【エクソシスターズ・マニフィカ|効果考察】エリスとステラの合体が来るという事は?

今日の夜記事は、2022年1月15日発売予定『ディメンション・フォース』に収録される新カード《エクソシスターズ・マニフィカ》に注目してみました。

《エクソシスター・ミカエリス》と《エクソシスター・カスピテル》の合体バージョン!

エクソシスターの構造・展開をしっかりと意識して生まれた新エース!②連撃・対象を取らない除外・素材をEXデッキに戻して展開する変則エクシーズ効果!

並んだだけ融合・並んだだけリンクの次は、並んだだけエクシーズだぜ(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

エクソシスター・マニフィカ|効果考察

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/戦士族/攻2800/守2800
ランク4「エクソシスター」Xモンスター×2
このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):お互いのターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで除外する。
(3):相手が効果を発動した時に発動できる。このカードがX素材としている自分のXモンスター1体をEXデッキに戻す。その後、そのモンスターを自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚できる。

収録:【ディメンション・フォース】

盤面を整理しながら展開できるエクソシスターのスーパーエース!

未来皇を彷彿とさせる素材指定で展開できるスーパーエースモンスターの到来に大歓喜!

まぁ何だかんだで、今後も《FNo.0 未来龍皇ホープ》さんにはお世話になるとは思いますが、エクソシスターお馴染みのシチュエーション(同ランク2体並び)からの選択肢が増えたのは良き!

役割も未来龍皇さんと被ってないし、これは手厚い配慮を感じますねぇ(∩´∀`)∩

基本的には狙える時に狙うカードになるんでしょうけど、効果を使った「エクソシスター」エクシーズモンスターがそのまま棒立ち……って状況が減るのはありがたいです。

一応補足として書いておきますが、このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみ特殊召喚できる。とあるので、《エクソシスター・アーメント》や《エクソシスターズ・マニフィカ》の効果で《エクソシスターズ・マニフィカ》をX召喚する事は出来ないようになっています。ご注意を!

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
墓地から特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在しない場合、相手ターンにしか発動できない。
(1):800LPを払い、自分フィールドの「エクソシスター」モンスター1体を対象として発動できる。同名カードが自分フィールドに存在しない「エクソシスター」Xモンスター1体を、対象の自分のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
アーメントは1体の上に重ねてX召喚するので対応外。ただ、マニフィカを別の「エクソシスター」エクシーズにすることはできますね。

2800打点の2回攻撃で既に強い


▲管理人はこのパンチ力でトラブル・サニーを思い出しました

プレイヤーへのダイレクトアタックもOKな二連撃!素打点も2800と高く、②効果で除去が可能な事を考えると、かなり相手のライフを削りやすいモンスターと言えそうです。

動きはかなり違いますが、何処となく《Evil★Twin’s トラブル・サニー》を思い出す破壊力ですね。

お互いのターンに1度使える対象をとらない除外効果


▲ミカエリスの除去の正統強化バージョン

お互いのターンに1度使える対象を取らないフリチェの除外効果!

相手フィールドのカードでさえあれば、カードの種類も問わないのでマジで最強!

往復で使うと③効果でEXデッキに戻す用の素材がなくなってしまいますが、このカードが2回仕事している時点でかなり有利な状況になっているでしょうし、特に問題はなさそうですね。

パラダイム方式っぽい変則エクシーズ召喚効果

③効果を見て一番最初に脳裏をよぎったのがコチラ!

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
フィールドに「Sin パラダイム・ドラゴン」が存在しない場合に、
EXデッキから「Sin」モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):フィールドに「Sin World」が存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):1ターンに1度、デッキから「Sin」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
除外されている自分のレベル8のSモンスター1体をEXデッキに戻す。
その後、そのモンスターをEXデッキから特殊召喚できる。
このターン、自分は「Sin」モンスターでしか攻撃できない。

一度EXデッキに戻すことによって蘇生制限とかそういうのを合法的にクリアする変則展開方法!

―――――――これは、《Sinパラダイム・ドラゴン》で見たやつだ!!!!!!

相手が発動した効果に直接チェーンする効果なので若干受け身な部分はありますが、対象をとる除去に直接チェーンしてエスケープからのエクシーズ召喚が出来るのはテクくてオシャレですよね!

展開したいモンスターを素材として保持しておく必要があるので、①効果で素材を吐く際は、その後の展開を想定して何を素材として残すのか……も重要になりそうです。

とりあえず各種「エクソシスター」エクシーズの効果をまとめておいたので、良かったらどうぞ!

《エクソシスター・ミカエリス》
●相手フィールド・墓地のカードを1枚を対象にとって除外
●エクソシスター魔法・罠カードサーチ(素材が必要)
《エクソシスター・カスピテル》
●お互いの墓地からの特殊召喚を封じる
●エクソシスターモンスターのサーチ(素材が必要)
《エクソシスター・ジブリーヌ》
●相手フィールドのモンスター1体を対象にとって効果を無効化
●自分フィールドの全エクシーズモンスターの攻撃力を800UP
《エクソシスター・アソフィール》
●お互いの墓地効果の発動を封じる
●相手フィールドのモンスター1体を対象にとってバウンス

ゼアル・フィールドを使った話題のコンボをご紹介!

興味深いコンボを小耳に挟んだのでちょっぴりご紹介!

皆さんは、《ゼアル・フィールド》というフィールド魔法をご存じでしょうか?

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。
デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。

もうこの時点でピンと来ている人もいるかもしれませんが、実は《エクソシスター・マニフィカ》の③効果って、素材からEXデッキに戻す動きさえ守っていれば、特に指定が無いんですよね。

なので、《ゼアル・フィールド》の②効果で《エクソシスター・マニフィカ》の素材を仕込む事で、任意のエクシーズモンスターを展開する事が出来ちゃうんですね(笑)。

まぁ、だいぶ遠回りしてる気もしますけど、ちょっと面白いですよね(∩´∀`)∩

ミカエリスとカスピテルの合体版が来るという事は?

ミカエリスとカスピテルの合体バージョンが来るという事は、もう一つのバディであるジブリーヌ&アソフィールの合体バージョンも来るのが自然ではないのか?

まぁでも、このパターンはちょっとずつ小出しでくるやつだと思うので、気長に待ちましょうかねw

うーん、個人的には敵側の方が先に来るかなぁーって思ってたので、ちょっと意外な新規でした!

+1

コメント

  1. 個人的にOCGタイムズで明かされた新規の中で最もテンション上がった1枚です

    PS:ゼアルフィールドが永続魔法となってますが正しくはフィールド魔法ですね

    +2
    • 永続魔法になってました
      失礼しました<(_ _)>

      0
タイトルとURLをコピーしました