【救いの架け橋|効果考察】おろかな副葬がテラ・フォーミングになるってマジ!?

今日の夜記事は、2月19日発売『ヒストリーアーカイブコレクション』に収録される新カード《救いの架け橋》に注目してみました。

十代&ヨハンvsマルタン戦をモチーフとしたGXファン垂涎の1枚であり、【宝玉獣】待望の強化!

―――なんですが、このカード、『実は汎用性も物凄い!』って事で既に話題になっています。

墓地効果で任意のフィールド魔法カードをサーチできるって事は、要するに《おろかな副葬》が《テラ・フォーミング》になるって事ですよね?しかも手札増えてるし……!?

デッキに「宝玉獣」を採用するって前提はありますが、これは確かに可能性を感じる1枚ですね!

スポンサーリンク

「救いの架け橋」効果考察

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか適用できない。
(1):フィールドのレベル10以上のモンスターの種族が2種類以上の場合に発動できる。
このカード以外のお互いの手札・フィールド・墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻す。
その後、お互いにデッキから5枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「宝玉獣」モンスター1体とフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

収録:【ヒストリーアーカイブコレクション】

《ファイバーポッド》相当のリセット効果!

効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 500/守 500
リバース:お互いの手札・フィールド上・墓地のカードを
全て持ち主のデッキに加えてシャッフルする。
その後、お互いにデッキからカードを5枚ドローする。

《救いの架け橋》の①効果から感じる謎の既視感の正体はコレ!

この《ファイバーポッド》ってカードは堂々たる禁止カードなんですが、改めて見ても頭おかしい事書いてますよね(笑)。

こんな頭のおかしいカードと同じことを書いてるって事は、《救いの架け橋》の①効果も相当な破壊力を持っているんでしょうけど、発動条件を考慮するなら……まぁ妥当な所ですかね?

先攻1ターン目で条件整えた上でセットしていたら流石に強そうですけど、自分の場・手札・墓地もリセットされるので、墓地の《救いの架け橋》1枚+で強くてニューゲーム出来るって感じですかね?

相手の展開の良い所にぶち当てたら面白い事になりそうなので、全力で狙いに行くデッキを組むのも面白そうです。※条件を整える補助になりそうなカードは後記。

《おろかな副葬》が実質《テラ・フォーミング》になる?

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

多くの人が注目しているのは恐らくコチラ!

《おろかな副葬》で《救いの架け橋》を墓地に送るだけで、「宝玉獣」モンスターと任意のフィールド魔法カードを手札に加える事が出来るってんだから驚きです!

《テラ・フォーミング》,《メタバース》まで含めたら、最大9枚サーチカード体制になれるって事ですもんね……(*´ω`)スゲェェ

《宝玉獣サファイア・ペガサス》を絡めた超強力ムーブについて

「でも、宝玉獣モンスター採用しないといけないんでしょ?」

……って声も当然あると思うんですが、これはこれで実は強いんですよね……。

【宝玉獣】には、《宝玉獣サファイア・ペガサス》と《究極宝玉獣レインボー・ドラゴン》って2枚の超有能モンスターが存在しているんですが、これら2枚を使った展開がこれまた強い!

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1800/守1200
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
1.《おろかな副葬》で《救いの架け橋》を墓地へ送る
2.《救いの架け橋》の効果で《宝玉獣サファイア・ペガサス》と任意のフィールド魔法をサーチ
3.《宝玉獣サファイア・ペガサス》を召喚し、《サファイア・ペガサス》の①効果で《究極宝玉獣レインボー・ドラゴン》を魔法&罠ゾーンに表側で置く
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
(3):永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、
デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。
4.《究極宝玉獣レインボー・ドラゴン》の③効果を発動し、デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果無効で特殊召喚し、「究極宝玉神」モンスターをサーチ※今回は《サファイア・ペガサス》を特殊召喚
こうする事で、任意のフィールド魔法をサーチしつつランク4エクシーズが成立するって寸法!
構築的に色々ガチャガチャするのは確かなんですが、《おろかな副葬》1枚でここまで伸びるのは驚異的ではないでしょうか?
なお、展開したランク4エクシーズの活用法として、《ゼアル・フィールド》を使ったコンボが注目されていたので、そちらも併せて紹介しておきます。
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。
デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。
パッと見何をするカードか分からないかもしれませんが、このカードの②効果を使うと色んなCX・CNo.のサポートが出来るので、エクシーズ・ナンバーズ好きとしては堪らない逸品です。
具体的な悪用法は下記の関連記事でまとめているので、そちらをご覧ください!
【ホープドラグナージャッジデビル制圧コンボ】相手だけスキドレは流石にエグイ!
今月(2021年6月26日)発売予定の『ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース』で可能になる最新コンボ「ホープドラグナージャッジデビル」について解説! 《ゼアル・フィールド》と《No.99希望皇ホープドラグナー》の2枚だけ...

