【暗黒界の援軍・効果考察】暗黒界名称を持つ悪魔族汎用カード!サーチできる蘇生札は強いズール

「暗黒界」新規カード《暗黒界の援軍》の特集記事です。

『ストラクチャーデッキR』を控えた状態(確証はない)にも関わらず、レギュラーパックで新規カードをもらえる強者!それが「暗黒界」という集団。

これは日頃の絶えまぬ営業努力の賜物であり、流石は超老舗企業と言った所でしょうか?

しかも、自社の懐を肥やすだけでなく、悪魔族全体に還元しようとする姿勢!これはまさしくホワイト企業!本当に見習うところが多い…。

サーチできる悪魔族蘇生札《暗黒界の援軍》に注目です。

スポンサーリンク

暗黒界の援軍は「ファントム・レイジ」収録カードです

その他の収録カード効果・リストは関連記事をどうぞ。

関連記事:ファントム・レイジ収録カードリスト

暗黒界の援軍の効果について

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のレベル4以下の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、手札から悪魔族モンスター1体を選んで捨てる。

収録:【ファントム・レイジ】

レベル4以下の悪魔族とご丁寧に書かれてはいますが、墓地にグラファがいたら自己蘇生で戻ってくるし、これって要するに「暗黒界」における《死者蘇生》と言っても過言ではないかも?(相手の墓地は蘇生できないけどね)。

その後の処理で「暗黒界」モンスターの効果を誘発できるし、マジで偉いなぁ…。

暗黒界モンスターは勿論、それ以外のトリガーにも使える

《トリック・デーモン/Archfiend Heiress》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「トリック・デーモン」以外の「デーモン」カード1枚を手札に加える。

レベル4以下の悪魔族モンスターなら何でも蘇生できるし、その後の捨てる効果も悪魔族なら何でもOK!

要するに、フィールドに展開したい悪魔族モンスターを蘇生しつつ、手札の《トリック・デーモン》を捨てたり、墓地の《インフェルニティ・ネクロマンサー》を蘇生しつつ、「インフェルニティ」モンスターを捨てたりすることもできる。

これは……。使い道、無限大ってやつだ!

効果が無効になっていないのが偉い

《クリムゾン・リゾネーター/Crimson Resonator》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 800/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性SモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドのモンスターがドラゴン族・闇属性Sモンスター1体のみの場合に発動できる。手札・デッキから「クリムゾン・リゾネーター」以外の「リゾネーター」モンスターを2体まで特殊召喚する。

効果そのままでの蘇生が本当にありがたい!

「暗黒界」モンスターはフィールドでは実質バニラみたいなモンスターが多いですが、出張・汎用として採用した際には、効果がそのままであることは滅茶苦茶でかいはずです。

個人的に妄想した例だと、《レッドライジング・ドラゴン》に《エフェクト・ヴェーラー》を投げられた際のケア!

これで《クリムゾン・リゾネーター》を蘇生し、そのまま《スーパーノヴァ》まで一直線だ!

なお、《死者蘇生》でも良い模様…(呪眼リゾネーターとかならワンチャンあるかもしれない…)。

暗黒界カードなのでスノウでサーチ可能

《暗黒界の術師 スノウ/Snoww, Unlight of Dark World》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 0
このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、
自分のデッキから「暗黒界」と名のついたカード1枚を手札に加える。
相手のカードの効果によって捨てられた場合、
さらに相手の墓地に存在するモンスター1体を選択し、
自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。

暗黒界カードなので《暗黒界の術師スノウ》でサーチする事ができます。

蘇生札をサーチする(できる)。これが如何にでかい事か…。

カードイラストについて

《暗黒界の騎士ズール》が飛び出してきている丸い球体は間違いなく「結界通路」。

《暗黒界に続く結界通路》は、発動すると自分は召喚・反転召喚・特殊召喚できなくなるというとんでもないデメリットを抱えたカードですが、《暗黒界の援軍》にはそんなデメリットはありません。

まぁ、これは要するにカードパワーを整える為に付与されたデメリットテキストであり、フレーバー的に意味のあるものでは無いんでしょうけど、無理やり解釈するなら行きは良いけど帰りは手間がかかるとかでしょうか?

出るのには特別な許可が必要ないけど、帰還する為にはグラファ様の許可が必要とか?…流石に強引すぎるか…(笑)。

暗黒界ストラクRよりも先に新規をもらえるだと!?

人気テーマの証明とでも言うべきか…。

ストラクチャーデッキRが控えている(はず)にも関わらず、パック産の新規をもらえるの強い!

まぁ、今回は汎用カードに”暗黒界”の名がのったカードって印象も強いですが、動き自体はしっかりと「暗黒界」に寄与していますし、これはついでだったとしてもデカイ!

追伸:禁止カード込みデッキ対決検証などで協力してくれた我が軍(軌跡ディスコード)の暗黒界広報担当であるG君も大喜びでしたよー(また暗黒界の記事書かないとだなぁ…)。

コメント

  1. カテゴリに入る名前っていうのが本当に絶妙
    これで「悪魔の援軍」とかそういう名前だったら考察の余地なかっただろうなって

  2. クルスやルリーを捨てれば2体並ぶのか…
    各種族毎の汎用蘇生札もだいぶ揃ってきましたね

  3. 結界通路の制限はアニメで特殊召喚できないデメリットを主人公がついたやつの原作再現らしい。アニメ見たことないからほんとか知らんけど

    • 原作再現というより単純にOCG化の方が先だっただけ。後からアニメでも使用された

  4. Plunder Patrollとも相性いいな
    いつ来るか知らんけど

タイトルとURLをコピーしました