【ファラオの審判が決まった日】友情・結束をコントロールする闇のゲーム!このロマン砲、超強い!

タイトルにある通り、《ファラオの審判》が滅茶苦茶綺麗に決まる試合を目の当たりにしてしまったので、思わず記事にしてしまいました(笑)。

墓地の《友情》or《結束》を参照し、超強力な抑制効果を発揮する超ロマン砲。実質ターンスキップにも等しい超絶効果を目撃せよ!

※:久々に見たけど、決まるとあのカードマジでヤベェですね…(;^ω^)

スポンサーリンク

ファラオの審判って超ヤバイカード

《ファラオの審判/Judgment of the Pharaoh》
通常罠
ライフポイントを半分払う。以下の条件が当てはまり、適用できる効果を選択して発動する。
●自分の墓地に「友情 YU-JYO」が存在する場合、相手プレイヤーはターン終了時までモンスターのセット・召喚・反転召喚・特殊召喚・効果モンスターの効果発動ができなくなる。
●自分の墓地に「結束 UNITY」が存在する場合、ターン終了時まで相手フィールド上の魔法・罠の効果を無効にし、さらに相手プレイヤーは魔法・罠の発動・セットができなくなる。

収録:【遊戯王第31巻 付属カード】

決まったら激烈に強い制圧能力を発揮するとんでもない一枚。ライフコスト・発動条件を超えた先にのみ許される天国(地獄)。

遊戯王プレイヤーならだれもが一度は決めてみたいカードと言っても過言ではない一枚かも?

友情・YU-JYOモード:モンスターに関するアクションを封じる抑制効果

《友情YU-JYO/Yu-Jo Friendship》
通常魔法
(1):相手プレイヤーに握手を申し込む。相手が握手に応じた場合、お互いのLPは、お互いのLPを合計した数値の半分になる。自分の手札に「結束 UNITY」がある場合、そのカードを相手に見せる事ができる。その場合、お互いは握手をして、このカードの効果を適用する。

モンスターにまつわるアクションのほとんどを封じる一撃

●自分の墓地に「友情 YU-JYO」が存在する場合、相手プレイヤーはターン終了時までモンスターのセット・召喚・反転召喚・特殊召喚・効果モンスターの効果発動ができなくなる。

召喚・反転召喚・特殊召喚・効果モンスターの効果発動だけでなく、セットまでも封じてしまう強烈なる抑制効果。実際可能なのは攻撃宣言位のものですが、後攻1ターン目で決められたモンスターも展開できていないから攻撃も出来ないという地獄!

生憎《友情YU-JYO》自体が相手または《結束UNITY》依存なカードではありますが、墓地に送っておけばモード選択はできるのでデッキからダイレクトシュートするのもアリです。

遊戯王は特殊召喚を封じられるだけでも厳しいゲームなので、ぶっちゃけやり過ぎって印象すらありますが、髪の毛一本すら残さない勢いで相手を締め上げにかかる姿勢は嫌いではありません。

こんな恐ろしい効果が《友情/YU-JYO》を参照して放たれるというのが何とも感慨深いです。※墓地にあるという事で《友情》が破棄されたという事なのかな?

結束・UNITYモード:魔法・罠に関するアクションを封じる抑制効果

《結束UNITY/Unity》
速攻魔法
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの守備力はターン終了時まで、自分フィールドの全ての表側表示モンスターの元々の守備力を合計した数値になる。

魔法・罠にまつわるアクションのほとんどを封じる一撃

●自分の墓地に「結束 UNITY」が存在する場合、ターン終了時まで相手フィールド上の魔法・罠の効果を無効にし、さらに相手プレイヤーは魔法・罠の発動・セットができなくなる。
魔法・罠の使用及び発動・セットを封じる《大寒波》が禁止カードである事を考えると、更にフィールドの魔法・罠の効果まで無効にする《結束UNITY》は相当強力です。
まぁ、これもハッキリ言ってオーバーキル気味な気もしますが、やるんならこれ位やった方がいっそのこと清々しいですよね。
フィールド上の魔法・罠の効果を無効にするテキストのおかげで、相手の魔法・罠発動にチェーンして発動して1枚消費させる的な動きも出来てお得!
まぁ、コチラも後攻1ターン目に決められたら発狂するデッキは多いとは思いますが、クリティカル力は相手のデッキ依存なので、どちらがよりクリティカルヒットするかを見極たい所です。
《結束》は《友情》と違って単独でもそこそこ使い勝手のあるカードってのも良いですね。