注意点:ただしどちらの効果もデュエル1

《救いの架け橋》は、①②効果いずれもデュエル中に1度しか適用できないというテキストを持っているので、普通のカードよりは格段に腐り易いはず。2枚目以降はコスト運用するなり、使い道が無くて遊びっぱなしにならない工夫を用意しておきたいですね。

救いの架け橋と相性の良いカード

天獄の王

効果モンスター
星10/闇属性/岩石族/攻3000/守3000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札のこのカードを相手ターン終了時まで公開する。この効果で公開し続けている間、フィールドにセットされたカードは効果では破壊されない。
(2):セットされた魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。手札で公開されている状態でこの効果を発動した場合、さらにデッキから魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される。
《救いの架け橋》の①効果で参照するレベル10以上のモンスターとして注目。②効果で《救いの架け橋》を引っ張り出してくることも出来るので、様々な面で相性が良い。

黄金卿エルドリッチ

効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻2500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、
攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。
展開し易いレベル10モンスターと言えばコレ!素引きした《救いの架け橋》を墓地に送る手段としても重宝する為、①②どちらの効果とも相性が良い。あとシンプルに強い!

壊星壊獣ジズキエル

効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻3300/守2600
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):カード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
《救いの架け橋》の①効果の発動条件は、自分・相手の場を問わない為、相手の場に送り付けた《壊星壊獣ジズキエル》を参照する事も可能です。場に展開し易いレベル10モンスターの中でもかなり使いやすい方だと思います。

おろかな副葬

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。
《救いの架け橋》を墓地に送る事で《救いの架け橋》の墓地効果(②効果)に繋げる事が出来る1枚。召喚権も使わないしシンプルに手札が1枚増えるのが凄い。

フィールド魔法が生命線であるデッキに革命を起こす?

バウンス効果も超ド派手で面白いですが、やっぱり注目は《おろかな副葬》が疑似フィールド魔法サーチになる事なんじゃないでしょうか?

「宝玉獣」モンスターを無理なく採用できる……という前提は勿論ありますが、《テラ・フォーミング》,《メタバース》を含め、最大9枚サーチ体制に出来るのは熱いですね!

本文中で紹介した《宝玉獣サファイア・ペガサス》からの展開も強そうですし、テーマ強化以外の側面でも注目の1枚だと思います。

――――《究極宝玉獣レインボー・ドラゴン》再録されるだろうか……(;^ω^)???

+1

コメント

  1. 匿名 より:

    自分の好きなテーマが、急に出張に回されるのは嫌な気分しかしない…。
    そもそも宝玉獣テーマでは使えないカードですし(1の効果)。

    +3
    • 匿名 より:

      すごいわかります

      でも、あっしはなんとなくなんですが
      ホウカテゴリのユベルがきそうなきがするんですよねえ

      +1
    • 匿名 より:

      FORCE OF THE BREAKERの時から宝玉獣を使ってる身としてはホント出張もペンデュラム召喚ベースで使ってるのもエクシーズで電光千鳥が出てくるのも許せないし、こうやって出張出張言ってる人は許せないし、出張前提みたいな感じで新規カードを刷ったコナミも許せない

      +4
      • 匿名 より:

        ちょい質問。お宅的には宝玉獣デッキにネオスを出張させてレインボーネオス出すのはアリ?ナシ?

        +5
  2. 匿名 より:

    1の効果を使わない前提での出張はどうかなと思う
    サーチを積む前によく言われるのはまずサーチ先を三積みにしとけ
    それに一回限りの効果だから、採用しても1枚止りの場合が多いし
    サーチ効果に至っては、デッキ内にフィールド魔法と宝玉獣モンスター
    が同時に存在する時でしかサーチできない
    その上落とす手段まで考えると
    よほどの事でもない限り、気軽くに採用できるもんじゃないかな
    とは言え、宝玉獣モンスターに新規でも来たら、評価はもっと変わるのだろうか

    +3
  3. 匿名 より:

    出たでた
    エクシーズとかリンク絡める邪道展開

    0
    • 匿名 より:

      エクシーズやリンクを絡めずに宝玉獣でどう戦うんだろうか? まさか究極宝玉神や宝玉の氾濫を勝ち筋としているわけでもないでしょうに

      +9
    • 匿名 より:

      宝玉の王道ではどう足掻こうが勝てないし

      +1
  4. 匿名 より:

    良いコンボてすな。

    +6
  5. 匿名 より:

    相手が強金使ったあとこのカードを発動すれば最強じゃね?

