【死祖の隷竜ウォロー|効果考察】まさかの全体強化!墓地対策としてもかなり強力

今日の昼記事は、2022年7月16日発売『DARKWING BLAST|ダークウィング・ブラスト』にノーマルで収録された新カード《死祖の隷竜ウォロー》の特集です。

汎用ランク6エクシーズに期待の新人登場!

相手の墓地依存とは言え、自分のモンスター全体を大幅に強化したり、相手の墓地のカードに干渉したり等、かなりの優良株な1体。現環境的にもマッチしてそうだし、これは良いカードかも?

スポンサーリンク

死祖の隷竜ウォロー|効果考察

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻2400/守1300
レベル6モンスター×2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、相手の墓地のカードの数×100アップする。
(2):相手の墓地のカード1枚を対象とし、このカードのX素材を以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●1つ:そのカードをデッキに戻す。
●2つ:そのカードがモンスターの場合、自分フィールドに表側表示または裏側守備表示で特殊召喚する。それ以外の場合、自分フィールドにセットする。

収録:【ダークウィング・ブラスト】

注目ポイント
●①による打点アップは自分フィールド全体に及ぶ
●②効果は状況に応じて1つモードと2つモードを使い分ける事が可能
●②効果はモンスター以外にも触ることができる
●②効果はバトルフェイズ中に発動することも可能。戦闘突破したモンスターをそのまま戦力にすることもできる。

強化は全体?自分フィールド全てのモンスターの攻撃力をUP

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/昆虫族/攻1800/守1800
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は300アップする。

▲これにはギガントブリリアントもびっくりだぜ

まず最初に驚いたのが、この①効果って自分フィールドのモンスター全体なんですよね。

管理人の単なる勘違いかもしれませんが、この手の効果って基本的に自分だけを強化するものが多い印象なので、これはシンプルに驚きました!

まぁ、上昇値自体は相手依存の部分が大きいですが、最近は【イシズ関連】のカードで大量に墓地肥やししてくるデッキも多いですし、相手次第では全然馬鹿にできない上昇値になりそうですね。

小回りも利く墓地干渉効果・相手墓地から蘇生やセットもできちゃう!


▲基本的には往復で使えるDDクロウとして使うことが多そうかな?

個人的な印象で申し訳ないですが、ウォローの最大の魅力は、小回りが利く事だと思っています。

②効果を1つ素材取り除きで発動した場合、2体素材で展開したウォローでも往復2回の墓地干渉ができるほか、触れるカードの種類は特に問われていないという素晴らしさ!

墓地効果で何かと動くことが多い昨今において、これ程頼りになる効果は中々ありません。

目ぼしいモンスターが相手の墓地に存在するのであれば、そのまま拝借しても良いですし、状況に応じて細かく調整しながら仕事をこなせるのは本当に有能と言わざるを得ません。

倒したモンスターをバトルフェイズ中に蘇生するなんて芸当も可能


▲バロネスを打点突破しつつバトルフェイズ中に蘇生とかできたら脳汁だぜ

②効果は相手ターンにも発動できる効果なので、自分バトルフェイズ中に発動することも勿論可能。

バトルフェイズに戦闘破壊したモンスターを対象として発動し、そのまま攻撃表示で特殊召喚して攻撃しちゃう!なんて芸当も可能なのです。当然①効果によるバフも乗るので、そのまま攻撃力が高まった状態で攻撃に参加させることができるのだ!

基本的には相手ターンの墓地妨害役として運用することになると思いますが、状況次第で攻め役としても大きく貢献できるのはとても良いですね。

汎用ランク6エクシーズとして十分に期待できる逸材


▲ランク6って純粋に汎用と呼べるモンスターがかなり少ないランク帯なので、新人は大歓迎

打点アップ効果だけでも普通に馬鹿にできない強さなのに、更に使いやすい墓地対効果まであるという事で、これはかなり期待できる逸材だと思います。先攻でテキトーに立てておいても仕事するレベルだと思うので、ランク6エクシーズが気軽に狙えるデッキに採用してみてはどうでしょうか?

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻 ?/守 ?
レベル6モンスター×2
「巡死神リーパー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
お互いの墓地の闇属性モンスターの数×200アップする。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

あと、直接関係はないですが、どことなく《巡死神リーパー》に似てるなぁーって思いました。

管理人は【ヴァンパイア】で使ってみる予定です

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

【ヴァンパイア】なら《ヴァンパイア・デューク》や《ヴァンパイア・スカージレット》で展開し易いし、相手のモンスターを墓地から蘇生できるのもテーマの動きとマッチしているので近々採用する予定です。種族もアンデット族なので親和性がありますしね( `ー´)ノ

+4

コメント

タイトルとURLをコピーしました