今ならトラップトリック等で安定感もそこそこある

《アスワンの亡霊/Aswan Apparition》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 500/守 500
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、自分の墓地の罠カード1枚をデッキの一番上に戻す事ができる。

昔は《アスワンの亡霊》で毎ターン《ファラオの審判》を回収して使いまわすってコンボが主流でしたが、今なら《トラップトリック》等、引っ張り出したり再利用する手段も豊富になってます。

《トラップトリック/Trap Trick》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

実際、下準備(友情or結束の用意)+《トラップトリック》で《ファラオの審判》は成立する訳で、決して不可能な要求数ではないのが分かります。

ファラオの審判が実際に決まった日

ここからは管理人が実際に遭遇した《ファラオの審判》エピソードをご紹介。

…って言っても、昨日の夜の話なんですけど、我がディスコードサーバーで1日に何回も《ファラオの審判》を決めた人がいたんですよ…(白目)。

まだテスト中という事でレシピの公開は避けられてしまいましたが、あんなにうまく決める所見ちゃったら…流石に記事にしない訳にはいかないでしょ!…っていう。※記事にする了承は得てます。

レシピはないので採用していたギミックをいくつかご紹介。

デッキから《友情》or《結束》を墓地に落とすルート

  • トーチ展開
    《ダーク・オカルティズム》3枚+《トーチ・ゴーレム》1枚の4枚態勢で臨むトーチ展開。そこから繰り出されるのは《ライトロード・ドミニオン キュリオス》。このカードが出れば《友情》or《結束》の好きな方を墓地に落とせるので後は《ファラオの審判》or《トラップトリック》を引けばOK!召喚権放棄の関係で《悪魔嬢リリス》はちょっと採用し辛いみたいです。
  • 七精の解門展開
    こちらも簡単に《ライトロード・ドミニオンキュリオス》に繋がる強カード。近年のキュリオス展開と言えばこのカードって感じ。

《ライトロード・ドミニオン キュリオス/Curious, the Lightsworn Dominion》
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

とにかく《ライトロード・ドミニオンキュリオス》を立てる為のギミックが沢山用意されていて、展開力重視のデッキでした。

あ、でも、驚く事にこのデッキの《ファラオの審判》は若干オマケらしく、本題は《影星軌道兵器ハイドランダー》を活用する為のデッキとの事でした(*´ω`*)

《影星軌道兵器ハイドランダー/Orbital Hydralander》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《ファラオの審判》でカバーできない部分(撃ち漏らし)を《ハイドランダー》で処理するという地獄絵図。強力な制圧効果+フリーチェーン除去って殺意が高すぎますね(笑)。

後は「閃刀姫」出張とか入ってて、構成パーツはとにかく強力なものが多かったです。まぁ、【ハイドランダーデッキ】ってそういう傾向のデッキですし、納得ですよね。

なお、対戦相手は同じ方で、昨日一日で7回も《ファラオの審判》を決められたって言ってました。※流石にちょっと萎えてましたが、メンタル剛男なので大丈夫っぽかったです。

《増殖するG》を全力でつっぱしてたから一瞬デッキデスなのかと思ったら、返しのターンに何もさせなければ問題ないよね戦法だったとは…(笑)。

周囲が「あっ」と驚くようなカードって良いよね…

このデッキの使い手さんは、毎回周囲を「あっ」と言わせるデッキを組む人なんですが、流石に【ドロバ攪乱作戦】を決めた翌週に《ファラオの審判》を決めてくるとは思いもよりませんでした。

カジュアルデッキ・環境デッキは勿論、更には《ドロール&ロックバード》《虚無魔人》《ファラオの審判》が飛び交う環境。遊戯王の軌跡ディスコードは今日も平和です(白目)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. ファラオは花札衛に入れるのオヌヌメ
    札再生でワンチャンあるし超勝負で回収もできる

  2. ファラオの審判は知らなかったけど、こういう昔のカードが活躍するのは面白いですね。

    • ですよねー
      対戦してて面白いです(*´ω`)

タイトルとURLをコピーしました