    +1
  6. 匿名 より:

    架け橋を直接セットできるから複数積みしなくていい上に星10でもある天獄の王とかいうズッ友

    +7
  7. 匿名 より:

    出張が嫌という人の気持ちはわかる。その半面、言うほど汎用カードかと言うと、②の都合上、出張含めた混ぜ物を前提にした効果なので嫌われるほどの出張性に疑問符が残ります。記事のような②の使い方のためだけに宝玉獣に枠を割くのかと言う話です。
    みんな大好き「大会」を前提に毛嫌いしているのだろうなとは思いますがどうかしらん。たしかに、あのD-HEROしかり、ブラマジ/レッドアイズの融合体のような前例もある。
    言いにくいのですが、宝玉獣も昔のカテゴリでしかありません。好きな人は今も遊んだりコレクションしているでしょうが、最近始めた人からしたら沢山ある昔のカテゴリの1つでしかないため、見向きもされない可能性の方が高いです。そのため、少しでも余力のある最近始めた人に昔のカテゴリを知らせて再発掘をさせたりするこういうカードを私は支持をします。
    なんだかんだ言って、皆さん買うのでしょう?

    +10
  8. 匿名 より:

    そもそも出張嫌いなのに昔から出張記事ずっと書いてるこのブログに見に来て
    それで聞かれてもないのに出張の是非を説き始めるのおかしい…おかしくない?
    遊戯王の遊び方は人それぞれ自由なんだから刷る方も記事書く方も自由に決まってるよなあ

    +17
  9. 匿名 より:

    出張が嫌いなのもわかるけど……
    これは管理人に言うクレームじゃなくない?
    テーマ内で使いにくいカード作るコナミが悪いんであって、生まれてきたカードをなんとか活用しようと考えるプレイヤーが悪いわけじゃないでしょ

    +5
  10. 匿名 より:

    最初にコメントした者ですが、出張自体を完全否定ではなく、テーマ毎の相性の善し悪しによっては、コンボのために出張するというのは有りだと思うし、羽箒のような汎用カードを入れるのも構わないとは思います。
    ただ、昔からあるテーマで、新規カードによって、ドラグーンやD・HERO・勇者の出張のように大抵のデッキで使用できてしまう出張はおかしいと考えています。それによって、新規ではなく、昔のカードが規制されることもあり、昔からのファンとしては、被害が甚大どころではないからです。
    今回のカードの場合、2の効果のみだと、どんなデッキにも入る可能性があるため、危惧しております。
    (1の効果が宝玉テーマで使えないのも残念ですが)
    なお、私の今のデッキは究極宝玉神や宝玉の氾濫を勝ち筋として組んでいます(勝率は二の次ですが)。
    ただ、個人的に宝玉テーマならリンクの宝玉獣とか出てきても受け入れられますが、あくまで汎用ではなく、宝玉獣のためのカードであってほしいと思っています(特殊召喚時にデッキから宝玉獣を永続魔法にするとか)。
    お騒がせしてしまったようで、ご迷惑をおかけいいたしました。長文にて失礼いたしました。

    +1
  11. 匿名 より:

    俺はこんな殿様商売するKONAMIには直接お金は落としたくないのでね
    買うにしてもカードショップ一択ですわ

    0
    • 匿名 より:

      訂正
      俺はこんな殿様商売するKONAMIには直接お金は落としたくないのでね
      買うにしてもカードショップでのシングル一択ですわ

      0
  12. 匿名 より:

    【列車】で採用できる機械族以外のレベル10モンスターって、エグゾディオスくらいでしょうか?
    (カードプールが9期から更新されてないオジサン)
    列車であれば、フィールド魔法にアクセスできてる=手札コストにできるので、一見相性良さそうに思えますが…現状フィールド魔法以外で手札コストを支払う場面が無いので、必要なデッキスロットの多さも含めて難しいのかな…?
    展開に絡める手札コストが《機甲部隊の再編成》くらいしか浮かばない。

    +1
  13. 匿名 より:

    このカードみたいに出張でも使えるけど、テーマ本体であればより上手く回る系のカードは良いですね。

    +5
タイトルとURLをコピーしました