【驀進装甲(ばくしんそうこう)ライノセイバー考察】攻撃を終えると帰っていくサイ型装甲車!相手ターンは別のシンクロモンスターで迎え撃て!

今日は、汎用レベル7シンクロ《驀進装甲ライノセイバー》について見ていきます。

「ん?誰?」って人も多いと思うので解説しておくと、《驀進装甲(ばくしんそうこう)ライノセイバー》は『ジャンプフェスタ リミテッドパック 2020』に収録されたプロモカードです。

持ってない人の方が多いカードだとは思いますが、結構面白いカードなので良かったら見て行ってくださいまし!

スポンサーリンク

驀進装甲(ばくしんそうこう)ライノセイバーの使い方を考える

《驀進装甲ライノセイバー》 
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/機械族/攻2400/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を任意の枚数捨てて発動できる。このカードの攻撃力は捨てた数×700アップする。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、このカードを墓地へ送って発動できる。レベルの合計が7になるように、自分の墓地から「驀進装甲ライノセイバー」以外のモンスターを選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 

ハンド1枚が700打点に化ける訳ですが、いったいどこで700稼いでいるのだろうか?

砲塔が丁度6発分あるので、弾丸1発につきハンド1枚のコストがかかるって妄想してみたけど・・・・・・うーん、どうでもいい。

カードを捨てて打点をアップ

打点アップという目的も勿論ありますが、②効果で蘇生したいモンスターを能動的に墓地に送るという機能もあります。

あとはコストで捨てて機能するカード(魔轟神等)と組み合わせてシナジーを築く等、効果テキストを越えた活用法もデッキ次第ではあるはず?

1枚捨てて3100ならまぁ悪くないんじゃない?出来ればコスト面でもお得に立ち振る舞いたい所です。

相手ターンには別のカードを立てられるのが面白い

レベル合計7になるって事は、ライノセイバーを立てた素材をそのまま再び展開する事も出来るって事ですね。

バトルフェイズ中はライノセイバーで攻めて、その後第二メインで別のシンクロモンスターにシフトする。・・・動きだけ見ると凄く面白くないですか?

これ欲を言えば、モンスターを戦闘破壊した場合にリリースして蘇生して連撃みたいなのが出来たら最高だったけど、まぁ汎用レベル7シンクロでやるにはちょっと強いかな・・・。

勿論、合計レベル7さえ守れば色々蘇生できる訳で、①効果で蘇生したいモンスターを墓地に送っておくのもアリですね。ただ、効果が無効になる事を考えると、やっぱりシンクロ運用してナンボって感じではあります。

返しターン用に月華竜やクリアウィングにシフトするとか良さそうですね。

OCGは機械+動物系のモンスター好きだなぁ

トリケライナーとかステゴサイバーとか、忘れた頃にこういう系のモンスターが出てきますよね。

シンクロだと《灼銀の機竜/ドラッグ・オン・ヴァーミリオン》とかが同じ系譜に見えますけど、こいつらはみんな世界観なんですかね?

ゾイド惑星みたいなのがってそこで戦ってたりするんだろうか?

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. ゴブリンゾンビ あたりの効果を2回発動してみたいです
    1回目のサーチで捨てたいカード、2回目のサーチで次以降に繋がるカードを持ってくるなんてのが理想ですね

  2. アンブロエールに似てる…
    こういう鉄臭くて無骨なデザイン凄い好き
    打点上昇値もかなり良さげで、捨てたモンスターも(2)で蘇生できたりするのは面白そうですね

  3. 次期マスタールールならドラゴンメイドハスキー立てて、これおいて2・2・3場に置いてそこから入れ替えるのも良さそうかな?

  4. 専門外なりに思ったけど、インフェルニティで何枚ドローしても次のループに持ち込める打点兼中継役としてはありですかね

    あと何気にエクゾディアパーツ5種類で合計レベル7…
    ライノセイバーで蘇生して撤収命令で揃えられますね

  5. 見た目的にもある意味突進のリメイクみたいな性能ですねー!

  6. 他の札が必要になりますが、小型モンスターの大量蘇生からのジャンクデストロイヤーやアーケンファイロなんかの非チューナー数による効果持ちのシンクロモンスター出すのとか面白そうですね

タイトルとURLをコピーしました