバウンスする部分も含め、見所しかない1枚です。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

「歌氷麗月」効果考察

装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からレベル4以下の天使族・魔法使い族・鳥獣族・獣戦士族モンスター1体を特殊召喚し、このカードを装備する。その後、フィールドのドラゴン族モンスターを全て持ち主の手札に戻す事ができる。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚または「パラサイト・フュージョナー」1体を手札に加える。

収録:【ヒストリーアーカイブコレクション】

4つの種族デッキで幅広く使える展開札

柚子、リン、瑠璃、セレナからなる柚子シリーズを強く意識したカードだけあって、それぞれのキャラに該当する種族のサポートカードになっています。キャラクターごとにシナジーの強弱こそありますが、基本的にはうまく使えるように設計されているのかな?……といった印象です。

個人的には、①②効果の両方を自然にテーマ内で補完できる【幻奏】と【月光】への恩恵が大きいのかな?とは思っていますが、【WW】と【LL】にも融合体は一応いるので、構築の幅を広げるという意味では大きな存在になってくれるかもしれません。

あと、どっちの効果も普通に汎用効果なので、レベル4以下のモンスターを多く使用する天使族・魔法使い族・鳥獣族・獣戦士族デッキに採用し、ついでに融合ギミックも採用できると御の字なので、【ウィッチクラフト】とかは相性よさそうです。

【余談】手札からモンスターを特殊召喚しながら装備って挙動自体がかなりレアな気がする。他に似たようなカードってありましたっけ?

ドラゴン族バウンスはズァーク対策を意識!

「アニメ見てないとなんでドラゴン族をバウンスするねん!」って感じになっちゃいそうですが、アニメファンからすると、このおまけのドラゴン族バウンスはグッとくる効果ですね!

種族を参照している時点でかなり相手依存の効果ではありますが、種族変更効果等を併用すれば全体バウンスとして活用する事も可能です!※例:《DNA改造手術》等

まぁ、《DNA改造手術》を使うのは流石にロマンが過ぎる気がしますが、《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》とかならEXデッキだけで補完できるしワンチャンあるかもしれませんよ!?

 

シンクロ・効果モンスター
レベル8/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:相手フィールドのモンスターは、このカードが表側表示で存在する限りドラゴン族になる。
②:自分フィールドに「バスター・ブレイダー」モンスターが存在しない場合、1ターンに1度、自分の墓地の「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
③:相手ターンに1度、自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

遅めのエンドフェイズサーチ!でも速攻魔法なら問題ないぜ!

(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚または「パラサイト・フュージョナー」1体を手札に加える。

②によるサーチ効果は明らかに強いんですが、その強さゆえに、発動タイミングはエンドフェイズと遅めに設定されています。しかし、速攻魔法をサーチすれば、エンドフェイズ中に手札から発動する事が出来るので、一応遅さを克服できる可能性があるんですよねぇ……。

その観点で言うなら、《神の写し身との接触|エルシャドール・フュージョン》とか《超融合》とかをサーチすると良いのかなぁ……?って感じはするんですが、実際の所はちょっとまだわからないですね。

これに関して言うなら、【幻奏】に速攻魔法の「融合」魔法カードor「フュージョン」魔法カードが存在していれば良かったなぁ……って所ですね……(;^ω^)

でもまぁ、ちょっと遅くても確実に《超融合》に触れるって考えたら強いっすけどね。

「パラサイト・フュージョナー」サーチについて

効果モンスター
レベル1/闇属性/昆虫族/攻0/守0
このカードは、このカードの①の効果を適用する場合のみ融合素材にできる。
①:このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

「ちょっとばかり悪趣味が過ぎるんじゃない?」って感じもしますが、柚子シリーズを語る上で《パラサイト・フュージョナー》が欠かせない存在であるのも事実なんですよね。最高のイラストと効果から放たれる最悪最凶のオチって感じ……(笑)。

まぁ、《パラサイト・フュージョナー》自体はとっても強いカードですし、使いたい人は使えば良い……って塩梅ではあるので、別に良いのではないでしょうか?

融合・効果モンスター
レベル8/風属性/魔法使い族/攻2800/守2400
「WW-ウィンター・ベル」+「WW」モンスター
「WW-クリスタル・ベル」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、「WW-ウィンター・ベル」1体とレベル4以下の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

融合・効果モンスター
レベル1/風属性/鳥獣族/攻1000/守0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
①:元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
②:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

実際【WW】と【LL】はテーマ内に融合ギミックを持ってないですし、融合補助として便利ではありますよね。

フレーバーたっぷりの効果&イラストで最高ですね!

ちょっとした毒っ気を盛り込みつつも、柚子シリーズ全員の新規として成立しているのは流石!

イラストに関しても、アニメ「遊戯王ARC-V」第4ED「speaking」の1カットがそのままカード化されたような素敵仕様ですし、これは柚子シリーズファン垂涎の一枚なのではないでしょうか?

効果自体も汎用ですし、これは確実に3枚集めておきたいです(∩´∀`)∩

+1

コメント

  1. 最大の問題は、パラサイト・フュージョナーをサーチしても別途特殊召喚の手段がいる点ですねぇ。
    WWならウィンターベルで相手バトルフェイズにも出せますけど、LLは…ワンフォーワンや金華猫で出した方が…

    +1
タイトルとURLをコピーしました