【燐廻の三弦猫|効果考察】アンデット初のレベル3シンクロチューナー爆誕!

今日の夜記事は、2022年7月16日発売『DARKWING BLAST|ダークウィング・ブラスト』にレアカードで収録された新カード《燐廻の三弦猫》の特集です。

アンデット族初のレベル3シンクロチューナーかつ、レベル3のシンクロチューナーでは初のアクセルシンクロ可能なモンスター!エクストラデッキを回復しながら自己蘇生するのもかなり偉いぜぇ!

スポンサーリンク

燐廻の三弦猫|効果考察

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1600/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地のSモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをEXデッキに戻し、このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

収録:【ダークウィング・ブラスト】

注目ポイント
●アンデット族では初となるレベル3シンクロチューナー
●レベル3シンクロチューナー初のアクセルシンクロ可能モンスター
●墓地から自己蘇生できるシンクロチューナー
●墓地のシンクロモンスターを墓地に戻せるリカバリアクション

レベル3のアクセルシンクロモンスター爆誕


▲レベル3のシンクロチューナーは《たつのこ》,《HSRコルク-10》,《武力の軍奏》,《燐廻の三弦猫》の計4体のみ。そしてアクセルシンクロ可能なモンスターは三弦猫だけなのだ

調べてみたら、アンデット族初のレベル3シンクロチューナーってだけでなく、レベル3のシンクロチューナーでは初のアクセルシンクロ可能なモンスターって事みたいですね(色々初が多い)。

ステータス自体もそこそこ高いし、普通に優れている点が多いモンスターって感じがします。

シンクロの中継に使った後にEXデッキを回復しながら自身ssが理想か?

レベル3のアクセルシンクロ可能なSチューナーってだけで唯一性は十分って感じがしますが、このカードの核は②効果による自己蘇生にあると思っています。②効果で戻したSモンスターを再シンクロしたりもできるし、純粋に2回分のシンクロ起点になれるってのがめちゃくちゃ大きいですよね。

フィールドから離れた場合に除外されてしまうデメリットこそありますが、《異次元からの埋葬》や【不知火】等の帰還ギミック(除外⇒墓地・フィールド)で戻したり、エクシーズ展開に使って除外を回避したり等、使いまわすこと自体は割と簡単にできそうなのも魅力的です。

アンデシンクロで使いたいけどレベルが絶妙

どうせなら種族を活かしてアンデシンクロで使いたいなーって思ったんですが、アンデでレベル3シンクロを立てるのって、特定のモンスターを採用しないと意外と難しいんですよね。

それこそ、レベル1のチューナーである《グローアップ・ブルーム》,《スケープ・ゴースト》や、レベル2チューナーである《ゾンビキャリア》,《シノビネクロ》等が噛まないと厳しそうですし、非チューナー側のモンスターにもある程度配慮が必要になります。

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻 500/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、
このカードのレベルを、そのモンスターとこのカードの元々のレベルの差の数値と同じにする。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分のアンデット族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

ただ、低レベルチューナー問題に関しては、少し前に実装された《イモータル・ドラゴン》を使えば何とでもなりそうなので、これも構築次第って感じですね。

効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 400/守 600
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

▲ファラオの化身がレベル2だったらなんか色々捗りそうなんだけどなぁ……

不知火ならうまく共存できるかも?

武部でアンデット族縛りを踏んだり、除外からの帰還ギミックが備わっていたり、相手ターン炎神ドーンっていう必殺技があったり等々、【不知火】とはそこはかとなく相性が良さそうな予感。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

今の所ノープランですが、とりあえず1枚採用してルートを考えてみようなぁ……。

ハリファイバーが禁止になった事で今後この手のモンスターは増えそう

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

今回の新弾(ダークウィング・ブラスト)って、何かと相手ターンにシンクロし足りするテキストを持ったカードがやたらと多かったので、ここにもハリファイバー禁止の影響がでているのかなぁ?って思いました。やはりハリファイバーって特別な存在だったんだなぁ……。

+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました